けいけん豊富な毎日

天皇賞春(馬体について3)  担【けん♂】

天皇賞春出走予定馬の馬体について、第3弾です。

【アイポッパー】
(07年阪神大賞典)
アイポッパー07阪神大賞典

(07年天皇賞春)
アイポッパー07天皇賞春

(天皇賞春)
アイポッパー天皇賞春

それなりにまとまって柔らか味のある馬体だと思います。
年齢により大きな低下は感じませんが、昨年に比べると
筋肉のハリなどはイマイチ・・。力強さの面ではやはり
足りない印象、特に腕回りの筋肉にパワー不足を感じます。

【ホクトスルタン】
(神戸新聞杯)
ホクトスルタン神戸

(菊花賞)
ホクトスルタン菊花賞

(天皇賞春)
ホクトスルタン天皇賞春

菊花賞は消耗により、明らかに筋肉が落ちた状態での出走。
最後に失速したのも頷ける結果でした。
今回は休養を挟んで、落ちていた肉はきっちり戻っている様子。
少しメリハリの面で疑問もありますが、状態は良さそうです。
下半身に丸みのある筋肉が戻ってきているので直線でのキレは
かなりマシになるかも・・・。最後に踏ん張りがきくなら
侮れない1頭になりそうです。

【トウカイトリック】
(アルゼンチン共和国杯)
トウカイトリックアルゼンチン

(阪神大賞典)
トウカイトリック阪神大賞典

(天皇賞春)
トウカイトリック天皇賞春

上半身にグッと実が入り力強さを増しています。
全体的に肉がついた感じなのは気になるところですが
少し腹回りがゆったりして、上がっていた腰が落ちてきており
体型的には昨年の天皇賞春(3着)の頃に戻ってきているので
良化傾向としてとらえてみたいと思います。
肉がついたのが緩めた結果だとするとまったく逆の内容になってしまうわけで
判断が難しいですね(^^;

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック