けいけん豊富な毎日

飛んでくる悪意    担【けん♂】

古い話ですが小学生の頃、卒業式の練習が嫌というか
かったるくてウトウトと眠りこけていたりしたら
担任の先生から

「そんなに眠いんなら保健室行って寝てこい!」

と怒鳴られてしまいました。
今思えば、怒るというか、戒めるための怒声だったことは
わかるんですが、そのときの私は

「え?あ、はい、ありがとうございます。」

とそのままスタスタと体育館を出て保健室へゴー。

「なんか保健室で寝てこいって言われました」

とあっけにとられた顔の保健の先生に伝えて
そのままベッドでグッスリ。
ふと気づくと外は完全に夕焼け小焼け。
練習などとっくに終わっていて、校内にはほとんど生徒が
残っていない時間帯になっていました。

そのときは本当にマジで
「あの先生もたまには優しいことを言ってくれるじゃない。
 ふぅよく寝たし、スッキリ♪」
と思っていたことを覚えています。

翌日になって同級生から

「お前なに考えてんだ?!」
「嫌味で言われたのにまさかそのまま行くとはバカか!」
「先生、びっくりというか、呆れてたよ」

と言われて初めて「え?嫌味だったの?」と気づく鈍感ぶり。
どうやら私は他人の言うことやすることを
あまり悪意にとれない性質(たち)のようです。

今でも周りの人たちがしたことや言うことを
「なんか思うところがあったんちゃう」
とか
「別に悪い気持ちで言ったわけじゃないやろ」
なんていう感じで軽く流してばかりいるので
相方から「呑気過ぎるやろ」とたしなめられたり
呆れられたり・・・。


そんな私ですが、さすがに日本に向けてミサイルを撃ち込んで
きている北朝鮮のカリアゲくんに対しては
「いやーほんまはそんな悪い奴ではないんちゃうかな」
とは思いません。

事故にあってからシートベルトの大切さを痛感したり、
強盗にやられてから防犯態勢を整えたりしても手遅れ。
大切な人を失ってから「あのときちゃんと・・・」と思っても
取り返しはつかないわけで、今回ばかりは
自分と自分の身の回りの人たちを守るためにも
もっと危機意識を高めて対処しないといけないと思います。

後悔先に立たず。
後悔役に立たず。

日本の防衛、なんていうとなんとなく言葉が遠く聞こえますが
自分たちの身を守るため、ということと直結していることを
改めて意識すべきだと思います。