けいけん豊富な毎日

凱旋門賞への道(大激突!インターナショナルS)  担【けん♂】

世界のトップクラスにいる馬が終結したインターナショナルS(ヨーク競馬場2080m)。
ココの記事で紹介した3強の人気は
オーソライズド  2.5倍
ディラントーマス 3.0倍
ノットナウケイト 4.5倍


とかなりの混戦模様です(^^;
英ダービーを圧勝し、前走でノットナウケイトの奇襲に敗れたとはいえ
古馬相手に十分競り勝てていたオーソライズドが1番人気。
斤量差もある上に騎手がデットーリとくればある意味当然かもしれませんね。

レースを引っ張ったのはソングオブヒアワサ、3歳馬です。
オーソライズドは後方内側に控え、その横にノットナウケイト、
その2頭をマークするようにディラントーマスがその後ろで出方を
伺っています。

軽快に逃げるソングオブヒアワサ、最終コーナーを回って1頭だけ
馬場の中央を突いてグッと後方集団を3~4馬身引き離して独走!

後方集団は一団となって外ラチ沿いに向かって進んでいきました。
まず仕掛けたのはノットナウケイト
前走では1頭だけ離れた位置で走り、オーソライズドに位置感覚を掴まさない
レースをしましたが今回は正攻法、スッと2馬身ほど前に出ます。

それを追いかけていったのがオーソライズドディラントーマス
加速し始めたこの2頭の勢いは凄いですね・・・
完璧に抜け出したと思えたノットナウケイトを簡単にとらえると後は突き放す一方!

完全に2頭のマッチレースと化したインターナショナルS・・・
オーソライズドとディラントーマスの差はおよそ1馬身。
しかしこの差がなかなか縮まりません。
プリンスオブウェールズSで現役最高のレーティングを誇るマンデュロ
追いかけたことをディラントーマスは思い出したのではないでしょうか・・。

結局この1馬身が勝負の分かれ目。
オーソライズドが1番人気に応えてGⅠ3勝目を飾りました。
これで凱旋門賞でも相当な人気を集めることは決定的になりましたね(^^)

ディラントーマスは相手を見て競馬をしたのが1歩仕掛けが遅れた原因かも。
先に仕掛けていれば脚色に差がなかっただけに勝負はわからなかった気がします。

3着には4馬身遅れてノットナウケイトが粘りこみ。
しかし力勝負ではこの2頭に勝てる感じはしませんね。
完敗と言っていい内容になってしまいました。

インターナショナルS結果
1着 オーソライズド  デットーリ
2着 ディラントーマス ムルタ
3着 ノットナウケイト ムーア


※激戦のインターナショナルSレース映像は→ココ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック