けいけん豊富な毎日

天皇賞軽~く回顧   担【けん♂】

天皇賞は衝撃的な結末でした。

ディープインパクト、レコード勝ち!

・・コレ自体は傍観者的にはそんなに驚くにはあたらないこと
だったりするわけですが・・(^^;
実は今回ディープインパクト不調説がそこかしこで囁かれていました。
「ガラスの競馬場」様のサイト記事
【ディープインパクトは飛ぶ事が出来るのか?】
に詳しく書いてありますが、たしかにこの【英雄】には
似つかわしくない「危険な匂い」「強過ぎるが故の不安」の影が
いつも影を落としています。

年間に無敗の8勝(GⅠ5勝を含む)をあげ、
日本競馬史上最高賞金額記録をたたき出した
【世紀末覇者】テイエムオペラオー(1998~2001)も
めちゃめちゃ強かったんですが、彼にはディープのような
危うさ、が微塵もありませんでした。
当たり前のように勝つ、それを繰り返していた馬だったと
思います。時代的にたまたまライバルがいなかったという
話もよく出ますが、それでもこの大記録は本当に強い馬にしか
達成できない記録でしょう。

期待と不安、強過ぎていつか壊れてしまうんじゃないか?
という競馬ファンの恐れる最悪の結末への不安が緊張感となって
ディープインパクトにまとわりついているような気がします。

次走はとうとう念願の海外遠征になるでしょう。
もしかしたらもう日本で走る事はないかもしれません。
「この馬より強い馬っているんでしょうかね?」
武豊騎手のコメントが本当のことであることの証明のために
無事に、とにかく無事に遠征を成功させて欲しいものです。
世界に深い衝撃が響き渡るのはもう間近です。


ちなみに着順予想は・・2着のリンカーンまではよかったんですが
3着のストラタジェムを完全に切っているのでハズレ。
リンカーンはディープにつられた格好ですがそれでも
これまでの天皇賞でのイメージを払拭する好走。
力があることを証明しました。ハーツクライ、ディープが
海外に出ている今、中心になるのはこの馬だと言っていいと
思われます。横山典騎手が「2ゲッター(笑)」じゃなくなる日も
近いんじゃなかな。宝塚記念では圧倒的1番人気でしょう。
ストラタジェムは前走での大幅馬体減(今回は+2kg)で
今回は体調不良と見たんですがリンカーンに離されながらも
3着に大健闘。個人的にはこれは騎手(G.ボス)の力じゃないかと
思っています。オーストラリアの女英雄マカイビーディーヴァ
主戦騎手で長距離はお手の物、能力を最大限に引き出した結果だと
思いますね。
私の周りではマッキーマックスを押している声が多かったんですが・・
おい、藤田!(笑)
やはり人気した馬に彼が乗るとダメですね(^^;
あと期待のデルタブルースは-8kgで出走。
前回に書いたとおり体調は全然戻っていないようで見事に惨敗。
一休みして秋に成長を見せて欲しいと思います。
もひとつ個人的に一言。
【トウカイトリック大逃げ宣言!】
芹沢の嘘つき・・・・(T_T)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック