けいけん豊富な毎日

07年騎手データ(横山典編)  担【けん♂】

さて次に取り上げる騎手は「シルバーコレクター横山典騎手です。
今年はリーディング7位。05年から2位5位7位と徐々に
成績が低下しているのが気がかりなところ。

今年の内容はどのようなものだったのでしょうか・・・。

総合データ&条件別データ
横山典1

どうも影が薄いと思ったら・・・(失礼^^;)
重賞での活躍がまったくといっていいほど出来ていません
人気馬に乗る機会が3割しかなくて、そのうち3割しか結果が残せず、
勝ったのは1割程度・・うーん、これは厳しい結果です(>_<)

競馬場別データ
横山典2

関東の騎手でありながら、好成績を残しているのは北海道と中京競馬場(爆)。
この3つの競馬場での実績は相当信頼度が高い数字です。
騎乗回数の多い中山ではそれなりの結果ですが・・・
東京の成績が足を引っ張っていることがわかります。
どうやら・・横山典騎手も小回りに特化している印象ですね。
関西ではほとんど騎乗がありませんが、仮に阪神や京都の外回りでの
騎乗があったとしても・・・信用することは難しい感じです。

芝、ダート別、距離別データ
横山典3

芝とダートではあまり差はありませんが、微妙にダートの方が
成績がいいですね。ちょっと意外な感じ?!
特にダートの短距離での信頼度は抜群です。
1着率がそれほど高くないのが玉に瑕ですが(横山典騎手らしい?^^;)
連軸としては非常に安定感があると思われます。
不思議な事にマイル周辺になると急激に信頼度が低下
この辺りにも注意が必要です。

芝の短距離は・・・妙な成績。
人気馬に乗ったときの信頼度は非常に低いですが、反面人気薄の馬に
騎乗した場合は3着以内
に突っ込んできやすいというデータ。
肩の力が抜けた方がいいのかも?

芝で最も期待できるのは2000m前後のレース
技術のある騎手なので長距離が良さそうな印象もあるかもしれませんが
2400m以上のレースではまったく信用出来ません。
こうして見ると得意条件が非常に限られた騎手である、と言えそうです。

まとめ
・北海道(特に函館)、中京では一流騎手。
・東京では信用できない。関西遠征も危険。
・重賞では期待しにくい。
・得意条件は狭い範囲に偏っていて、ダートは短距離、芝は2000m前後。
・芝の短距離では逆に人気薄のときほど狙い目かも。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック