けいけん豊富な毎日

阪神JF(展開分析)  担【けん♂】

阪神JF(阪神1600m)について見ていきたいと思います。

阪神外回り1600mの構造について見てみます。
スタートは向こう正面の途中から。
2ハロン目に高低差1mほどの上り坂がありますが、およそ500mほどは直線なので
すんなりと加速しやすく、内と外の有利不利もあまりない感じ。
新装後、まだ慣れない頃には「やっぱり内が有利だ」などという騎手の声も
聞こえてきましたが構造的には問題ない範囲だと考えられます。
3ハロン目の途中からカーブに入りますが、割合ゆったりした感じなので
大きな減速はなく、およそ12秒台前半で緩まないまま進む事になります。

残り3ハロンに入るところ(カーブの途中)で下り坂に突入。
コーナーはかなり広めでほとんど減速なしで直線に入れるため、
先行馬の脚が鈍らなければかなり縦長の隊列が維持されることになります。
およそ400mかけて高低差2mほどの坂を下り終わると今度は上り坂。
100mで高低差2mを上りきる急坂となりますので余力のない先行馬は
ここで脚が止まってしまいます。

スピードの持続力、スタミナなど基本能力を問われるコース
ここで強い勝ち方が出来れば今後が楽しみになりますね(^^)g

4コーナーでの位置取りと着順の関係
阪神1600m位置取り


直線の上り坂以外は構造的に似ている京都1600m(外回り)と比較してみました。
勝ち馬に関しては先行から中段くらいまでは割合均等に出現しています。
ただあまり後方からの差しは厳しいかもしれませんね。
目立つのは2着に先行馬が残りやすくなっていることでしょうか。
京都よりも微妙に先行有利の傾向が助長されている感じです。
走破タイムが速い方から20レースを抽出したデータですが、
20レース中、16レースで1~3番手につけた馬が複勝圏に入っていることからも
前が総崩れになることは少なく、粘る前の馬に突っ込んでくる差し馬、という
組み合わせが有力になりそうです。

今回ペースを握ると考えられるエイムアットビップの前半800mの
通過タイムを見てみると

京都1400m外 45.6
京都1400m内 45.9
新潟1400m内 45.7 ※稍重、3番手追走

いずれも45秒台相当なハイペース
距離延長と前走で引っ掛かった反省、そして阪神の構造から考えて
多少はペースを落とすにしろ今回も46秒台くらいにはなりそうですね。

ちなみに昨年ルミナスハーバーが引っ張った阪神JFの前半800mは46.3
新装後に阪神1600mで行われたレースの中では2番目に速い
前半のラップ計となっています(最速は46.2)。

エイムアットビップが後半まである程度スタミナを残して引っ張るのであれば
レースレベルは昨年の阪神JF並みになるかもしれません。
ここで強い勝ち方が出来れば相当期待出来そうですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

参考程度にどうぞ。

・1勝馬はキャリア1戦か重賞2着馬
・キャリア2戦馬は連勝馬
・キャリア3戦馬は2/3連対
・キャリア4戦馬以上2勝以上

これに該当しなかった馬は牝馬限定になってから
ウオッカ(06)・マイネピクシー(92)は1枠
ヤマカツリリー(02)は安藤勝己騎手
ワイドまでひろげて、
ダンツシリウス(97)・エイシンバーリン(94)
カシワズビーナス(92、外人騎手騎乗)

で、6頭すべての馬に牡馬と走った経験があるのです。

ちなみに2枠はラインクラフト・スイープトウショウ
が2年連続でダメだった死に枠です(10年は出てない
あと、ラインクラフト・スイープトウショウはここにも該当しますが、牝馬限定戦経験しかない1番人気は危険ですね。後はマイル以上経験が無い馬や関東馬の1番人気も危険ですね。

参考程度にどうぞ・・・。

カフェー | URL | 2007年11月28日(Wed)21:38 [EDIT]


>カフェーさん
貴重なデータ、ありがとうございます(^^)

参考にさせて頂きます。
個人的に重要だなぁと考えているのは
牡馬と戦ったことがある経験でしょうか。
早い時期から牡馬相手に好走できていれば
それなりに評価をしています(^^)

枠順に関しては改装していますので
傾向が変わってくるかもしれませんね。
これから注意してみていきたいものです。
どうもありがとうございました(^^)g

けん♂ | URL | 2007年11月29日(Thu)03:06 [EDIT]


 

トラックバック