けいけん豊富な毎日

07年騎手データ(藤岡祐編)  担【けん♂】

金杯直前ですが、藤岡祐騎手の07年の騎手データを見てみたいと思います。
今日は京都金杯でエイシンドーバーに騎乗予定
果たしてどんな傾向がある騎手なのでしょうか。

総合データ&条件別データ
藤岡1

これは・・・凄いですね。
重賞での成績は相当高いレベル。人気馬に乗ったときの信頼度も
人気薄に乗ったときの豪腕度もかなり優秀。
そのうえ人気馬に乗ったときの1着率も異様に高いですね。
単勝で狙える騎手だと言えそうです。

競馬場別データ
藤岡2

基本的に人気の馬に乗ることが少ない騎手ですが、人気のある馬に騎乗した場合は
高い安定感と勝率
を誇っています。
中京は騎乗回数が少ないので微妙ですが優秀な成績。
関西ではそれなりに力を発揮する騎手と見て良さそうです。
関東での騎乗は人気馬のみ信用できます。穴を開けてくるタイプではないですね。
逆に北海道では人気薄で突っ込んでくることが多いようです。

芝、ダート別、距離別データ
藤岡3

どちらかと言えばダート寄りの騎手。
ダートではマイル周辺からそれ以下の距離での実績が高いですね。
特にマイル周辺では人気薄でも侮れない実績となっています。

芝の好成績はマイル周辺に極端に集中しています。
この条件では1着率も非常に高く、一流騎手並みの実績と言って良さそうです。
2000m前後あたりまではそれなりに頑張っていますが、長距離や短距離など
極端なレースは苦手
としているようです。

まとめ
・重賞でこその騎手。信頼度も高く、穴馬を連れてくる能力も高い。
・関西圏では信用度が高い。
・関東では人気馬に乗ったとき以外は消して良さそう。
・北海道では人気薄に注意。
・得意条件は芝、ダートともにマイル周辺。それ以外の距離はかなり落ちる。



京都金杯(京都1600m)は得意条件に当てはまっています。
エイシンドーバーは果たして・・・?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック