けいけん豊富な毎日

函館SS(函館適性分析)  担【けん♂】

函館SS(函館1200m)について見ていきたいと思います。

今回は函館競馬場への適性を血統面から見てみたいと思います。

グリーンデザート産駒(コスモシンドラー)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
16% 24% 35%

☆函館競馬場       ←出走回数20回未満
勝率 連対率 複勝圏率
33% 58% 75%
+17 +34 +40

エアダブリン産駒(ツルガオカハヤテ)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 5%  9% 18%

☆函館競馬場       ←出走回数20回未満
勝率 連対率 複勝圏率
13% 20% 53%
 +8 +11 +35

サクラバクシンオー産駒(アドマイヤホクト、エイシンツルギザン、ブルーショットガン)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
11% 20% 28%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
12% 26% 37%
 +1  +6  +9

ウォーニング産駒(タニノマティーニ)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 8% 15% 22%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 6% 15% 24%
 ▲2  ▲0  +2

フジキセキ産駒(ビーナスライン、タマモホットプレイ)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
10% 19% 28%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
13% 23% 29%
 +3  +4  +1

ラーイ産駒(ワイルドシャウト)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
12% 19% 25%

☆函館競馬場       ←出走回数20回未満
勝率 連対率 複勝圏率
13% 25% 25%
 +1  +6  +0

アフリート産駒(リキアイタイカン)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 6% 13% 19%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 6% 13% 17%
 +0  ▲0  ▲2

パラダイスクリーク産駒(アンバージャック)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 7% 13% 21%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 4% 11% 18%
 ▲3  ▲2  ▲3

スターオブコジーン産駒(ハリーズコメット)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 5% 12% 19%

☆函館競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 5%  8% 15%
 ▲0  ▲4  ▲4

エアジハード産駒(アグネスラズベリ)
★全競馬場
勝率 連対率 複勝圏率
 7% 13% 17%

☆函館競馬場       ←出走回数20回未満
勝率 連対率 複勝圏率
 0%  0%  0%
 ▲7 ▲13 ▲17


函館出走回数が少ないとはいえ、グリーンデザート、エアダブリン上昇度は異常
コスモシンドラー、ツルガオカハヤテには注意が必要だと思います。
ある程度信頼できる数字としてはサクラバクシンオー産駒の上昇度が期待できそう。
かなり高い適性があることがわかります。

昨年の覇者ビーナスラインの父、フジキセキは他の競馬場と同様の実績。
上昇度がないかわりに苦手にもしていませんね。
後は個別の馬の能力次第と考えて良さそうです。

後の馬は血統的には期待しにくい感じとなっています。
特にエアジハード産駒(アグネスラズベリ)は函館で1度も3着以内がない
というのが気になるところ・・・。うーん、馬の能力でなんとかなるかどうか(-_-;)

※サンデーサイレンスはデータが膨大過ぎて割愛(申し訳ないです)
 プットイットバック(ブラックバースピン)、
 ソングアンドプレイヤー(サープラスシンガー)は実績がないので不明。

まとめ
☆函館競馬場への適性で期待出来る馬
コスモシンドラー
ツルガオカハヤテ
アドマイヤホクト
ブルーショットガン
エイシンツルギザン


★函館競馬場への適性で期待しにくい馬
アグネスラズベリ
ハリーズコメット
アンバージャック

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

サクラバクシンオー産駒の函館適性は、単なる噂ではなかったんですね。
やっぱりホクトくんが勝つしかないですねぇ。(*^▽^*)

よしお | URL | 2007年06月29日(Fri)17:20 [EDIT]


>よしおさん
調べてみてサクラバクシンオーの適性に驚きました(^^)
前走がなければアドマイヤホクトにグリグリの◎を
つけたいところ♪

今後の展開を考える上でここで勝ってくれたら
面白いんですけどね~期待したいです(^^)/

けん♂ | URL | 2007年06月29日(Fri)17:36 [EDIT]


 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

函館競馬場

函館の魅力見どころ編NO8「競馬場」函館の初夏を感じさせる見どころとして、函館競馬場の開催があります☆函館競馬は、例年6月の終わりから7月にかけて新馬戦(2歳戦)が繰り広げられ、ここから名馬が育っていきます。今年の開催
[続きを読む]

馬券予想ノウハウ|競馬予想ノウハウ | 2007年07月25日(Wed) 08:23