けいけん豊富な毎日

函館SS各馬分析2  担【けん♂】

函館SS(函館1200m)の各馬分析第2弾です。
先週も好天だった函館競馬場。
今週も雨の予報はまったくなし
このままいけば良馬場でレースが行われることになりそうです。

各馬分析1→ココ

サープラスシンガー】牡3(美浦) Songandaprayer×(Ghazi)
1200mでは2-2-0-0と非常に安定した好成績。
前走のクロッカスSでは1400mを克服したものの、やはり適性は1200mに
ある馬だと考えられます。
前半800mを44秒台でぶっ飛ばす逃げ馬
道中を緩めずに行けるとこまで行く!という気持ちの良さが個人的にはツボです(笑)
ハナを切らないとどうにもならない馬なので今回もどこまで行けるか
頑張ってもらいたいものです(^^)

タニノマティーニ】牡7(栗東) ウォーニング×(リヴリア)
函館で好走があったのは04年のこと・・・。
ある程度函館に対する適性があるのはたしかですが(昨年4着)、
上位に食い込める能力があるかというと疑問。
ある程度前で競馬をするのが最低条件ですが厳しそうです。

タマモホットプレイ】牡6(栗東) フジキセキ×(ノーザンテースト)
末脚の能力には高いものがありますので侮れませんが、
基本的には後方から届かず・・・という印象。
騎手のコース取りなどが大きく影響する馬だと思われます。
重馬場がまったくダメな馬ですがそれが洋芝と合わないことにつながるのかどうか?

ツルガオカハヤテ】せ7(美浦) エアダブリン×(Halo)
05年、06年とUHB杯を連覇。
昨年、一昨年の北海道での成績は2-0-2-1とかなり高いものがあります。
競馬場に対する適性の高さは侮れませんね。
近走の大敗は1400mのものが多く、1200mでは3戦続けて掲示板内。
期待したいと思います。

トールハンマー】牡7(美浦) エリシオ×(Kris)
函館SSでは10着→6着と活躍出来ていませんが北海道での1200mでは
昨年、一昨年と2着が3回・・・適性はそれなりに高いですね。
重賞では何枚か足りない印象なので期待はしにくいですが力関係でどうか?

ナカヤマパラダイス】牡4(美浦) パラダイスクリーク×(Mountain Cat)
デビューから7戦、4-2-1-0と素晴らしい安定感を見せています。
芝の1200mではどうか?と思われた初重賞のCBC賞でいきなり2着に
飛び込んで驚かされました。
重馬場適性も高く、先行気味の脚質なのも期待されるところ。
速いペースに対応できるのかどうかが今回の鍵になりそう。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック