けいけん豊富な毎日

14.6kmを駆け抜けて・・・  担【けん♂】

レースの分析を始める前に・・・

昼に仕事から帰ってきて一眠りしていると、相方のけい♀がやってきて一言。
アストンマーチャンが亡くなったって

え?まさか・・

心不全だって

・・・・

ショックで声も出ず、これまでのアストンマーチャンのレースが頭の中で
グルグルと渦巻いていました(涙)

アストンマーチャンの名前がこのブログに初めて登場したのはこの記事→ココ
新馬戦で2着になりましたが、好タイムだったので次走に期待!という内容でした。
その後の小倉2歳Sでは相当強いのでは・・と考察しながら▲印・・・
しかし彼女はあっさりと期待以上の走りで駆け抜けてくれました。

ファンタジーS、阪神JF・・・いつも私の予想ははるかに上回る素晴らしい
走りを見せてくれたアストンマーチャン・・。
桜花賞では敗れてしまったものの、秋のスプリンターズSでGⅠ制覇
これからの短距離界を背負って立つ馬として改めてその能力を示してくれました。

このところの2走は不調でしたが、何と言ってもあのアドマイヤコジーン産駒
必ず復活してまた頂点で輝く姿を見せてくれると信じていたわけですが・・

それが・・・まさかの訃報(涙)

11戦5勝(重賞4勝、※GⅠ1勝)・・・
ターフを駆け抜けていったアストンマーチャン
安らかに眠ってください。ご冥福をお祈り致します。

サンアディユ、アドマイヤキッス・・・そしてアストンマーチャン
今年はなにかしら競馬界に暗雲が立ち込めている感じ。
もちろん気のせいであってくれれば、それにこしたことはないわけで・・。
名牝と呼ばれる馬たちがその血をつなげることなく去って行ってしまうのは
本当に寂しい限りです。

※今週は名牝ブロードアピールの仔、カイゼリンがオークスへの切符を賭けて
 フローラSに出走予定。是非頑張ってもらいたいですね。

アストンマーチャン

【アストンマーチャン:スプリンターズS】

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

アストンマーチャンの突然の訃報には驚きましたね。
あの気品溢れる容姿とは裏腹の気難しい気性が何とも言えない魅力でした。
昨年唯一GⅠを勝たせてくれた馬ですしまた元気に走るところを見たかったのですが残念です。
無事に繁殖へ上がれるというのがどんなに幸運な事か
最近つくづく感じさせられますね。

temporalis | URL | 2008年04月24日(Thu)22:13 [EDIT]


これもまた謎のまま…

血統的には父からも母の父からも早熟性はあったものの、父系は復活のある系統ですから次なる買い時がいつなのかを探ろうとしていたのですが、こんなことになって残念です。
亡くなった馬に対して批判めいたことを書くのは本意ではありませんが、豊で抑える競馬をマスターさせて結果が出ないと中舘で解き放つという騎手起用は好きではありません。あのスプリンターズSで優勝したことが却ってアダになった印象を受けます。今となってはどうしようもないですが、豊の空いているところ、空いているところを狙ってGⅢ路線をウロウロしていた方が幸せだったかもしれません。とにかく今は安らかに…というだけですね。

藤沢雄二 | URL | 2008年04月24日(Thu)22:34 [EDIT]


>temporalisさん
本当にまさか!という悲しいニュースでした。
春を休んでまた秋に・・と期待していただけに
心にポッカリと穴があいた気分です(涙)

アストンマーチャンの仔が見たかったなぁ・・・
想像するだけで胸が苦しくなります(T_T)

けん♂ | URL | 2008年04月24日(Thu)22:43 [EDIT]


>藤沢雄二さん
本当に残念なニュースです。

アドマイヤコジーンと言えば復活の代名詞みたいな馬。
アストンマーチャンにも劇的な復活があるのでは・・と
大いに期待していましたが・・まさかその前に、だなんて(涙)

安らかに眠ってもらいたいものです。

けん♂ | URL | 2008年04月24日(Thu)22:46 [EDIT]


スプリント路線に何か集中的にあるのは偶然だとは思うのですが、アストンマーチャン、サンアディユ、そしてラインクラフトもいましたね。

競馬というものがそもそも馬にとって幸せではないかもしれない、という事は常に心の中にはあります。
競馬を楽しむということに関して、人間の勝手なのかなあ、と思うことも当然あります。
今回のような死が競馬というものによって引き起こされたのか否かは分かりませんが、レース(そしてそれに付随するもの)によって馬の命に対して危険が起こるようなことは無いようにする、というのが人間のせめてもの責任なんでしょうか。
誰かのせいにしたりすることもしたくないし、できやしない、とても悲しい現実ですね。

めずろ | URL | 2008年04月25日(Fri)03:26 [EDIT]


夜分すみません

アストンマーチャンは好きな馬だったので、ニュースを見たときは絶句しました…
さすがに1月半で3頭ものオープン馬が同じ心臓麻痺で亡くなったとあれば、何らかの因果関係を感じてしまいますね…今日のブログ「すべてのサラブレッドに捧げる」というタイトルで、仮説を立てて検証しましたので、よろしければご一読ください。

彼女達を忘れずに、僕達の胸に“記憶”として留めてあげるのが僕らにできる供養なんだと思います。

まさ | URL | 2008年04月25日(Fri)03:52 [EDIT]


>めずろさん
本当にそうですね。
せめて走ることが嫌にならないように、
ストレスにならないようにローテーションなども
考えて馬を送り出してもらいたいものです。

競馬は人と馬とが織り成すロマン。
人の欲が先走ったりしないようにしてもらいたいですね・・

けん♂ | URL | 2008年04月25日(Fri)14:12 [EDIT]


>まささん
参考になる記事をどうもありがとうございます。
無事で競走馬として走り終えて、
いい仔を産んで・・・血を伝えていく。
競馬ファンはその仔を見て「あぁあの馬の仔か」と
彼女らのことを思い出し、またその仔を応援していく・・。
ここでこうして命が絶たれてしまうことにより
仔を見る事は叶わなくなってしまいましたが
折に触れ彼女らの勇姿を思い出して
語り継いでいけたら、と思います。
安らかに眠ってもらいたいものですね・・。

けん♂ | URL | 2008年04月25日(Fri)14:25 [EDIT]


 

トラックバック