けいけん豊富な毎日

ダービー(追い切りについて)  担【けん♂】

ダービーの追い切りについてふれておきたいと思います。

栗坂良
ローレルゲレイロ 池添
50.7-37.0-12.3 強目

フサイチホウオー 安藤勝
51.4-37.3-12.8 強目
52.1-37.8-13.4 強目(皐月賞前)

アサクサキングス 福永
53.1-37.9-11.9 1F追う

ウオッカ 四位
53.1-38.8-12.2 1F追う

フィニステール 藤田
54.0-39.1-12.1 1F追う

ヴィクトリー 助手
55.4-39.4-13.3 馬なり
53.1-39.7-14.5 一杯 (皐月賞前)

ヴィクトリーは調教では動かないことで定評があるので無視・・でいいんでしょうか(^^;
フサイチホウオーは明らかに長い脚を使う事を想定した仕上げ。
皐月賞前より状態は良さそうです。
アサクサキングス(以前はDW)、ウオッカ(以前はCW)は
調教過程の仕上げを変えてきていますね。
ウオッカはすでに仕上がっているようで終いだけ。ちょっとキレは微妙かも。
アサクサキングスは乗り代わって福永騎手が積極的に調教に参加。
オークス時にもダービーを取りたい、と言い続けていましたし
やる気は充分感じられます。能力のない馬ではないだけに不気味さを感じますね。

栗DW良
アドマイヤオーラ 助手
82.2-67.3-53.3-39.8-11.9 馬なり
88.3-71.4-55.2-39.5-11.6 1F追う(皐月賞前)

ドリームジャーニー 助手
82.5-67.1-52.5-38.6-11.6 馬なり
84.5-68.4-53.8-38.9-12.3 馬なり(皐月賞前)

アドマイヤオーラは皐月賞前に蕁麻疹が出ていたそうで、かなりゆったりとした
仕上げでしたが、今回はかなり気合が入ってますね。
長めに行って終いを伸ばす感じ。調子はかなり良さそうです。
ドリームジャーニーも相当出来が良さそうです。
長くいい脚が使えており、終いも抜群。

栗CW良
マイネルフォーグ 助手
78.6-63.9-50.8-37.9-12.4 直線一杯

タスカータソルテ 武豊
81.0-66.0-52.1-37.9-12.3 直線一杯

仕掛けてもキレのなさはいかんともし難い・・。

【栗芝良】
ナムラマース 藤岡
78.7-63.3-49.1-35.0-11.1 直線一杯

DWから仕上げを変えてきています。
末脚を活かすイメージをつける感じでしょうか。
ちょっとバタバタしている印象。

美坂稍
プラテアード 北村
53.6-38.8-12.5 馬なり

フライングアップル 横山典
計測不能

南W良
トーセンマーチ 松岡
64.0-49.5-36.0-12.2 強目

ゴールデンダリア 助手
65.2-50.5-36.5-12.9 馬なり

サンツェッペリン 調教師
66.3-52.4-37.0-12.3 G前仕掛け
68.2-53.2-39.3-12.8 一杯(皐月賞前)

ゴールドアグリ 助手
66.8-51.4-36.9-11.9 馬なり

トーセンマーチを松岡騎手が追い切っているのが面白いですね(^^;
動きは相当いい様子。
サンツェッペリンは皐月賞前は押しても動かず、という感じでしたが
今回は変わってきていますね。
ゴールドアグリが力強くキレているのが印象的。
馬体を持て余していないのであれば大爆発も?

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック