けいけん豊富な毎日

小倉記念(展開分析1)  担【けん♂】

先週までの小倉競馬場は週末に雨に見舞われ、稍重~重馬場での開催続き・・。
しかし、梅雨も明けて今週は晴天続きなので今度こそ良馬場での
レースを期待できそうです(^^)

小倉記念(小倉2000m)について考えてみたいと思います。

まずは馬場状態について。
過去に稍重~不良馬場で行われた小倉2000mは214レース
先週までに行われた小倉2000mのレースの走破タイムは
古馬500万下 1.59.2重 (歴代 2位/214回)※開幕週
3歳未勝利戦  2.00.3重 (歴代 6位/214回)※開幕週
3歳未勝利戦  2.01.8稍重(歴代25位/214回)※2週目
3歳未勝利戦  2.02.2稍重(歴代34位/214回)※2週目

レースの格から言ってもどのレースもかなり速めの時計ですね。
この点から考えてみても馬場状態は相当良いと見て良さそうです。
雨続きで多少ダメージがあった模様ですが、今週どこまで回復してくるか・・。

馬場状態が良いとなると昨年と同様の高速決着も考えられます(昨年はレコード)。
06小倉記念結果
1着スウィフトカレント 1.57.8
2着ヴィータローザ    11/4
3着ニホンピロキース   11/4
4着サンレイジャスパー   クビ
5着コンゴウリキシオー   クビ
6着メイショウカイドウ   ハナ

昨年のメンバーの上位6頭の内、5頭が今回も出走予定。
これらの馬は引き続き好走が見込まれます。
変わった点というと斤量でしょうか・・・後で改めて考察する予定ですが
この5頭で見てみると
スウィフトカレント  55.0→58.0kg
ヴィータローザ    57.5→57.0kg
ニホンピロキース  54.0→54.0kg
サンレイジャスパー 51.0→53.0kg
メイショウカイドウ  59.5→59.5kg

大きく増えたのがスウィフトカレント・・・ですが天皇賞秋では
58kgで2着
に来ていますのでこなせる斤量だとは思います。
サンレイジャスパーも近走は54~56kgで走っていますので
斤量負担は軽くなったと考えて良さそう。
負担斤量が変わらないニホンピロキース、軽くなったヴィータローザ
恵まれたと言っていいと思います。
メイショウカイドウは・・・可哀想ですがこれで頑張ってもらうしかない
という感じ。59kgまではこなしているのでギリギリなんとか・・(涙)

昨年の小倉記念のラップと競馬場の構造が似ていると考えられる
金鯱賞(中京2000m)とを比較してみたいと思います(回り方は逆ですが:笑)

06小倉記念 1.57.8
12.4-10.9-11.4-12.4-11.9-11.7-11.8-11.8-11.7-11.8(59.058.8

07金鯱賞  1.57.2
12.3-10.6-11.0-12.0-11.7-11.6-12.0-12.1-11.8-12.1(57.659.6
2着スウィフトカレント
4着ヴィータローザ
5着ニホンピロキース
8着タガノデンジャラス

ニホンピロキースが引っ張った金鯱賞の前半1000mは
かなり緩みのない速いペース。
小倉記念でコンゴウリキシオーが作ったペースは微妙ですが後傾ラップ
なっているのに対し、明らかに前傾ラップとなっているのがわかります。
同じ逃げ馬でも本質(脚質)は違いますね。
金鯱賞では57kgの斤量を背負い、末脚が36.5と鈍ってしまったニホンピロキースですが
今回は54kgとなってどこまで粘れるか・・。
このときのスウィフトカレントの差は2.5馬身、中京競馬場における
上がり3ハロンに換算するとおよそ0.6秒・・・
つまり35.9の末脚が使えれば逃げ切りは可能(机上の計算^^;)
ということになります。
※小倉競馬場は中京競馬場よりさらに直線が短いのでもう少し余裕が
 あると考えられます。

前傾、後傾どちらのラップでも上位にきているスウィフトカレント
勝ち味は薄いですが上位に粘りこむヴィータローザ
斤量優位になって逃げ粘ることに期待したいニホンピロキース
この辺りは大分拮抗した力関係となりそうですね。
当日の体調や微妙な騎手の駆け引きでも上下の差が変わってきそうです。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ふむふむ、今のところニホンピロキースはかなり期待できる部類と考えて良さそうですね。
これまでスウィフトカレント、ヴィータローザには分の悪いキースですがそろそろ逆転の気配を感じます。
とにかくこの馬は気分良くぶっ飛ばせるかどうかにかかっています。
前走みたいに妙に落ち着くと持ち味が生きませんのでガンガン行ってもらいたいですね。

temporalis | URL | 2007年07月26日(Thu)04:11 [EDIT]


>temporalisさん
昨年はこの馬の良さが出ていない(差し脚質)状況で
3着ですから今年はもっと期待できると考えています(^^)g

馬体を見ても今が走り頃♪
是非ぶっ飛ばして粘りきってもらいたいですね~(^^)/

けん♂ | URL | 2007年07月26日(Thu)04:44 [EDIT]


 

トラックバック