けいけん豊富な毎日

阪神JF(各馬分析2)  担【けん♂】

昨年はウオッカ、アストンマーチャンとその後も活躍した馬が揃いましたが、
一昨年はテイエムプリキュア、シークレットコード、その前は
ショウナンパントル、アンブロワーズと微妙な馬が上位に入った阪神JF。
ちなみに一昨年、その前を合わせた4頭でその後にあげた勝利はなんと1勝だけ
ここで勝つことがその後を考えるといいのか悪いのか微妙ですね(笑)

今年のキーワードは完成度なのか、能力なのか・・・。
各馬分析第2弾です。

ヤマカツオーキッド】(栗東) ダンスインザダーク×(ジェイドロバリー)
超絶的なスローペースを逃げ切ってコスモス賞まで連勝。
しかしちょっとだけペースが速まった札幌2歳Sではまったくついていけず
大失速・・・。距離短縮で少しはマシになるかどうか?
母系の血が強く出ている感じなのでマイル周辺のほうが合いそうではありますが
2ヶ月の休養でどこまで成長があるかがポイント。

シャランジュ】(美浦) テンビー×(コマンダーインチーフ)
新潟2歳Sでは最後方から33.0と素晴らしいキレ味を発揮して2着。
しかし、デイリー杯2歳Sではスローで周りと同じくらいの末脚になってしまい
伸び切れず・・。かなりムラがある馬という感じですね。
基本的にはペースが速いとついていけず、ゆったりだと伸び切れず・・という
非常に微妙な狭間にいる印象なので期待はしにくいかと。

カレイジャスミン】(美浦) タヤスツヨシ×(エリシオ)
赤松賞(東京1600m)1着 1.36.5 上がり34.4 稍重
12.7-11.7-12.8-12.4-12.3-11.5-11.0-12.1

これまで前半が割合速いペースで行って前で粘ってきた馬ですが
前走ではゆったり行って4番手から粘り切りました。
ペースが速いと一杯一杯になってしまう感じがあり、今回の想定ペースには
合わない可能性が高そう・・。スタミナのいる競馬をしてきたことが
活かせれば・・・。

トラストパープル】(美浦) マイネルラヴ×(レオダーバン)
くるみ賞(東京1400m)1着 1.22.9 上がり34.0
12.6-11.5-11.9-12.6-11.4-11.4-11.5 稍重

好位から抜け出す競馬で2連勝。
前走の勝ち時計は翌週に行われた京王杯2歳S(稍重)と0.2秒差と
それなりに評価出来る感じに見えますが道中のペースは緩みがちでちょっと微妙です。
馬体も徐々に減っているので消耗にも注意
キレ味自体はそれほどでもないのでペースについていけなければ苦しいかも。

ラルケット】(美浦) ファルブラヴ×(サンデーサイレンス)
サフラン賞(東京1400m)1着 1.22.1 上がり34.0
12.4-11.1-11.4-12.5-11.8-11.4-11.5

前週に行われたレースとの比較
古馬500万下 1.21.4 タイム差0.7

2連勝を飾ったサフラン賞の勝ち時計は2歳戦としては歴代7位タイの好タイム
ファルブラヴ産駒らしくかなりスピードに特化した馬という印象です。
速めのペースへの対応力もありそうですね。
サフラン賞は前崩れということもあって、差し有利な展開。
前で粘る馬をとらえられるかが課題になりそうです。
鞍上はフランスの名手パスキエ騎手になる見込み。
日本での騎乗経験は少なく(0-0-2-6)いう成績ですが
もちろん能力の高い騎手なのでその面では怖い1頭になるかも・・・。

レジネッタ】(栗東) フレンチデピュティ×(サンデーサイレンス)
2歳500万下(京都1600m)1着 1.35.4 上がり33.7
12.6-12.6-11.9-12.2-12.1-11.6-11.2-11.2

ここ2戦で▲20kgと大きく馬体を減らしているのが気になるところ。
一応2連勝なので絞れたとも考えられますが・・・。
前走は前半が超スローペース。前の馬もまったく脚が鈍らない上がりの競馬になり
キレ味で勝るこの馬が3番手から突き抜けました。
新馬戦なので参考にしにくいですが、前半を速いペースで行ったときには
末脚が完全に止まり、1200mでももたなかった
点が不安材料。
今回の適性という面では割り引く必要がありそうです。

※抽選予定の馬は出走馬が決まり次第考察します。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック