けいけん豊富な毎日

プリンスオブウェールズ(豪華メンバー:レース映像あり)  担【けん♂】

日本でも豪華なメンバーが揃った宝塚記念が迫ってきていますが
海外でも豪華メンバーによるGⅠレースが行われました。

プリンスオブウェールズS(2000m:ロイヤルアスコット競馬場)

出走メンバーは
サーパーシー(Sir Percy)Mark of Esteem産駒 英ダービー馬、GⅠ2勝
ディラントーマス(Dylan Thomas)Danehill ガネー賞他GⅠ3勝
レッドロックス(Red Rocks)Galileo産駒 BCターフ馬
マンデュロ(Manduro)Monsun産駒 イスバーン賞
ノットナウケイト(Notnowcato)Inchinor産駒 タタソールズゴールドC他GⅠ2勝
プレッシング(Pressing) Soviet Star産駒 イタリアで3連勝など

ウオッカとの対戦が期待される女傑マンデシャは残念ながら回避と
なりましたが6頭合わせてGⅠ9勝・・・激戦が期待されました。

少頭数だけあって揃ったスタート。イギリスダービー制覇以降はちょっと
生彩を欠いているサーパーシーがハナを切ってレースを引っ張ります。
続いてノットナウケイト、マンデュロとちょっと縦長の展開。
残り3頭は後方で並ぶようにして追走となりました。

日本と違って森の中に柵を作ったような自然そのものといった風情の
ロイヤルアスコット競馬場・・・走っている馬も気持ち良さそうに見えます(^^)

直線手前でグッと隊列が縮まり、まず仕掛けたのがディラントーマス
3番手を追走していたマンデュロに並びかけていきました。

そのままかわされそうな雰囲気だったマンデュロですが、残りクビ差というところまで
並ばれたところからスムーズに加速開始、ディラントーマスを従えるようにして
ノットナウケイト、そしてサーパーシーをかわしていきます。

気がつけば完全に2頭のマッチレース

1馬身差・・・突き放すマンデュロ!・・・さらに半馬身差・・・
ディラントーマスも踏ん張る!・・・またもや1馬身差、並べるのか!
しかしマンデュロが追いつかせない!

結局終始1馬身のリードを保ったマンデュロがGⅠ2勝目(連勝)を飾りました。
2着にはディラントーマス。4馬身離れた3着にノットナウケイトという結果。

勝ったマンデュロは凱旋門賞へのプランもあるそうです。
ウオッカ、メイショウサムソンとの対戦もあるのかも。
力強い末脚は脅威!うーん強敵です(^^)

※マンデュロはモンズン産駒。モンズンと言えばダンスインザムード
 初年度配合相手。こちらもどんな産駒が生まれてくるのか
 期待が膨らみます(^^)g

プリンスオブウェールズ結果
1着 マンデュロ    バスキエ
2着 ディラントーマス スミヨン
3着 ノットナウケイト ムルタ
4着 レッドロックス  デットーリ
5着 プレッシング   ペリエ
6着 サーパーシー   ドワイヤー

レース映像は→ココ

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ロイヤルアスコット競馬場は自然と一体化していて本当に綺麗ですねえ。
このレースは少頭数でしたがヨーロッパのレースには珍しく
縦長になりましたね。
それにしてもマンデュロは強かった、
GⅠ3勝のディラントーマスを完封したのですから堂々たる勝利です。
う~ん、欧州には強い馬がたくさんいますね、
是非凱旋門賞に出てきてもらいたいものです。
マンデュロとマンデシャは名前がよく似ていますが
何か関係あるんですかね。(笑)

temporalis | URL | 2007年06月22日(Fri)21:42 [EDIT]


>temporalisさん
一度はヨーロッパの競馬を生観戦してみたいものです(^^)
気持ち良さそうですよね~

マンデュロはここにきてグッと力をつけてきている感じ
走りが真っ直ぐでコレは強い!と衝撃を受けました。
この先が楽しみです♪

マンデシャとマンデュロの関係はわかりませんが
マンデシャの母はマンダレラ、その母はマディリヤ、
そのまた母はマジャナダと「マ」つながりになってます(笑)
なんか意味があるんでしょうか?面白いですね(^^)

けん♂ | URL | 2007年06月22日(Fri)22:43 [EDIT]


 

トラックバック