けいけん豊富な毎日

クローバー賞回顧(残念・・)  担【けん♂】

注目の2歳戦、クローバー賞(札幌1500m)が終わりました。
一昨年はアドマイヤムーンが制し、昨年はイクスキューズが素晴らしい
性能を見せつけてレコード勝ちした言わば「出世レース」(^^;

今年は残念ながら全般的に今のところ不作っぽい状態の2歳勢(失礼^^;)の
中でも期待出来そうな馬が顔をそろえた感じ・・・と思いきや
レースを引っ張ると見ていたナムラブレイブが左肩跛行のため出走取り消し(涙)
他に前で積極的に行きそうな馬も見当たらず、スローペースに
なってしまう予感が・・・(>_<)

予想は→ココ ※ナムラブレイブ出走取り消し前の予想となっています。

結果は・・・
1着△ウイントリガー 1.31.9 上がり34.4
2着 グリフィス    11/2
3着◎バーキングウルフ

5着▲メジロアースラ
7着×イイデケンシン
取消○ナムラブレイブ

※全着順は→ココ

やはり行こうとする馬がおらず、パラダイスプラムが押し出されるように
ハナを切っていきました。

06.8-12.0-12.4-13.0-12.9-12.1-11.4-11.3

06クローバー賞(イクスキューズ)1.29.3
06.8-11.4-11.1-11.8-12.1-12.0-11.8-12.3

比較してみれば一目瞭然、前半から昨年に比べて圧倒的なスローペース
これではまったく評価できるものではありませんね

2番手に期待のバーキングウルフがつけ、その後にグリフィス
スタートは飛び出したものの徐々に位置を下げていったイイデケンシン
続いていきましたがコーナー手前でウイントリガーにかわされてしまいます。
(その後もズルズルと後退・・・どこか悪いのかも?心配です)

最終コーナーを曲がって内側でパラダイスプラムが粘ろうとしますが
手応えはすでになく、バーキングウルフ、グリフィスがあっさりとかわして前へ。
そのまま2頭の競り合いになるのかと思いきや・・・
内のパラダイスプラムとバーキングウルフのわずかな隙間を突いて
ウイントリガーが一気に突き抜けて行きました!

前走と同様スローペースになったことでキレ味を活かすことが出来ましたね(^^)
キレ味だけでなく馬群を割る根性を見せた点は高く評価できると思います。
・・とはいえペースが上がったときに脚を使えるかはまだ不明。
次走以降に課題を残しつつも注目していきたい馬だと思います。

スローの上がり勝負で末脚を見せた勝ち馬はギリギリ評価出来るとしても
それでもイマイチ伸び切れなかった他馬は・・・ちょっと今後が厳しい感じです。
走破タイムも昨年より2秒も遅い時計。馬場状態がいいことを考え合わせても
先行きが明るいレースとは言いづらいですね。残念・・・。

レース後のコメント

1着 ウイントリガー 藤田伸二騎手
イレ込みがきついのにあれだけのレースができるんだから能力は高いですよ。
落ち着けばもっといい競馬ができるでしょう。あれだけの切れ味ですからね。
どこからでも競馬ができます。楽しみな馬です」

山内研二調教師
「イレ込んでいたけれどよく辛抱してくれたね。それにしても切れるな。
状態を見て2歳Sも考えています」

2着 グリフィス 四位洋文騎手
「いい走りをしていますし、いい競馬をしてますよ」

3着 バーキングウルフ 岩田康誠騎手
「まだ若いけど走る馬ですよ。反応がとてもいいんです
前の馬を抜くときに逃げそうな感じにはなりますが、ささらないしよく頑張っています」

4着 マイネブリッツ 柴山雄一騎手
「前半引っ掛かりましたね。でも走る気になってきましたしいい傾向です。
そのうちチャンスがあると思います」

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グリフィスは2着~札幌・クローバー賞~

熟をさん主催の『わくわくドキドキPOG』で指名しているグリフィスが新馬勝ちから中1週でオープン特別のクローバー賞に出走してき
[続きを読む]

藤沢雄二の“うまとと日記♪” | 2007年08月26日(Sun) 22:51