けいけん豊富な毎日

宝塚記念(展開分析2:シミュレート) 担【けん♂】

宝塚記念についてそろそろ整理していきたいと思います。

頭の中を一旦クリアにするために簡単に展開のシミュレーションをしてみます。

パターン1
スタート後の長い直線、アドマイヤメインがアサクサキングスの頭を
おさえてハナを切っていく・・。
シャドウゲイト、ローエングリンに並んでダイワメジャーが3番手集団。
ある程度隊列が決まってゆったりとしたペース。
コーナーでグッとペースが落ちて、前半1000mを60~61秒程度

1400m通過辺りから始まる下り坂。

各馬のペースが上がってグーッと隊列が縮まって一塊になって直線へ。
残り2ハロン弱の瞬発力勝負。

馬場状態にもよりますが、コーナーで一旦は先頭に立つであろう
ダイワメジャー、メイショウサムソンらの末脚は3ハロン35秒前後の見込み。
追いかけるアドマイヤムーン、ウオッカ・・・どちらの末脚が勝るか?
34秒台前半としてもコーナーで3~4馬身差以内にいれば前に届く計算
先頭争いはアドマイヤムーン、ウオッカに絞られそう?

パターン2
ハナを切って逃げるアドマイヤメイン
後先を考えないペースで前半1000mを58秒程度
5~6馬身遅れて2番手集団も59秒前後で1000mを通過・・・
アサクサキングス、シャドウゲイト辺りは最後まで脚が残らないペース。

1400mを超えるくらいですでに脚色が衰えるアドマイヤメイン。
隊列は縮まっていきますが前半のペースがたたってそれほどペースを
上げていけないアサクサキングス。

代わりに前に詰め寄るダイワメジャー、メイショウサムソン
下り坂を利用してロングスパートを開始。
隊列が縮まらないままのペースアップなので後方の馬は全滅

くっついて上がっていけた馬だけの叩き合い。
パターン1と同様、先頭と3馬身差以内につけている馬の末脚勝負。
有力なのはダイワメジャー、メイショウサムソン、ウオッカ辺り?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いずれにしろ私の頭の中はほぼ決まっているようですね(^^;
ペースの違いはあれど、直線で一旦先頭に立つのは
ダイワメジャー、メイショウサムソンでしょう。

阪神2200m(内回り)は非常に先行有利
上がり3ハロンが0.1秒違っても約0.4馬身差しか縮まりません
35.1の馬を4コーナーで7馬身後方からかわすとしたら33.5の末脚が
必要とされます。4馬身差だとしても34.1・・・雨で湿った馬場状態を
考えるとほぼかわすのは不可能な数字に思えます。

スローペースでコーナーで隊列が縮まった状態からの末脚勝負になれば
前に届く馬もいるかもしれませんが、ある程度以上のペースになれば
ほぼ前残り決着と見ていいのではないでしょうか。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんばんは。
宝塚記念は良馬場で行われるのかがカギですね。
メジャーは安田記念とは逆に直線で
コンゴウリキシオーのように粘った挙句にサムソンにかわされるような…
内回りですし先行有利ですよね。

le age | URL | 2007年06月23日(Sat)00:54 [EDIT]


>le ageさん
おそらく先に前に出るのはダイワメジャーでしょうね。
サムソンが追いついて追い越すのかどうか・・・
激しいレースになりそうな予感!
ドキドキしますね(^^)g

けん♂ | URL | 2007年06月23日(Sat)08:59 [EDIT]


 

トラックバック