けいけん豊富な毎日

JCD(各馬分析1)  担【けん♂】

次にJCD(東京ダート2100m)について見ていきたいと思います。
こちらも外国から3頭の馬が参戦。
かなりの混戦模様になっていると考えられます。

登録馬の中ではロングプライドが連闘は避ける見込み。
ピンクカメオもおそらく回避でしょう。
エリモハリアーはJCとの重複登録。出るとしたらJCではないかと考えられます。
シャドウゲイトは香港に選出されたのでそちらに向かう見込み。
シーキングザダイヤは浦和記念に出走予定なのでさすがに回避かと。

ひとまずこの5頭を除いた場合に出走可能な13頭について見ていきます。

ブルーコンコルド】牡7(栗東) フサイチコンコルド×(ブライアンズタイム)
言わずと知れた実績馬ですが、ここ2年の戦績を整理してみると・・・
中央(0-1-0-3
地方(6-2-1-1

~1600m(5-2-0-2
1600m~(1-1-1-2

1600m以下で着外の2走は中央の戦績。明らかに地方のマイル王であることが
見えてきます。フェブラリーSでは2着と頑張りましたが不良馬場の上がり勝負に
なったことも大きかったのではないでしょうか。傾向から言えば東京2100mへの
適性は低いと考えて良さそうです。

ヴァーミリアン】牡5(栗東) エルコンドルパサー×(サンデーサイレンス)
ドバイから帰国して7ヶ月ぶりの出走となったJBCクラシックで圧勝。
昨年のJCDは前走で▲21kgと馬体を落とした後の復帰戦だったこともあり
前で粘り切れず4着とスタミナ切れをしましたが今年は順調な状態で出走できそうです。
ダートの1800m以上のレースでは10戦6勝。非常に安定した成績です。
中央での勝利がないことが気になりますが、苦手にしている感じはないので
今回がチャンスと言えそうです。好位もしくは中段から末脚を伸ばすスタイル。
計測されているダートの10戦中、5戦で最速の末脚、2戦で3番目の末脚と
切れ味にも期待出来そう。あとは東京適性・・・長く脚を使えるかが課題

メイショウトウコン】牡5(栗東) マヤノトップガン×(ジェイドロバリー)
本質的には1800m辺りが良さそうですが東海Sで2300mもこなしているので
2100mは問題ないと思われます。後方から末脚を活かすスタイル。
ダート転向後9戦中7戦で最速の末脚を発揮。前が止まらない展開だと
厳しいですが、ちょっとでも鈍れば突っ込んできそうです(^^;

ワイルドワンダー】牡5(美浦) ブライアンズタイム×(サンデーサイレンス)
6戦連続で複勝圏を外さない好走・・ただしマイル周辺の成績なので距離延長が課題です。
今のところの最長距離となる1800mでは(2-0-0-2)と微妙。
末脚に力がある馬で東京ダートでは3勝2着1回とほぼ完璧な成績なので
距離に対応できればかなり楽しみな馬です。

サンライズバッカス】牡5(栗東) ヘネシー×(リアルシャダイ)
JCDでは2年連続で5着。今年はフェブラリーSを制覇しており東京適性が高いのは
間違いないところですが微妙に距離の壁があるようです。
末脚を活かしながらも届かない・・・。フェブラリーS以降に4戦して
3着2回、着外2回と勝ち切れていないのもマイナス材料。

フリオーソ】牡3(招待) ブライアンズタイム×(Mr. Prospector)
ダートでは8戦して(4-3-1-0)とほぼ完璧な成績。
これからのダート界を背負っていく1頭だと思います。
JDDで同期のライバル達を相手に完勝しましたがJBCクラシックでは
2着ながらもヴァーミリアンに4馬身差と決定的な差をつけられてしまいました。
先行気味に行きつつ末脚が使える馬なので安定感は抜群ですが
東京ダートを走るのは初めて・・・どこまで脚がもつのかが試金石となります。
使って上昇するタイプなだけに前走以上の走りを期待(^^)

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

東京の2100は…

改修前から東京の2100は追い込み有利な印象があります。メイショウトウコンに展開は向きそうですが、母父ジェイドロバリーだけがネックになりそうですね。やはりヴァーミリアンで仕方なさそうな…。

藤沢雄二 | URL | 2007年11月21日(Wed)06:23 [EDIT]


>藤沢雄二さん
今回はキレ味自慢の馬が揃いましたね~!
格の上ではヴァーミリアンで仕方がない感じですが
好走する余地のある馬が一杯いて迷います(^^;
予想の決め手を何にするか、うーん悩ましい・・

けん♂ | URL | 2007年11月21日(Wed)10:16 [EDIT]


 

トラックバック