けいけん豊富な毎日

安田記念各馬分析2   担【けん♂】

安田記念出走予定馬の各馬分析第2弾です。

今週は週半ばの水曜、木曜に一旦天気が崩れるものの週末には回復して
晴れるという天気予報。もちろん現時点では予報ではなく予想(妄想?笑)なので
今後の動向については見ていかねばなりませんね(^^;

ダービーではこれまでの歴史上なかった高速の上がり決着が実現、
レースレベルに原因を求めるのか、馬場状態に理由を求めるのか・・・
少なくとも暖冬の影響と急激な天気の回復で馬場状態がかなり良かったのは
たしかでしょう。今週はどんな馬場になるのか?
ちゃんと見極めて予想に活かしていきたいものです。

各馬分析1→ココ

アドマイヤキッス】牝4(栗東) サンデーサイレンス×(ジェイドロバリー)
超高速決着となった読売マイラーズCでは前で粘って4着。
後方から届かない競馬から好位追走型に完全にシフトしてきましたね。
おそらく今回は乗り代わり・・・。気性のいい馬だけに大丈夫だとは
思いますがどういう競馬をしてくるかは微妙です。
ヴィクトリアマイルでも7着ながら勝ち馬と末脚の脚色は変わらず。
後は牡馬の一線級相手に通用するかどうか能力的に・・・。

 能力的に、なんだ?!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ! byあどまい屋

ジョリーダンス】牝6(美浦) ダンスインザダーク×(Peterhof)
牝馬の中では完全に上位クラス。マイルまでなら相当期待できる馬だと思います。
体調面でも最高の状態にあったヴィクトリアマイルでは後方からの競馬に
なってしまい、32.9の末脚を発揮したものの5着・・・
位置取りさえキチッと取れば牡馬にも見劣らない力がありそうです。
今回は反動が出るのか、引き続き好調を維持出来ているか・・?
注意したいですね。

スーパーホーネット】牡4(栗東) ロドリゴデトリアーノ×(エルセニョール)
460kg以上ある馬なので、それほど負担になるとは思えないのですが
斤量が56kgを超えると突然走らなくなるという敏感な馬。
今回は58kg・・・これまでの傾向から言えば苦しいかもしれません(^^;
他にも休み明けは走らない、などの明確なラインが引ける馬ですが
順調に使っていてのマイル戦であればかなりの末脚が使える馬です。
今回は斤量を跳ね返せるかどうかが鍵になるかと。

マイネルスケルツィ】牡4(美浦) グラスワンダー×(Machiavellian)
読売マイラーズCで3着、京王杯SCで4着と着順は微妙ですが
内容は勝ちに等しいほどのもの。速いペースで引っ張っるだけでなく
末脚の伸びが以前と比較して格段に鋭くなっています
今回は同型の馬との競い合いがどうなるか?
上手くペースを握れば非常に楽しみですね。
本質的には東京競馬場よりは小回りの競馬場向きですが
今なら!という期待感もありますね(^^)

オレハマッテルゼ】牡7(栗東) サンデーサイレンス×(ジャッジアンジェルーチ)
フェブラリーSを使った効果があったのか、春先から復活傾向を見せています。
先行気味に行きつつ末脚の粘り強さを発揮できる特長が活かせれば
楽しみですが、毎年安田記念は二桁着順・・・。
テンの速い競馬にも対応出来ているので今年は違った面を見せれるかどうか。

キストゥヘヴン】牝4(美浦) アドマイヤベガ×(ノーザンテースト)
ヴィクトリアマイルでは横山典騎手の好判断で前につけて4着と復活傾向
末脚を活かすだけの馬ではないことを印象付けました。
マイルは適性距離なので期待は出来ますが、牡馬相手だと
後方からでは脚比べで見劣り、前で粘り切るほどの脚も使えない・・という印象。
ここでも相手関係が厳しそうです。

続きます。

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

安田記念注目馬 キストゥヘブン

昨年の桜花賞馬キストゥヘヴンが意地を見せる 「安田記念・G1」(6月3日・東京)、この春、キーワードともいえる“牝馬の激走”。NHKマイルCのピンクカメオ、ダービーのウオッカに続き、一発ムードを漂わせているのは06年桜花賞馬キストゥヘヴンだ。
[続きを読む]

競馬・競艇・競輪ノウハウ紹介とニュースレビュー | 2007年05月30日(Wed) 14:13