けいけん豊富な毎日

キーンランドC(各馬分析2)  担【けん♂】

週末の札幌は好天の模様。開幕2週目にしていきなり開催中止になったこともあり
馬場状態は相当良さそうですね。先行馬もペースによりますが34秒台程度
キレが使えそうな感じ
。速い展開のレースになりそうです。

ニシノチャーミー】牝3(栗東) サクラバクシンオー×(ニシノエトランゼ)
函館2歳S制覇の後に左目を失明
一応右回りの競馬場なら・・・なんとかこなせるかもしれません。
能力は相当高そうだっただけに順調さを欠いたのは非常に残念です。
休養明けの桜花賞は片目のハンデ、距離オーバー、▲10kgというマイナス体重など
悪条件が重なって大敗。そこから4ヶ月・・・今回はどういう状態で出てくるか
心配なところ。片目に慣れて、体調さえ万全なら・・・
心情的には期待してしまいますが推せる感じではありません。
頑張ってもらいたいものです。

ビーナスライン】牝6(美浦) フジキセキ×(パークリージェント)
状態面に不安があった函館SSで14着と大敗。
昨年の再現を狙うかのように後方に位置取りましたがもともと圧倒的に
先行有利な函館で前が止まらない馬場状態であれば届く余地はなく・・・。
昨年の函館SSは時計がかかる馬場状態の中で異常なキレを見せており、
能力は高いものがあると思いますが、脚質的に軽い馬場は合わなそう。
今回も後から行くなら論外かと。

ブラックバースピン】牡4(美浦) Put It Back×(Dixieland Band)
好位につけて詰め寄る競馬で函館SSでも3着と頑張りました。
アグネスラズベリにキレで完敗している点が気になりますが
今回もメンバー的には前回と似ているので力関係では上位クラス
考えて良さそうです。逃げ馬がどういうペースを作るかで置いていかれると
少々厳しいですが・・・それでも末脚に力があるので見限れません。

ブルーショットガン】牡8(栗東) サクラバクシンオー×(スーパークリーク)
函館SS、UHB杯ともに後方から伸び切れず。
それほど速いペースではないのにもかかわらず、ついていけてない感じ
年齢的にも上積みはなさそうです。せめて前につけれたら・・。

リキアイタイカン】牡9(美浦) アフリート×(Nijinsky)
函館SSでは6着ながらコスモシンドラーに次ぐ2番目に上がりタイム(34.3)を
記録し、頑張りを見せました。とはいえ後方から届くほどのものではなく
展開不向きであることは今回も変わりません。

レヴリ】牝5(栗東) ホワイトマズル×(Green Desert)
函館、札幌の芝1200mでは3-3-1-0と素晴らしい実績。
前走で4ヶ月ぶりながら+26kgと大幅に馬体を増やして勝利。
これが成長分なら今回大いに期待できそうです。
前半600mを33秒台前半で行く展開にも慣れており、レース内容で
上位との力の差はあまりない
かも・・。好位からのキレ勝負で頑張れれば楽しみ。

ローレルゲレイロ】牡3(栗東) キングヘイロー×(テンビー)
元々短距離でデビューして徐々に距離延長をしていった馬。
ゆったりとしたペースに慣れてきていただけに元に戻って果たして・・?
ラベンダー賞3着、函館2歳S2着と洋芝実績はありますが
両レースとも力の要る馬場状態で前で粘りこんだもの。
体内のペースが合わずに置いていかれるような展開になると
キレに不足感があるだけに苦しそうです。

ワイルドシャウト】牡6(美浦) Rahy×(Gone West)
前走は1年ぶりのレースという事もあってか、前で粘りきれずに4着に入るのが
精一杯でした。スローペースを前で粘るのが身上の馬ですが
ある程度速いペースにも対応はできます。
上手く位置を取って前走の函館SS以上の粘りを見せれたら複勝圏は十分
可能性
がありそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック