けいけん豊富な毎日

キーンランドC(馬体について2)  担【けん♂】

キーンランドC(札幌1200m)出走馬の馬体について、第2弾です。

【ブラックバースピン】
(函館SS前)
ブラックバースピン函館

(キーンランドC前)
ブラックバースピンキーンランド

光の加減もありますが、筋肉のメリハリという点では前走のほうが
上に見えます。今回はちょっと脂肪がまわりについた感じ。
上半身の筋肉もちょっと落ちているかも。
毛ツヤは悪くないですが全体的な力感は今一歩。

【ビーナスライン】
(高松宮記念前)
ビーナスライン高松宮

(函館SS前)
ビーナスライン函館

(キーンランドC前)
ビーナスラインキーンランド

明らかに毛ツヤが低下して表情も冴えなかった前走に比べれば
大分マシになってきているように見えます。
胸前の筋肉が盛り上がっているのは肩の筋肉が落ちたせいで
支えきれずに下がった結果かも。良い状態に戻ったとまでは思えません。

【エムオーウィナー】
(高松宮記念前)
エムオーウィナー高松宮

(キーンランドC前)
エムオーウィナーキーンランド

休養を経て、上半身をだいぶビルドアップしてきた感じ。
ムッチリとした筋肉がついてきていますがちょっとバランスが
悪いかも。下半身は微妙に丸みを失ったように見えます。
毛ツヤも良く、体調には問題なさそうです。

【アグネスラズベリ】
(函館SS前)
アグネスラズベリ函館

(キーンランドC前)
アグネスラズベリキーンランド

光の加減もあって毛ツヤは前走のほうが良く見えますが
今回も問題があるわけではありません。
状態はいい感じで平行線、このところの激走の反動はないようです。
前後のバランスが取れており、安定して走れるのが強味ですね。

※写真は競馬ブックPHOTOパドックスポニチ馬体診断より

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック