けいけん豊富な毎日

函館記念各馬分析1  担【けん♂】

函館記念(函館2000m)出走予定馬の各馬分析に入っていきたいと思います。
ざっとメンバーを見渡すと先行気味に行く馬にかなり有力馬が集まっている感じ。
微妙な適性、体調の差も大きく影響しそうですね。

ナムラマース】牡3 チーフベアハート×(フレンチグローリー)
本来札幌記念で始動するはずが仕上がりが早過ぎたために急遽出走となったようです。
クラシックで期待された3歳馬にしてはちょっと異例のローテとなりましたね(^^;
皐月賞、ダービーではよもやの大敗となってしまいましたが
理由の一角はおそらく藤岡騎手の過信じゃないかと。
後から抜かされたことがない
という皐月賞前の発言を見てもナムラマースの末脚について相当自信を持っていたのだと
考えられますが4コーナーでの位置取りと着順の推移を見比べると・・・
 3番手→ 1着 コスモス賞
 5番手→ 1着 札幌2歳
 3番手→ 3着 ラジオN杯
 4番手→ 2着 きさらぎ賞
 9番手→ 1着 毎日杯(稍重)
14番手→11着 皐月賞
16番手→ 8着 ダービー


明らかにここ2戦は位置取り、仕掛けどころがおかしいと思われます。
ペリエ騎手が語っていたように、エンジンがかかるのが遅い馬なので
道中に押し上げていくような騎乗が必要となる馬であることが逆に証明されて
しまった感じですね(^^;
今回は乗り代わって初騎乗となる秋山騎手。特性を掴んだ騎乗を期待したいところです。
札幌で好走している馬ですので洋芝への適性は抜群
上手くレースを運べたら上位進出も十分可能だと思います。

シルクネクサス】牡5 グラスワンダー×(スターリフト)
巴賞を快勝して中1週でのレースとなります。
キレる脚がないだけに洋芝での力比べになれば能力を発揮できますね。
鞍上の四位騎手はこの馬で2戦2勝、特性は完全に把握していると思います。
脚質が似ている馬との洋芝適性勝負・・という感じになりそうです。

エリモハリアー】せ7 ジェネラス×(ブレイヴエストローマン)
前哨戦の巴賞は05年1着、06年2着ときましたが今年は11着・・・。
復帰が遅れてぶっつけになったことが影響しているのかもしれません。
函館記念は2年連続で勝利をあげており、適性的には相当上位だと
考えられますが・・・この一叩きでどこまで上昇できるかが問題。
時計がかかればかかるほど力を発揮する傾向なので週末に天気が崩れるなら
期待度アップ
。芝の状態が良いだけにパンパンの良だと苦しいかも。

マイソールサウンド】牡8 タマモクロス×(サンデーサイレンス)
長いこと頑張っていますが、近走は前に行って失速を繰り返すばかり。
いっそのこと短距離に転向したほうが・・・?
力の要る馬場は基本的に苦手。厳しいです。

サクラメガワンダー】牡4 グラスワンダー×(サンデーサイレンス)
先行脚質に転換して今後に期待・・というところでコンゴウリキシオー
叩かれてしまった感じ・・(^^;
あまりに速いペースだと末脚の伸びを削られてしまいます。
基本的に輸送に弱く、今回は福島で調整をしてからの移動となりますが
能力が発揮出来るかどうかは微妙かも。
洋芝への適性は血統的にも高いと考えられるので、上手く先行出来れば
同型の馬との競い合いで上位争いが出来そうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック