けいけん豊富な毎日

青葉賞予想(ついでに天皇賞^^;)     担【けん♂】

各馬の分析が一通り終わったところで青葉賞の予想です。
各馬分析はこちら→  

◎マツリダゴッホ
○アドマイヤメイン
△マチカネゲンジ
▲エイシンテンリュー
×マイネルアラバンサ

まるっきり本命どころなんですけど(^^;
それだけ上位と下位で差が大きい、と見ています。
メインとゴッホでは前走の状態からゴッホのほうが走り頃。
メインの本番はダービーと考えていいんじゃないかと。
ゲンジは速いペースにもついていける馬なので
メインをかわすまであると思いますが・・・距離に対する信頼度で
ちょっと評価を落としてみました。
テンリューはペースについていけるかが課題。
勝つまでのイメージはわきませんが連に突っ込んでくるのは
十分可能でしょう。
逆に信頼しにくいのはアラバンサ。
キャリアの浅さもありますが、競り合いで負け(ナイアガラ)
毎日杯では別の差し馬(インテレット)にかわされ
抜けた力まではない、という印象。
距離延長が良く働く、そして成長があれば・・という条件で注意まで。


さて日曜には天皇賞があるわけで(^^;
そりゃーランク的にはそっちに重点を置くべきなんでしょうが
正直あまり興味がありません(笑)
まぁ昨年の出馬表を見たときよりはワクワクしましたけどね。

距離不安が囁かれたディープが阪神大賞典で大圧勝。
はっきりいって死角なし、でしょう。
ただね・・・強いステイヤーが見当たらないから
ディープを本命視せざるをえない、という思いがどうしてもね・・。
どう見てもディープにとって適距離とはいえないのにグリグリの本命。
これは他の馬の力不足以外何物でもないと思います。

リンカーンは本格化してきてこれまでの天皇賞での惨敗ぶりとは
違ってくると思います。右回りも本来得意なはずなので。
ただし不安点がひとつ。調教がやけに弱めなんですよね・・。
これまでの調整方法と変えてきているのはなぜか?
前走で仕上げ過ぎた?

マッキーマックスも本格化。ダンスインザダーク産駒で
長距離が合うというのも人気の理由。馬体も成長してますしね。
しかし・・人気したときの藤田騎手は信用しづらい(オカルト?^^;)
特に武豊騎手が人気馬に乗って対戦するときには
意識しすぎてダメになる印象。
※これは今度データを取ってみたいですね^^;

トウカイトリックは前走がうまくいったんでたぶん今回も
同じように逃げを使ってくると思われます。
京都だったら脚が止まらないまま・・・ってこともあるかも。

デルタブルースは陣営が「凄い体になってきている」なんて言ってますが
一年間休んで復帰したとき(昨年11月)になんと馬体減。
そこから徐々に馬体を作ってきていたのに前走またマイナス8kg。
残念ながら充実期に入ったとは思えませんね。
今から言うのもなんですが秋に期待したい馬です。

ブルートルネードやストラタジェムは前走に大幅な馬体減があり
今回はまったく好走する余地はないと見ます。

ちょっと気になるのはシルクフェイマスです。
馬体が増えてそろそろ走り頃。昨年は雨の影響もあり18着と
惨敗しましたがその前年には3着に食い込んでいますので
適性がないとはいえないかと。
ただ・・鞍上が合ってないんじゃないかというのが最大の不安。
先生頑張って!

◎ディープインパクト
○トウカイトリック
△シルクフェイマス
△リンカーン
▲マッキーマックス
×デルタブルース

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック