けいけん豊富な毎日

スプリングS(各馬分析2)  担【けん♂】

スプリングS(中山1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

アルカザン】(栗東) ダンスインザダーク×(Cormorant)
きさらぎ賞ではコーナーでほぼ同じ位置から追い出したレインボーペガサスに
0.2秒差、約1馬身突き放されて6着。
かなり長い脚を求められるレース内容だったので脚を伸ばしたことは
評価できますが、内容的には少し足りない面を見せてしまった印象です。
血統的にも脚質的にも中山が合うタイプではないので上昇を見込むのは
厳しそうですね。秋以降の成長に期待したい1頭になりそうです。

スマイルジャック】(美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
タニノギムレット産駒は末脚を活かすタイプが多く、腰が甘いのか中山を苦手に
している馬が多いわけですが(ココ参照)この馬は好位から脚を使える分
中山適性は高めだと考えられます。これまで複勝圏を外したことがない安定感
能力は今回のメンバーの中でも上位クラス。騎手の力量にも左右されそうですが
それなりに期待はできそうです。

フローテーション】(栗東) スペシャルウィーク×(リアルシャダイ)
2連勝を飾った萩Sの内容はかなり優秀だっただけにその後に期待されましたが
ラジオN杯ではスローペースを後ろから行って脚色が前と変わらず大敗。
休み明けのすみれSも好位から脚が鈍ってしまいました。
能力はここ2戦の内容以上のものがありそうなので騎手次第で見直し
あっても良さそうです。ただし、末脚は鈍さがあるので大きな期待は
しにくいかもしれませんね。

ベンチャーナイン】(美浦) エイシンサンディ×(コマンダーインチーフ)
弥生賞に引き続いて登録してきましたが・・・出てくるのでしょうか?(>_<)
騎手も後方から末脚を活かすしかない、と明言しているので
もし出てきても同じことの繰り返しになりそう・・・。
明らかに中山には不向きな脚質と言えそうです。
よほど展開が向かないと厳しいかもしれませんね。

サダムイダテン】(栗東) フォーティナイナー×(サクラユタカオー)
前走では圧倒的一番人気に支持されながらも後方から伸び切れずまさかの5着。
最後はシングンリターンズに突き放される感じがあり、使える脚は
かなり短いのかも
しれません。中山には初出走となりますが
これまでどおりの後方からの競馬ではおそらく届かずに終わりそう・・。
権利を取るような騎乗をしてくるかどうか、それに応える能力があるかどうか、
試金石になりそうですね。

アイティトップ】(美浦) マヤノトップガン×(コマンダーインチーフ)
中山で2勝、3着1回と適性が高そうに見えますが・・・内容はどれも
後半に前が崩れたもので、後方からの脚質で通用しているのは
展開がハマった感が非常に強いですね。丹内騎手が戻って、
これまでと同じ騎乗をするなら今回は相手関係上厳しいかもしれません。
能力はそれなりにありそうなので頑張ってもらいたいものです。

アサクサダンディ】(美浦) フジキセキ×(エリシオ)
若竹賞の内容はそれなりに高く、平均ペースで末脚を伸ばす展開ならば
位置取りからも上位に食い込む力は十分にありそうです。
前走の500万下の時計も前週に行われた共同通信杯とほぼ並ぶもので
力関係的には上位クラス。ただ末脚に鈍さがあるので突き抜けるまでは微妙かも。

シンワラヴ】(美浦) マイネルラヴ×(リンドシェーバー)
新馬戦は芝で勝利をあげていますが、内容は非常に低調
スローペースを好位で押し切っただけなので評価はできません。
ダート転向後の2戦は完敗に近い内容でしたが、前走の沈丁花賞は
同日に行われた古馬500万下と同タイムとそれなりの内容。
血統的に見ても距離延長がいい方向に出ることは考えにくく
いきなり芝の重賞でどうこう出来るとは思えません。

※重複登録もあり、繰り上がりが出てきそうですので
 追加の馬は決まり次第、考察をする予定です。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック