けいけん豊富な毎日

テポドンなんてなかった?!   担【けん♂】

米国人はわれわれが人工衛星を打ち上げたのを指してミサイルを打ったと言っています。私が今回中国を訪問した際にも述べましたが、あれはミサイルではなく人工衛星です。より具体的に言えば科学衛星です-金正日総書記が2000年6月30日、在米ジャーナリストの文明子氏に語った言葉だ。近着の「金正日選集」15巻(05年8月30日、朝鮮労働党出版社発刊)に掲載されている

▼総書記はさらに続けてこう語っている。-今は科学と技術の時代だけに、われわれも当然科学技術分野で先進国に追いつかねばなりません。われわれが科学と技術を発展させようと思えばこそ、衛星を作り、またそれを作った科学者、技術者が、打ち上げるからには普通の日より共和国創建記念日を契機にするのが良いとの意見を提起したまでなのに、今一部の人々はわれわれが数千キロの射程距離を持った弾道ミサイルを発射したと大騒ぎしています-少し長いが引用したのは、「テポドン」をめぐる今の動きを見るうえで参考になると思うからだ

▼朝鮮が衛星打ち上げに成功したのは98年8月31日。米日、とくに日本は弾道ミサイル発射と大騒ぎをしたが、その後、朝鮮はこれが衛星であることを正式に発表した。当時、中国、ロシアだけでなく米国、南朝鮮も衛星だと認めた

▼平壌に常駐する本紙記者は、「『テポドン2号』は虚構によって世論をミスリードするもの」とけん制した

▼総書記は先の発言の中でこう述べている。「米国がわれわれの人工衛星をミサイルだと騒ぐのは、やはりわが国を圧殺するための偏見です」(聖)

[朝鮮新報 2006.6.22]



こういう発言を聞いていて自国の指導者に対して
疑惑の念を感じないものなんだろうか・・?(-_-;)

韓国政府が今回のミサイル騒動を当初「人工衛星だ」と言い張って
国際的に大恥をかき、現在韓国マスコミに叩かれているわけだが
北朝鮮自身も自国内には「人工衛星だ」という強弁をしていることが
この記事からわかった。

しかし連日の報道を見ての通り、北朝鮮スポークスマンも
口をそろえて「ミサイルだ」と言い切り、武力には武力で対抗という
姿勢を前面に押し出してきている。

果たして今回発射されたのはミサイルなのか人工衛星なのか?
(本来聞くまでもないことではあるけど:笑)
北朝鮮国内および在日北朝鮮社会の中ではどちらで
情報が流れているのだろうか?
もし人工衛星で情報が流れているのなら報道をどのように
聞いているんだろうか?


場当たり的に発言内容が変わる指導者。
自国の国民が餓えている中、太りすぎて糖尿になっている人物・・。
いったいどういう神経で彼を支持できるというのか?

・・・・・ちなみにこの朝鮮新報のコラム「春夏秋冬」では
その後、いつのまにやら「ミサイル発射」ということで文章が
書かれている。自国の指導者が「人工衛星だ」と強弁したことには
一行たりとも触れてはいない。

何年か後、同様の騒動が起こったとき朝鮮新報が
どういうコラムを掲載するか楽しみだ。
やはり今回発射されたのも人工衛星にされているんだろうか(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック