けいけん豊富な毎日

ダービー展開想定    担【けん♂】

ダービーについて週初めの時点で考えている事を綴りながら整理しておきたいと思います。

今回も皐月賞同様、明らかに先行してくる馬がいます。
ヴィクトリーサンツェッペリンですね。
オークスではスマートストームの暴走ということでペースが上がって
先行馬が総崩れになるという結果になりましたが、オークスとダービーでは
決定的に違うことがあります
。それは・・

先行馬に勝つ意欲がある、ということ。

非常に当たり前に思えることですが、実はかなり重要なポイントだと思います。
スマートストームのような玉砕覚悟の逃げを打つ馬は基本的に勝つ意思に欠けており、
行くだけ行ってやれ、というだけでしかないので最初から無茶なペース配分
行くわけですが、本来勝つ意思のある逃げ馬はこういうことをしません。
(もちろん最初からぶっ飛ばして2400mを逃げ切れるような怪物は別ですが^^;)

前半をある程度おさえて行って後半にペースアップ
後続の馬に脚をためさせない、ということと最後に自分の末脚を残す
という2点を達成するにはこの方法が最適です。

皐月賞でサンツェッペリンを高く評価していたのも、京成杯でこの騎乗が
出来ていたからです。過去の中山2000mを逃げ切った馬は基本的に
このスタイルが出来ていた馬だけですね。

ダービーでもこの2頭はほぼ確実に皐月賞同様の後傾ラップを作ってくるでしょう。
問題は直線でこの2頭の末脚がどの程度残るのか・・・まずこれが鍵になりそうです。

ヴィクトリーと同様ブライアンズタイム産駒の逃げ馬というとサニーブライアン
頭に浮かびますが、この馬は皐月賞とダービーを逃げ勝っていますね。
ヴィクトリーにもサニーブライアンの再来!という期待がかかっています。
ただ、当時と今回では状況に大きな違いがあります。

ひとつはサンツェッペリンの存在
単独でマイペースで逃げられたサニーブライアンと違い、首に鈴をつけにくる・・
場合によって自分より前に行くかもしれない馬がいる、というのは大きな違いでしょう。

もうひとつは有力馬に先行馬、好位追走馬が多いということ。
サニーブライアンのときはメジロブライトを始めとして有力馬は基本的に
後方から追い込むスタイルの馬でした。
上手いこと離して逃げて、届かずに終わらせる・・・こうして2冠が成立したと
考えられます。
しかし今回はアドマイヤオーラ、フサイチホウオーなど好位から
33秒台の脚を使う馬がいるわけで・・・そう簡単に逃げ切れるとは考えにくい状況です。
前回はこの2頭とも出遅れたこともあって、まんまと逃げ切らせてしまいましたが
安藤勝騎手も今回はそうはさせないと考えているでしょう。
そして岩田騎手も・・・。
岩田騎手は特にプレッシャーが厳しいと思われます。
出遅れて後方から行って届かなかった武豊騎手は近藤オーナーの怒りを買って
降板
させられてしまったわけで、自分は絶対に失敗できない立場に立たされたと
言っても過言ではないと思います。
今後の関係を考えても、少なくとも「アドマイヤオーラの競馬」をしないことには
納得してもらえないのは明白。
勝ち負けよりも「先行して末脚を使う競馬をする」ことが大前提となるダービーだと
思われます(^^;

他にも今回の有力馬は先行気味に行く馬が多いですね。
プリンシパルSで速いペースを前から行って抜け出したプラテアード
その後から33秒台の末脚でかわし切ったゴールデンダリア
ヴィクトリー、サンツェッペリンのペースにも充分対応出来そうです。

そしてウオッカ・・・。この馬もハイペースに非常に強く
前から33秒台の末脚が使える馬
ですので展開はバッチリハマる公算が高いです。
距離延長も体型、血統的には問題なさそう・・・同じタニノギムレット産駒の
ヒラボクロイヤルなどと並べて馬体を見てみても遜色ないどころか
どう見てもウオッカの方がゴツイです(笑)
直線勝負に絡んできてもまったく不思議ではないと思います。

先行する2頭を好位追走型の馬がとらえきれるかどうか?
好位追走型の馬で一番キレる脚が使えるのはどの馬か?


焦点はおそらくその2点に絞られるのではないでしょうか。
後は週末の天気が気になるところ・・・馬場適性の問題も絡んでくるかもしれません。

ちなみに前回は明らかにフサイチホウオーがアドマイヤオーラの脚色を
上回ったように見えましたが・・・これは後方から追い込んだ場合のこと。
先行気味に行って直線ヨーイドンでフサイチホウオーがどの程度の脚を
使えるかにはまだ疑問
を持っています。
アドマイヤオーラの後でアドマイヤオーラに見劣る末脚しか使えなければ
物理的に抜くことは不可能ですよね(^^;

もう1頭あげるとすればナムラマースでしょうか。
この馬もエンジンがかかってトップスピードに乗ればフサイチホウオー以上の
キレ味
を見せてもおかしくない馬だと思います。
ただ・・・藤岡騎手が前回同様、末脚を活かそうとして逆に末脚を殺す騎乗をするなら
まったくの用無し。後方待機でお終いでしょう。
早めにまくりあげていくような競馬をしてきたら要注意!
藤岡騎手のコメントなども確認していきたいですね。

あくまで現段階での考えなのでこれからのデータ次第で
脱落する馬、浮かび上がってくる馬が出てくることは充分にあります。
果たしてどんなレースになるのでしょうか・・・(^^)/

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック