けいけん豊富な毎日

小倉記念回顧   担【けん♂】

小倉記念(小倉2000m)が終わりました。
今週は晴天に恵まれて、馬場状態はかなり良い様子でしたが
先週までの雨の影響で多少馬場の内側が荒れているとのこと・・。

予想は→ココ

結果は・・・
1着○サンレイジャスパー   1.58.7  上がり34.7
2着△ニホンピロキース      1馬身
3着 アラタマサモンズ

6着×ホッコーソレソレー
8着▲アップドラフト
11◎メイショウカイドウ

※全着順は→ココ

レース前に「引き離して逃げたい」と語っていたニホンピロキースに騎乗の
赤木騎手ですが・・・ハナを切ったのはニルヴァーナでした(笑)
続いてアラタマサモンズ・・・ニホンピロキースは3番手に控えています。
行きたがる様子を見せるニホンピロキースの手綱をグッと引いて
抑える赤木騎手
(爆)事前のコメントはやはりブラフだったようです(大迷惑)。

アップドラフト、ヴィータローザも少々前につける競馬。
サンレイジャスパーがそれに続いています。

先行気味に行くことを期待したメイショウカイドウは休み明けで▲10kg・・
体調面が思わしくない分なのか、今回は追走するのが精一杯。
後方に待機となりました。スウィフトカレントも前回と同じく後方から・・
最後方にホッコーソレソレーという展開。

12.4-11.2-11.3-12.6-12.1-12.0-11.8-11.6-11.6-12.1
59.6⇔59.1)

ニホンピロキースが逃げることを想定していたため、前傾ラップになると
考えていましたが・・・思わぬ裏切り(笑)にあって前半はスローペース
後半に徐々にペースが上がっていくという昨年と同じ感じのラップになりました。

3コーナーを過ぎて徐々に各馬が仕掛けを開始。
馬群はグッと縮まっていきました。
ヴィータローザ騎乗の上村騎手の手が盛んに動いているのが非常に目立ちました。
どうも調子が良くない様子・・・サマーシリーズを見ていく上で覚えておきたい点かも。

4コーナーを曲がって直線へ!
最内にニルヴァーナ、並んでアラタマサモンズそしてニホンピロキース、アップドラフト!
一瞬4頭が横並びになりますが、内から外に出した赤木騎手の体勢が崩れて
ニホンピロキースが失速
、アップドラフトも前走同様ここから伸びていけません。

体勢をなんとか立て直して必死で追いかけるニホンピロキース
あっという間に引き離された2馬身差を詰めて、詰めて・・・とうとう
かわして先頭へ!

しかし、コーナーでは先頭から8番目、およそ7、8馬身差の位置から
サンレイジャスパーが馬場の外を通ってもの凄い手応えで猛追!
やっとのことで先頭に立ったニホンピロキースをかわして重賞初制覇
なりました。

馬体の状態が非常にいいと判断した2頭のワンツーフィニッシュ
体調がレースに影響しやすい時期だけに、状態面の確認が大事だと
改めて感じさせられるレースとなりましたね(^^)

レース後のコメント
1着 サンレイジャスパー 佐藤哲三騎手
「これまでどうしようもない悔しさのレースが続いていた分、今日は本当に勝てて嬉しいです。
道中は今日は考えることなく、馬がつれていってくれた感じでした。
直線も反応よく力強く伸びてくれました。
サマー2000シリーズを今年は狙っているので頑張りたいですね」

2着 ニホンピロキース 赤木高太郎騎手
「折り合いはしっかりつきました。でも前にいけませんでしたね。ズブくなっているようです」

3着 アラタマサモンズ 芹沢純一騎手
「ペースが落ち着いてくれたのが良かったですね。雨が降ったらもっと走ると思います。
でも思いのほか走りましたね」

・・・おいおい?(=゚ω゚)ノ 赤木騎手、手綱絞ってましたけど?

今回のレースのポイントは前残り
小倉競馬場は非常に差しがききにくい構造となっていることがある程度
証明された形になったと思います。(2~4着は先行馬
後方から差せたのは末脚で大きく上回った1頭だけ。
5~7着の馬はかなりの手応えで後方から突っ込んでいますが届いていません。

今後につながるレースが出来たのは上位2頭。
サンレイジャスパー、ニホンピロキースは体調を崩さない限り
サマーシリーズでは引き続き期待できそうです。

アラタマサモンズは軽斤量が活きた感じです。
ハンデがなくなればまだ何枚か足りない印象。

ヴィータローザ、スウィフトカレントにはかなり疲労感を感じました。
メイショウカイドウも今期はちょっと好走を期待出来そうもありませんね。
休み明けでこの馬体では次走も回復は厳しそうです。

サマーシリーズはどうなっていくのか・・・次回に活かしていきたいものです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

う~ん、キースは実際どうだったんでしょうかね。
私の目には1コーナーまでは赤木騎手は先頭に立とうと押していてキースの方が反応しなかったように見えました。
前走もそうでしたがどうもガッと行くところが無くなってきたような感じでちょっと寂しいですね。
道中は決してピッタリ折り合っているようには見えないだけに力を出し切ってはいないような・・・・
また活きのいいキースの復活を待ちたいですね。

temporalis | URL | 2007年07月30日(Mon)06:25 [EDIT]


こんにちは♪ よしお です。
本当にニホンピロキース来ちゃいましたね。
スウィフトカレントかニホンピロキースかで悩み、
結局両方を切ってしまいました。

ニホンピロ××って、どうも名前が好きになれないんですよね。
この馬がメイショウキースとかダイワキースとかだったら
ちゃんと買ってたと思うんですが・・・。(;^_^A

よしお | URL | 2007年07月30日(Mon)12:04 [EDIT]


はじめまして、毎日楽しみに拝見させていただいてます。
ニホンピロキースは以前「2000mは微妙に長いので小回りなら誤魔化せる。貯めれば終い伸びるのもわかった。」と騎手が言ってました。
できれば勝って欲しかったです。

アブソ | URL | 2007年07月30日(Mon)12:58 [EDIT]


>temporalisさん
そうですね。スタート直後は行こうとして行けず・・
みたいな様子がありました。
「スタートが良くなっている」馬ですが元々は
スタートに少々難がある馬なのでこの点は今後にも
影響がありそうです。
ただ道中は前に馬がいると行きたがるそぶりをするので
今回も2コーナーのあとは行こうと思えば行けたのかな、と
考えています。
ある程度自在性のある点は逆に武器に出来るので
今後も活躍は充分に期待出来る内容だったのでは
ないでしょうか(^^)g
次も頑張って欲しいですね♪

けん♂ | URL | 2007年07月30日(Mon)13:51 [EDIT]


>よしおさん
たしかに「ニホンピロ」って何だ?って感じですよね(笑)
名前では応援しにくい気持ちがよくわかります。
「アドマイヤ」とは全然違いますね(^^;

いっそのことあの馬は「キース」でいいんじゃないでしょうか。
キースだけならそれなりに格好いいんで応援できるかも?(笑)
ストーンズのキースを思い浮かべながら・・・
ってイメージ違い過ぎますけど(爆)

けん♂ | URL | 2007年07月30日(Mon)13:55 [EDIT]


>アブソさん
はじめまして♪ありがとうございます(^^)

そうですね、ニホンピロキースにとってベストは
1800mまでだと思います。
以前は差し一辺倒だった馬なのでためれば
伸びることが出来るし、自在性があって今後が
楽しみです。
ただ・・・どっちつかずで中途半端になるのが心配な点。
個人的には個性爆発の逃げ競馬に徹して欲しい気がするんですけど
どうなんでしょうね・・。
今回は大チャンスだっただけに勝って欲しかったです。

けん♂ | URL | 2007年07月30日(Mon)14:01 [EDIT]


 

トラックバック