けいけん豊富な毎日

07年騎手データ(四位編)  担【けん♂】

金杯の予想の途中ですが、07年騎手データの続きとして四位騎手のデータを
調べてみました。今週は京都金杯での騎乗がある四位騎手・・・
果たしてどんな傾向があるのでしょうか。

・支持率→3番人気以内に支持されている率。(実力馬に乗っている率)
・達成率→3番人気以内の馬を3着以内に持ってくる率。(信頼度)
・穴馬率→4番人気以下の馬を3着以内に持ってくる率。(豪腕度)
・1着率→3番人気以内の馬に騎乗したときに1着が占める割合。(確実性)


総合データ&条件別データ
四位1

なんと平場よりも重賞の方が信頼度が高いという珍しいタイプ(^^;
と言っても信頼度自体は高いものではなく、平場での成績が悪い
言うべきかもしれません(爆)
ポイントとなるのは1着率の高さですね。
人気馬を複勝圏に持ってくるときには勝ち切っている・・・そんな感じでしょうか。

【競馬場別データ】
四位2

うーん、京都専用騎手?(笑)
異常なまでに京都に好成績が集中していることがわかります。
京都で人気馬に乗ったときは信頼度が高いだけでなく、1着率の高さも抜群
単勝狙いも十分に出来そうです。
阪神、中京でもそれなりに頑張っていますが、実績的にはかなり落ちますね。
中山で人気馬に乗ったときにはなんとか粘りこむ騎乗が出来ていますが
勝ち切れる内容ではないですね。人気薄なら無視していい感じです。

苦手にしているのは・・・北海道。あとはコーナーが広い東京、新潟がダメです。
コーナーで大きく外を回す傾向がある騎手なのでロスが響いてしまう・・
ということなのでしょうか。この成績を知っていればJCでもっと
自信をもってウオッカを切れたかもしれませんね(笑)

芝、ダート別、距離別データ
四位3

芝とダートで言えば芝寄りの騎手ですね。
ダートは短距離人気馬に乗ったときという条件が重なったときのみ
買える騎手(^^;非常に狙いどころがはっきりしています。

芝でも好走条件はかなり狭いですね(^^;
マイル周辺では一流騎手。1着率も非常に高く、軸にしても良い実績です。
しかし、短距離になるとガクッと成績低下
2000m周辺でもそれなりの実績で1着率も高いですが
注目できるほどの信頼度ではありません。
長距離では信頼度がかなり下がります

まとめ
・重賞の方が平場よりマシという珍しいタイプ。
・京都専用騎手。人気馬に乗ったときは非常に信頼度が高い。
・北海道では3流並みかも。
・コーナーが広い競馬場は苦手。東京ではまったく信用できない。
・基本的に人気薄の馬を持ってくる騎手ではない。


京都金杯ではクランエンブレムに騎乗予定。
3番人気以内に支持されることはほぼ考えられない馬ですが
京都』『マイル』は四位騎手の狭い好走ポイントにバッチリ合っていますので
注意が必要かもしれませんね(^^;ただ穴馬だけにどうか・・・。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

再確認…

毎回お疲れ様です。
ところで話の腰をボキッと折るようで恐縮ですが、この一連の騎手データは2007年単年のものでしたかね?いや、北海道では3流というのはそれはないだろうと思うのですが、もし去年一年なら伊藤雄二調教師の勇退による騎乗馬の質の低下に因果関係があればそれも頷ける話ですし、典ちゃんの京都の長丁場実績でも、去年はダメだったかもしれませんが、過去の菊花賞や天皇賞での実績を考えるとたまたまなんじゃないかと思うワケで、納得出来る点とちょっと待ったー!!と思う点とあってそれはそれで意義はありますけど。
P.S.例の占い、ボクは子守熊でした(笑)

藤沢雄二 | URL | 2008年01月04日(Fri)11:15 [EDIT]


>藤沢雄二さん
いいところを突っ込んで頂きました(^^)
そのとおり、昨年1年間のデータです。
なので・・ずっとつながる確定的な傾向ではありません。
無論、単年でもそのまま通じてしまうものもあると
思いますが昨年のみの傾向というものも
あると考えています。

※たとえば06年のデータでは四位騎手は
2、3着が多くて1着が非常に少ない騎手でした。
昨年はこれが逆転現象を起こしています。

07年のデータを頭に置きつつ、08年は
月ごとに傾向や実績の移り変わりを追っていく予定です(^^)
そのうちデータが蓄積されていけば
もっと信頼度の高いデータになっていくのではと
思っておりますので、どうぞ長い目でお願いします(笑

昨年の結果の因果関係について何か思い当たる節があれば
是非チェックをよろしくです(*^_^*)

PS.子守熊!傾向は当たってました?(^^;

けん♂ | URL | 2008年01月04日(Fri)16:50 [EDIT]


 

トラックバック