けいけん豊富な毎日

新潟2歳S(展開分析)  担【けん♂】

新潟2歳S(新潟1600m)について考えてみたいと思います。

前回の考察(ココ)で展開の鍵はおそらくペースになるのではないか
という点についてふれました。

これでおおよそ3パターンに展開が分かれてきそうです。

パターンA
ハイペースになって前の実力馬が押し切る
サマーエタニティがハイペースの消耗戦を仕掛けてレースレベルが向上、
速い流れの中でキッチリ脚を残せる実力馬で決着。
(この場合の有力馬)
・サマーエタニティ
・ダイワマックワン
・ショウナンアクロス
・メイショウヨリトモ(微妙)
・アドマイヤフォース(微妙)


パターンB
ミドルペースで先行気味に行った馬と中段からの差し馬がなだれ込む
先行馬が距離延長に慎重になった場合、それほど速いペースにならず
実績のある好位追走馬と先行馬が競い合う形。
脚を残せた中段からの差し馬も複勝圏まで届きそう。
(この場合の有力馬)
・サマーエタニティ
・ダイワマックワン
・ショウナンアクロス
・エフティマイア
・アドマイヤフォース
・リーベストラウム


パターンC
ハイペースで前がつぶれて差し馬天国になる
先行馬の実力が期待したほどのものではない場合、
前に行くだけ行ってつぶれてしまう可能性があります。
先日の北九州記念のパターンですね(涙)
末脚に爆発力のある馬が一気に進出する一番レースレベルが低くなるパターン。
好位から抜け出した馬も連絡みがあるかも?
(この場合の有力馬)
・タケショウオージ
・タケミカヅチ
・リーベストラウム
・ゴールドストレイン(微妙)
・エフティマイア(微妙)


パターンCは歓迎できないですね(^^;
今後に繋がるレースとしては是非パターンAで行ってもらいたいものです。

4コーナーでの位置取りと着順の関係2歳と古馬で比較してみました。
※新潟1600mについて走破タイムが速い方から20レースを取って集計
新潟1600位置取り

どちらも勝ち馬に関してはそれほど差がありません。
おおよそ先行有利ではありますが、極端に後から突き抜けるパターンと
二極化している感じです。
面白いのは2着の馬については好位差しが目立っていて
後方から、というパターンはあまりないということ(^^;
・・・末脚勝負の馬は突き抜けるか不発か、と言う事になりそうです。
3着の馬については2歳と古馬ではまったく逆の傾向。
後方からの方が優勢な古馬戦に対し、2歳戦ではある程度前が有利だという
結果になっています。

馬券としては・・・

・前の馬のボックス
・先頭を後方の馬で固定して、先行、好位追走馬に流す


こんな2パターンの戦略になりそうですね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック