けいけん豊富な毎日

新潟2歳S(有力馬抽出)  担【けん♂】

新潟2歳S(新潟1600m)について、各馬分析が一通り終わったところで
ザッと有力馬を抽出しておきたいと思います。

まずはレース展開別にその個性を分類してみると・・・

ハイペースの消耗戦で有力な馬
ダイワマックワン
メイショウヨリトモ
マイネルアトレ(微妙)
サマーエタニティ

平均ペースで上手い競馬を見せる馬
エフティマイア
アドマイヤフォース
カレイジャスミン(微妙)

スローペースの爆発力勝負になるなら有力な馬
タケショウオージ
タケミカヅチ
ベンチャーナイン
エイシンパンサー
ゴールドストレイン(微妙)
リーベストラウム
ショウナンアクロス(微妙)

※は抽選対象

地力という面ではハイペースの消耗戦で強い馬が一番でしょう。
今後レースを重ねていっても期待できると思われます。

ただしここに挙がっている馬の中でレースを自分で作れるのは
おそらく抽選対象のサマーエタニティだけ。
あとはハナを切りたい馬のペースに合わせて行く可能性が高いと考えられます。
そのうえ、距離適性の面では1600mへの距離延長に不安がある馬ばかり。
ダイワマックワンも前走(1400m)で最後に一伸び足りなかったことから
同じようなハイペースで1600mはもたないかもしれません。

そうなると台頭してきそうなのが平均ペースでそつのない競馬を見せる
エフティマイア、アドマイヤフォースなど・・・。
スッと前につけて直線で抜け出す競馬で
安定感という面ではこの組の馬が一番かもしれませんね。
前走の内容から距離に不安がないのも好印象。
ハイペースに強い組の中の先行馬との競い合いになる展開
想定されます。
こうなると後は末脚の能力の比較、ということになりそうです。

そして問題は新潟の長い直線を利用して後から突っ込んでくる馬たち・・。
ハイペースになってしまえばさすがに末脚が残せる可能性は
相当低くなりそうですが、平均ペース程度であれば
この中の何頭かは爆発力を発揮出来るかもしれません。

実際に昨年、一昨年とレースを決めたのは33秒台の脚を使えた
ゴールドアグリ、ショウナンタキオンでした。

ゴールドアグリの新馬戦(新潟1600m)は
勝ち時計1.37.7(50.4⇔47.6) 上がり33.4
超スローの上がり勝負でした。
昨年の新潟2歳Sには速めのペース(ダリア賞:前半800mを46.5)で
レースを緩めずに引っ張るマイネルレーニアがいたので、
このペースでは対応できないかと思っていたのですが・・・
実際には距離延長ということもあってペースは少々落ち着き気味になり
1.35.2(48.7⇔46.5)というタイムで決着。
前半で約2秒のペースアップに対応したゴールドアグリが
新潟2歳Sを制するという結果になりました。

過去の新潟2歳Sを見ても、前半800mは47.1~48.8
それほど緩まず、かといってハイペースとは言えない流れになっています。
もちろん毎年メンバーが変わるわけで、今年がどうなるかはわかりません。

今年のメンバーでは
ダイワマックワン 45.9(新潟1400m:3着)
サマーエタニティ 45.7(新潟1400m:稍重)

という相当速い時計が出ているのでこの2頭が揃えば・・・
近年にないハイレベルのレースが見れるかもしれませんね(^^)g

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

出てきて欲しいですねえサマーエタニティ。
確かにマイルよりは1400の方がいいかも知れませんが
デビュー戦よりプラス6キロで出て来た前走、
1400Mを稍重で1分21秒8ですからこれは強いですよ。
おそらくはマイルでも押し切ってしまうのではないかと思っています。
そして何と言っても中舘騎手(乗りますよね?)、
ヒシアマゾン以来の大きなところを狙って欲しいですねえ。
果たしてローカルの王者を陽の当たる場所へ連れて行ってくれるのか?
抽選突破を祈っています。

temporalis | URL | 2007年08月28日(Tue)18:30 [EDIT]


>temporalisさん
この抽選は重要ですね~
レースの行く末を左右することは
間違いないでしょう(^^)

スピードが違い過ぎるのでマイルでも
息が続けば楽勝まで?!
サマーエタニティ&中舘騎手
出てきてもらいたいなぁ・・・

けん♂ | URL | 2007年08月28日(Tue)19:05 [EDIT]


 

トラックバック