けいけん豊富な毎日

JC(展開分析)  担【けん♂】

さて、ちょっと話を戻してJC(東京2400m)について見ていきたいと思います。

展開を握る逃げ馬として考えられるのは
・ヴィクトリー(ルメール騎手)
・コスモバルク(松岡騎手)
・フサイチパンドラ(藤田騎手)


辺りでしょうか。
勉強熱心なルメール騎手はヴィクトリーが皐月賞で逃げ勝ったことも
知っているでしょうし、キッチリと先行させる競馬をしてきそうです。
力のある騎手ですから抑えきれずに暴走させるようなことはないと思われますね。

松岡騎手は今年サンツェッペリンで逃げの競馬に開眼(笑)
逃げた場合にはどうやってペースを作るべきかをよくわかっているのでは
ないでしょうか。

フサイチパンドラは前に行く馬がいれば無理に前に行くことは考えにくいですね。
気性的にも落ち着いて引っ掛かるようなことも今はもなさそうです。

この3頭のどの馬が行くにしてもそれほど速いペースにはならないと
考えられます。おそらく前半をある程度スローで行って後半にペースを上げる
後傾ラップ残り800~1000mくらいからが本当の勝負
単純な瞬発力だけでなく、ある程度持続できる長い脚が求められるレースに
なるのではないかと考えられます。

天皇賞秋のときにも考察しましたが、直線が長い東京競馬場だとはいえ
先行しつつ末脚を伸ばせる馬を後方からかわすのは至難の業です。

東京競馬場では上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.6馬身差縮まる計算。
つまり先行馬より1秒速い末脚を使っても4コーナーで約6馬身差以内に
つけていないと前の馬をかわせない
ということになります。

この物理的な条件を上手く活かしているのがメイショウサムソン
コーナーで先頭に立って、東京ではおよそ34.5程度の末脚を使うわけですが
計算上33.5の脚を使う馬でもメイショウサムソンより6馬身以上
後ろからでは届きません。
その意味ではディープインパクトでもメイショウサムソン本来の競馬を
されてしまうとかわせない可能性があるわけで・・・
(ディープインパクトのJCでの上がり3ハロンは33.5)
世間的な印象よりもはるかに強い馬だと考えられます(^^;

これまでの東京(良馬場)での実績を元に推定上がり3ハロン
試算してみました。
※当日の馬場状態の偏差を組み入れたものですが、展開などにも
 もちろん影響を受けるのであくまでおおよその数字となります。

東京競馬場:推定上がり3ハロン
JC推定上がり3ハロン


先行していく馬は35秒台中盤から後半と末脚はかなり鈍り気味。
この程度の脚では前で粘り切るのは不可能でしょう。
コーナーで並びかけていくと考えられるメイショウサムソンをかわせるとしたら・・・
やはりウオッカということになりますね(^^)
それでも先ほど触れたとおり、6馬身差圏内というのが条件。
後方から脚を活かすような競馬をした場合はおそらく届きません。
四位騎手がどういう騎乗を見せるかがかなり大きなポイントになりそうです。
06年のダービーでのドリームパスポートのように大外をぶん回すような
騎乗
をするならば・・・不発の可能性も十分にあります。
古馬上位クラス相手に余裕の競馬は厳しい、ということですね(^^;
積極的に好位につけて末脚を伸ばす競馬をしてもらいたいものです。

同様にアドマイヤムーンも後方から届くかと言えば・・・
どうやらまったく届きません(涙)
宝塚記念では先行馬がハイペースと重馬場につぶされて下がって行ってしまったために
岩田騎手の意思とは別にコーナーで前に押し出される格好になりましたが、
今回の場合ははっきりと意思を持ってかなり前に詰めておかないと
おそらくはまったくの不発
・・・。
宝塚記念でもある程度並んだ位置からのスタートで半馬身しか
差がつけられなかったわけで、キレ味で大幅にメイショウサムソンを
上回っているわけではありません

果たしてどういう騎乗をしてくるか注目ですね(^^)

気になるのはインティライミです。
古馬になってからは爪の具合が悪く、末脚にキレがまったくありませんでしたが
ここ2戦はまったくの別馬。2戦続けて33.3、33.4と素晴らしい
末脚を見せています。
データ上ではまったく相手にならない数字になっていますが
今なら東京でもある程度の脚が使えるのかも・・・。

距離が伸びて期待されるポップロックも過去のデータ上では
前に届く感じはなさそうですが、前走ではメイショウサムソンを微妙に
上回る末脚を見せているだけに、この数字は超えてくるかもしれませんね(^^;

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

メイショウサムソンは昨年秋の不調時の印象でかなり過小評価になっていますよね。
ダービーを勝ち切った馬がここまで持ち直してきている事は大きく評価していいと思います。
ジャパンカップではあまり後ろからいって届いた例は見た事がないので脚質的にも相当有利、
ディラントーマスがいないここは不動の本命でしょう。
強い競馬を見せて欲しいですね。
JCDの方もメンバー揃って楽しみですねえ。
私は例によって鎖国政策(笑)ですがあのラヴァマンを破ったスチューデントカウンシルの走りには大きく期待しています。
こういう馬が本来の走りをして更にそれを日本馬が負かすというのが醍醐味ですからね。
古馬の有力どころは地方専用の感もありますので勝つのはフリオーソ、ドラゴンファイヤーあたりではないかと思っています。
やっぱロングプライドの同期に頑張ってもらいたいですから(笑)

temporalis | URL | 2007年11月23日(Fri)06:45 [EDIT]


確かに展開は微妙…

ルメールは前に行きたいようですが、オーナーサイドからは待機策の支持が出ているようです。でもルメールのことだから何食わぬ顔で逃げそうな…。

藤沢雄二 | URL | 2007年11月23日(Fri)07:51 [EDIT]


>temporalisさん
今回は期待している馬がほぼ完全に被っていますね(^^)g
是非おっしゃるとおりの展開になって
JCはメイショウサムソン、JCDはフリオーソ、
ドラゴンファイヤーに頑張ってもらいたいものです♪

来年はロングプライド!心から期待しています(^^)g

けん♂ | URL | 2007年11月23日(Fri)09:07 [EDIT]


>藤沢雄二さん
あらら、ヴィクトリーも待機策ですか・・・
コスモバルクにも待機策が出ているみたいですよ(^^;
ってことは・・・フサイチパンドラの出番???

なんにしろスローで出方を探るような競馬に
なりそうですね。
最近はGⅠで暴走する馬を見ることが減ったような
気がするのは気のせいですかね(笑)

けん♂ | URL | 2007年11月23日(Fri)09:09 [EDIT]


おはようございます♪ よしお です。
岩田くんも天皇賞ではムーン自身の走りだけを気にして乗っていたでしょうが、
さすがに今回はサムソンをマークして乗るのではないでしょうか。
ただそれでもスローペースとなったらサムソンが有利なのは変わらないでしょうから
ここはヴィクトリーの暴走に期待・・・
 すなっ!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

よしお | URL | 2007年11月23日(Fri)09:17 [EDIT]


ポップロック

天皇賞・秋のペリエ騎手のレース後のコメントは、
「スタートで外から被されて後ろからの競馬になった。それでも直線は良く伸びた。次はもっといい走りを見せられると思う。」
というものでした。JCでは有馬のときのような好位につけるという前提で考えれば勝ち負けの馬ではないでしょうか?インティライミ同様に前走で33.6という末脚を披露してますし。

psychobear | URL | 2007年11月23日(Fri)14:19 [EDIT]


>よしおさん
サムソンは周りの馬の脚が鈍りやすいハイペースが
大得意のうまです(^^)
ヴィクトリーが暴走したらシメシメと思うかも
しれませんよ(笑)

逆にスローで行くと周りも速いですから
ムーンもくっついて行って・・・
やっぱり岩田騎手次第ですね♪

けん♂ | URL | 2007年11月23日(Fri)17:43 [EDIT]


まったくの個人的趣味馬券はドリームパスポートの複勝です。
期待だけですw

こんにゃく。 | URL | 2007年11月23日(Fri)17:49 [EDIT]


>psychobearさん
ポップロックにとっては道中のペースがゆったりと
落ち着く方がいいですよね(^^)
その意味で距離延長はプラスですし、上手く
前につけれたら充分好走余地のある馬だと思います。
安定感のある馬ですし、ペリエ騎手とのコンビは
怖いです(^^)
ためて伸びるのは前走でよくわかりましたが
前から伸びれるか・・というのが鍵になりそうですね。
頑張ってもらいたいものです。

けん♂ | URL | 2007年11月23日(Fri)17:58 [EDIT]


>こんにゃく。さん
ドリームパスポートには是非復活してもらいたい
ですよね~!
調子さえまともならここでも十分勝ち負けでしょう。
この馬もいつも予想よりも頑張ってくる馬なので
今回もいい意味で予想を裏切ってもらいたいものです♪

けん♂ | URL | 2007年11月23日(Fri)18:01 [EDIT]


 

トラックバック