けいけん豊富な毎日

新潟2歳S(各馬分析3)  担【けん♂】

新潟2歳S(新潟1600m)出走予定馬の各馬分析第3弾です。
どうやら今週は天候が崩れてしまう模様・・。
今のところ金曜~日曜まで雨の予報
重馬場適性に関してはまだ判別のしようがない馬も多いわけで
湿った馬場を未経験の馬については血統的な判断で見るしかないかも・・。

メイショウヨリトモ】牡(栗東) マンハッタンカフェ×(Danzig)
新馬戦(小倉1200m)
勝ち時計1.09.2 上がり35.0
12.1-10.6-11.1-11.4-11.8-12.2(33.8⇔35.4)

同日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦 1.08.6 タイム差0.6

3kgの減量騎手を使っていますが、それなりに速いペースの中で
末脚を残して
おり、能力自体は高いものがありそうです。
2ハロンの距離延長など不安点は多いですが試金石になりそうな感じですね。
頑張ってもらいたいものです。

メジロアリス】牝(美浦) アドマイヤコジーン×(ゴールデンフェザント)
ダリア賞(新潟1400m)8着
走破時計1.22.6 上がり35.1
12.4-10.5-11.1-11.9-12.0-11.5-12.0(45.9⇔35.5)

前週に行われたレースとの比較
古馬500万下 1.20.7 タイム差1.9

新馬戦では緩いペースでハナを切りましたが、ダリア賞では
ペースについて行けず後方から。
最後に脚を伸ばしているものの、時既に遅し・・。
+16kgと馬体を成長させていることは評価したいですが
まだ経験が浅く、対応力にも不安

リーガルアミューズ】牝(栗東) アグネスタキオン×(Regal and Royal)
ラベンダー賞(函館1200m)3着
走破時計1.11.6 上がり36.0
12.2-11.0-11.7-12.2-12.0-12.4(34.9⇔36.6)

同日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦  1.11.2 タイム差0.4

かなりゆったりとしたレース展開だったため、評価できるほどではありませんが
初戦に比べて末脚に力強さが増してきているのは好印象。
安藤勝騎手も「距離が伸びた方がいい」とコメントしており、
どの程度やれるかの試金石となるレースになりそうです。
軽く湿るくらいの馬場状態なら対応できそうですが、あまり重くなると不安かも。


★ここからは抽選対象の馬です。今のところ1/5頭という非常に狭き門・・。
どの馬が突破してくるのか・・。

オースミマーシャル】牡(栗東) ダンスインザダーク×(End Sweep)
未勝利戦(小倉1200m)
勝ち時計1.09.5 上がり35.4
12.0-10.8-11.2-11.5-11.7-12.3(34.0⇔35.5)

同日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦 1.09.6 タイム差▲0.1
古馬500下 1.08.7 タイム差0.8

一応古馬未勝利戦の時計を上回ってきていますが、これは古馬の時計が
遅過ぎるだけですね。前日に行われたレースとの比較では古馬未勝利戦と0.9差と
大きく水をあけられています。
スローペースを2番手で粘り切り。キレが凄いわけでもなく
今後に期待出来るほどのものは感じられません。

カレイジャスミン】牝(美浦) タヤスツヨシ×(エリシオ)
未勝利戦(新潟1600m)
勝ち時計1.35.3 上がり34.5
12.4-10.7-12.3-12.7-12.6-11.6-10.8-12.2(48.1⇔47.2)

前日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦 1.34.9 タイム差0.4

これまでにすでに4戦。徐々に順位を上げてやっと勝ち上がりました。
ある程度ゆったりしたペースを前に位置取って粘りこむ競馬。
ただし短距離では前に行けていないように速いペースになると苦しいですね。
走破タイムは例年の新潟2歳Sにちょっとだけ不足感。
もう一段上昇すれば・・。

サマーエタニティ】牝(美浦) アドマイヤコジーン×(ジェイドロバリー)
未勝利戦(新潟1400m)
勝ち時計 1.21.8 上がり36.1 ※稍重
12.5-10.6-11.1-11.5-12.1-11.6-12.4(45.7⇔36.1)

前日に行われたレースとの比較
古馬500下 1.20.7 タイム差1.1 ※良 (2着は1.21.5) 

抽選で通ればペースを握る馬になるかもしれません。
かなり速いペースで緩めずに引っ張って押し切り勝ち
レコードに迫る内容のレースで能力の高さを見せたことは間違いなさそう。
ただし距離適性の面では1400mまでの方が良さそうかも。
レースレベルの向上を考えると是非出てきてもらいたい1頭です。

ショウナンアクロス】牡(美浦) ダンスインザダーク×(In The Wings)
未勝利戦(新潟1800m)
勝ち時計1.48.2 上がり35.0
12.7-11.0-11.3-11.9-12.8-12.7-12.2-10.8-12.8(59.7⇔48.5)

翌日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦 1.47.6 タイム差0.6
古馬500万下 1.46.0 タイム差2.2

先行抜け出しを決めた馬を中段後方から差し切り勝ち。
末脚にはかなり自信を持っている感じですが、爆発的なものではありません。
新潟向きであることはたしかですが抜けた能力があるわけではなさそうです。

リーベストラウム】牝(美浦) ゼンノエルシド×(モガミ)
未勝利戦(新潟1600m)※51kg
勝ち時計 1.35.8 上がり33.0
12.5-10.9-12.5-13.0-12.8-11.6-10.6-11.9(48.9⇔46.9)

前日に行われたレースとの比較
古馬未勝利戦 1.34.4 タイム差1.4

未勝利馬ながらマリーゴールド賞に参戦して3着。 
過去3戦全レースで最速の上がりを記録しています。
稍重の馬場でもそれなりの脚を見せていましたが良馬場になった途端に
とんでもないキレ味を見せて飛び込んできました。
ハンデがあったとはいえ2番目に速い上がりを使った馬より1秒速いというのは
特筆モノ。まだゆったりしたペースでしか走っていないので
ペースアップが課題ですが、距離もマイルは充分こなせるので
非常に面白い存在になってきそうです。 出てくれば楽しみ(^^)

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック