けいけん豊富な毎日

スプリングS(展開分析1) 担【けん♂】

スプリングSについて考えてみたいと思います。

中山牝馬S時の展開分析(ココ)でペース別に傾向を調べたわけですが・・
データを3歳春時点に絞って取ってみると、前半1000mを
59秒を切るペース
で走ったレースは過去に3レースしかなく、
今回も思い切って行きたい馬は見当たりませんので、
おそらくそこまでのハイペースは考える必要がなさそうです(^^;

4コーナー位置取りと着順の関係
スプリングS位置取り


上の表は3歳春(良馬場)のデータに限定したもの。
下の表は古馬を含む中山1800mのデータとなっています。

一見してわかるとおり、圧倒的に先行有利。
6番手までの好位につけた馬までは一応対象として考える必要がありそうですが
後方からはほぼ無理と言っていいデータとなっています。

今回データを取った走破時計の速い方からの20レース中、
1~3番手につけた馬が3着以内に絡まないレースはゼロ
必ず何らかの形で馬券に絡んでいるということになります。
少なくとも軸は前の馬から選ぶべきだと考えられますね(^^)

今回の登録馬の内、後方からのレースをしてきているのは
・ベンチャーナイン
・サダムイダテン
・アイティトップ
・ドリームシグナル
(微妙)

これらの馬は騎手の判断で位置取りを変えてこなければ
結果を出すのは難しそうです。

ただ、はっきりした逃げ馬がいないだけにコーナーでの隊列は
かなり詰まった感じになりそうな予感・・。
果たしてどんなレースになるのか、楽しみですね♪

スプリングS(各馬分析2)  担【けん♂】

スプリングS(中山1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

アルカザン】(栗東) ダンスインザダーク×(Cormorant)
きさらぎ賞ではコーナーでほぼ同じ位置から追い出したレインボーペガサスに
0.2秒差、約1馬身突き放されて6着。
かなり長い脚を求められるレース内容だったので脚を伸ばしたことは
評価できますが、内容的には少し足りない面を見せてしまった印象です。
血統的にも脚質的にも中山が合うタイプではないので上昇を見込むのは
厳しそうですね。秋以降の成長に期待したい1頭になりそうです。

スマイルジャック】(美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
タニノギムレット産駒は末脚を活かすタイプが多く、腰が甘いのか中山を苦手に
している馬が多いわけですが(ココ参照)この馬は好位から脚を使える分
中山適性は高めだと考えられます。これまで複勝圏を外したことがない安定感
能力は今回のメンバーの中でも上位クラス。騎手の力量にも左右されそうですが
それなりに期待はできそうです。

フローテーション】(栗東) スペシャルウィーク×(リアルシャダイ)
2連勝を飾った萩Sの内容はかなり優秀だっただけにその後に期待されましたが
ラジオN杯ではスローペースを後ろから行って脚色が前と変わらず大敗。
休み明けのすみれSも好位から脚が鈍ってしまいました。
能力はここ2戦の内容以上のものがありそうなので騎手次第で見直し
あっても良さそうです。ただし、末脚は鈍さがあるので大きな期待は
しにくいかもしれませんね。

ベンチャーナイン】(美浦) エイシンサンディ×(コマンダーインチーフ)
弥生賞に引き続いて登録してきましたが・・・出てくるのでしょうか?(>_<)
騎手も後方から末脚を活かすしかない、と明言しているので
もし出てきても同じことの繰り返しになりそう・・・。
明らかに中山には不向きな脚質と言えそうです。
よほど展開が向かないと厳しいかもしれませんね。

サダムイダテン】(栗東) フォーティナイナー×(サクラユタカオー)
前走では圧倒的一番人気に支持されながらも後方から伸び切れずまさかの5着。
最後はシングンリターンズに突き放される感じがあり、使える脚は
かなり短いのかも
しれません。中山には初出走となりますが
これまでどおりの後方からの競馬ではおそらく届かずに終わりそう・・。
権利を取るような騎乗をしてくるかどうか、それに応える能力があるかどうか、
試金石になりそうですね。

アイティトップ】(美浦) マヤノトップガン×(コマンダーインチーフ)
中山で2勝、3着1回と適性が高そうに見えますが・・・内容はどれも
後半に前が崩れたもので、後方からの脚質で通用しているのは
展開がハマった感が非常に強いですね。丹内騎手が戻って、
これまでと同じ騎乗をするなら今回は相手関係上厳しいかもしれません。
能力はそれなりにありそうなので頑張ってもらいたいものです。

アサクサダンディ】(美浦) フジキセキ×(エリシオ)
若竹賞の内容はそれなりに高く、平均ペースで末脚を伸ばす展開ならば
位置取りからも上位に食い込む力は十分にありそうです。
前走の500万下の時計も前週に行われた共同通信杯とほぼ並ぶもので
力関係的には上位クラス。ただ末脚に鈍さがあるので突き抜けるまでは微妙かも。

シンワラヴ】(美浦) マイネルラヴ×(リンドシェーバー)
新馬戦は芝で勝利をあげていますが、内容は非常に低調
スローペースを好位で押し切っただけなので評価はできません。
ダート転向後の2戦は完敗に近い内容でしたが、前走の沈丁花賞は
同日に行われた古馬500万下と同タイムとそれなりの内容。
血統的に見ても距離延長がいい方向に出ることは考えにくく
いきなり芝の重賞でどうこう出来るとは思えません。

※重複登録もあり、繰り上がりが出てきそうですので
 追加の馬は決まり次第、考察をする予定です。

予想に必要なものは?  担【けん♂】

左のサイドバーでリンクを貼らせて頂いている「ウィークエンドの05」様では
位置取り指数という独自の指数を作って予想のシステム化を試しておられます。
昨年は
・左脳→位置取り指数によるデータ予想
・右脳→自分の感覚による経験予想


を並べて比較しておられたのが非常に面白かったです。
結果は・・・どうやらデータ予想のほうが回収率が高かったようですが(^^;

現在の左脳(位置取り指数)に右脳(経験、感覚)をミックスする
取り組みも非常に興味深いと思っています。

私は「勝つ馬には勝つ理由がある」と考えているので
こういう「理由付け」が面白いと思うんですよね(^^)

ただ、非常に複雑な要因が絡まっているのが実態なわけで
単純に答えが出てこないのも当然で・・・
データを元に論理を積み上げていく作業に個人のセンス
必要になると思っています。
まぁその作業が楽しいんですけどね(^^)

ちょっと脱線気味になるかもしれないのですが
麻雀に関してもシステムと経験則との対立がここ数年続いている感じです。

いわゆるデジタル派・・・経験則などを排除して牌効率重視で
その場において最も確率の高い打牌を選択していこうと考える人達・・・。
選択がある以上、確率上100%の正解はないわけで
何%かは不正解が出てきてしまいますが、それは仕方がないことだと
割り切って、70%の正解を確実に取りに行くという考え方。

オカルト派・・というと聞こえが悪いですが経験則を元に
確率を知った上で確率を超えようとする人達。
亜空間殺法(by故安藤満プロ)などが代表的な考え方でしょうか。
残りの30%もなんとかしてあがりたい、という
ある意味欲にまみれた(笑)考え方で、失敗すると
確率どおりの70%の正解を得られなくなるリスクを背負っています。

オカルト派の考え方は非常にアナログですが
これも「経験則」というデータを使っている点である意味
デジタル派にプラス1(マイナス1?)をしているだけとも言えますね。

競馬におけるシステム化もどこを目標にするかで
方向性が変わってくると思います。
レースに影響する要素は非常にたくさんあるわけで
全部を網羅するのは・・おそらく非常に難しいと思います。
で、全レースを通してある程度共通で重要な要素を重視することにより
システマチックに答えが出るようにするという手があるわけですが
これだと何割かは確実に失敗を折り込んでいることになります。

個人的にはこの残り何割かをどうにかする、という点に興味があります。
そのレース独自の重要な要因・・そういうものを見つけて
データの精度をあげていきたいと考えています。

それが、重馬場適性であったり、騎手データであったり・・・
はたまた馬体の確認や、ローテーションの異常、馬体重の推移なんかも
大きな意味を持つことがあると思います。

なかなか時間が取れなくて十分な考察ができていない近頃ですが
なんとか頑張って考察してバッチリ的中!といきたいものですね(^^)

※この記事はウマニティのウマフレンド、ハプスブルグさんから
 頂いたメッセージを元に書いております。
 ハプスブルグさんどうもありがとうございました♪

スプリングS(各馬分析1)  担【けん♂】

日曜日に所用があって終日外出していたために今週は大きく出遅れた感じ(^^;

今週の展望はひとまず割愛して、いきなり考察に入っていきたいと思います。
まずはクラシックへの切符を賭けた重要な一戦、スプリングS(中山1800m)
から見ていきたいと思います(^^)
今週もバタバタしておりますが、出来れば阪神大賞典も間に合わせたいですね。

ドリームシグナル】(栗東) アグネスデジタル×(サンデーサイレンス)
前走でもスタートが悪いという欠点が出てしまい出遅れ気味。
前崩れの展開になったことと末脚のたしかさで突き抜けましたが
中山のレースとなるとかなり不安な材料になりそうです。
岩田騎手は距離が伸びても大丈夫、とコメントをしていましたが
1ハロンの延長で末脚が使えるかどうかは微妙かも・・。
高いレース内容をクリアしているだけに能力には期待したいところですね(^^)

ショウナンアルバ】(美浦) ウォーエンブレム×(Great Commotion)
かなり高い能力のある馬ですが、気性に難があるためどこまで信用出来るかが
難しいところ(^^;これまでのウォーエンブレム産駒を見ても
突然パッタリ、ということがある印象ですので怖いですね。
共同通信杯ではハイペースの前崩れの展開で唯一好位から抜け出して押し切り勝ち。
前で粘る脚質なので中山適性は相当高く、能力的にはかなり抜けて上位だと思います。

レインボーペガサス】(栗東) アグネスタキオン×(デインヒル)
きさらぎ賞は緩まないペースでかなり長い脚を要求するレースとなりました。
久しぶりの芝レースでしたがペリエ騎手の完璧な仕掛けどころの選択もあって
いきなり重賞制覇。今後が楽しみです。
ただ・・・脚質的には中山が合うかどうかは微妙。
テンションが上がりやすいということで輸送のある関東でのレースも心配がありそう。

サブジェクト】(栗東) フジキセキ×(Dixieland Band)
現状では相当なスローペースでないと結果が出せない感じ・・・。
好位でレースを進められれば中山ではそれなりに期待できそうですが
クラシックのペースで通用する馬ではなさそうかと。

アポロドルチェ】(美浦) Officer×(Summer Squall)
アーリントンCでは誰もダンツキッスイに鈴をつけに行かず・・。
直線勝負に持ち込まれてしまった結果、末脚のキレで完全に他馬に遅れて
しまいました。これまで上位に入ったレースの内容は低く、評価はしにくい感じ。
いきなり距離の延長も厳しそうです。

レッツゴーキリシマ】(栗東) メジロライアン×(バイアモン)
temporalisさんのご指摘どおり、血統的に見ても距離延長は問題なし・・
のようです(^^)これまでのレースぶりを見ていても、キレはありませんが
スタミナで粘り切っている印象が強く、消耗戦になれば相当楽しみな馬
なってくれそうです。厳しいペースのレースを自ら作れるようになれば
一皮剥けてくるかもしれませんね。

キングスエンブレム】(栗東) ウォーエンブレム×(サンデーサイレンス)
中段もしくは好位から末脚を伸ばすスタイルでこれまでの5戦全て複勝圏に入る
安定感のある実績となっていますが末脚のキレに不足感があり、上位馬との
競い合いでは常に後塵を拝する結果となってしまっています。
スローペースの経験しかないこと、初の中山のレースという点で
不安が大きいですが、位置取り的には侮れない1頭になりそうです。

続きます。

※当初の記事では中山1800m2000mとしてしまっておりました(>_<)
 訂正及び、記事の修正をさせて頂きました。
 藤沢雄二さんご指摘ありがとうございましたm(__)m

中山牝馬S回顧 担【けん♂】

実績馬なのか展開なのか・・はたまた騎手か斤量か・・・
悩ましい要素満載だった中山牝馬S

予想は→ココ

結果は・・・
1着○ヤマニンメルベイユ  1.48.4  上がり35.7
2着 マイネカンナ      1/2
3着 キストゥヘヴン
4着×ニシノマナムスメ

6着▲コスモマーベラス
13△ニホンピロシェリー
15◎レインダンス

※全着順は→ココ

外枠に入ったシェルズレイは前走と同様、引っかかっての暴走はせず・・・
気性的にも変化が見られるようですね。
代わりに行ったのは外枠から寄せて行ったイクスキューズ

12.2-11.6-12.4-12.3-12.3-11.8-11.8-11.5-12.5
前半1000m 60.8
後半1000m 59.9

前半をスローでまとめて後半にペースを上げるパターン
中山1800mでは先行圧倒的有利のパターンとなります。

イクスキューズにとってこの舞台は最適・・・みたいな記事が
新聞などでもちょくちょく見られましたが、ボストンハーバー産駒
基本的に短距離適性が強く、1800m以上の勝ち星は
これまでの全ての産駒を合わせてみてもイクスキューズの新馬戦のみ。
年齢を重ねて血統的な適性に近くなっていくのであれば
イクスキューズもマイル以下の適性になってくる可能性が高そうです。
適距離・・・というのはとんでもない話なのではないでしょうか。

直線に入ってイクスキューズの脚色はすでに限界になり、
代わって前に出たのは2番手を追走していたヤマニンメルベイユ
力強く後続を突き放して独走態勢に入ります。

3番手を追走していたレインダンスも一気に失速・・・
予想でふれていた不安は本物になってしまいました。
夏も休まずに使われていたレインダンス・・・秋華賞ですら
使い過ぎではないかと言われていたわけで・・・エリザベス女王杯は
回避したものの、年末の鳴尾記念に▲14kgで出走して大敗。
どうやら疲労が噴出した・・・と見てよさそうです。
今回は休養を取って+8kgと少し戻してきましたが
一旦調子を崩した馬はなかなか調子を戻せないのが普通・・・特に牝馬は
なおさらです。残念ですがしばらくは厳しいかもしれませんね(>_<)

前でヤマニンメルベイユが止まらなかった点を見ても
今回のレースは明らかに先行、好位の馬が有利な展開。
しかし好位で少しでも粘れたのはニシノマナムスメだけ
後は総崩れの状態・・・レースレベル的にはかなり厳しいものを
感じます。

後方から襲い掛かる馬の中でも大外のマイネカンナの脚は別格!
1頭だけ次元の違う脚(34.4)で突っ込んで2着・・・。
うーん、残念ながらどこをどうひねっても私にはこの馬は買えません(>_<)
鞍上の位置取りは明らかに中山ではおかしな位置
たまたま馬の能力で届きましたが決して褒められた騎乗ではないと思います。

いろいろと含みのある形で終わった中山牝馬S。
評価を上げた馬より下げた馬が多かったのが残念です・・・。

レース後のコメント
1着 ヤマニンメルベイユ 柴山雄一騎手
「今日はスタートも思い通りでスムーズな競馬が出来ました。
折り合いもついて早目早目に動いていきました。前走から乗せてもらっていて、
今回調教から良い雰囲気だったので人気はありませんでしたが、
かなりチャンスはあると思っていました」


2着 マイネカンナ 吉田豊騎手
「じっくり行ってくれという指示で思った通りに行けました。
3~4コーナーでモタモタしていたが、最後は良い脚を使ってくれました。
ハンデにも恵まれましたね」


3着 キストゥヘヴン 幸英明騎手
「内が悪いので外へ出して最後よく伸びています。上位に来た馬とは斤量の差かな」

4着 ニシノマナムスメ 武豊騎手
「ポジションよく折り合いもついていたが、今日はのめる様な感じで、
ハンデも重かったのかもしれない」

フィリーズレビュー回顧

遅くなってしまいましたがフィリーズレビューの回顧です。

能力の面では抜けていると思われたエイムアットビップ
復帰戦の上に途中で熱発があったとのこと。
順調さを欠いていることが影響するのかどうか・・・。

予想は→ココ

結果は・・・
1着×マイネレーツェル  1.22.5  上がり34.9
2着×ベストオブミー     ハナ
3着 レジネッタ

5着○ビーチアイドル
6着△エイシンパンサー
7着▲マチカネハヤテ
10◎エイムアットビップ

※全着順は→ココ

外枠に入った上に、控える競馬を示唆していたエイムアットビップは
いいスタートを切ったものの、無理には行かずスーっと下げて
中段後方へ・・・。

代わりに前に行ったのはペプチドルビー、続いてエイシンパンサー。

12.1-11.0-11.7-11.9-11.6-11.8-12.4
前半800m 46.7

前半のペースは少し落ち着いて46.7。
エイムアットビップが引っ張れば46秒を切ることも考えられたわけで
比較的淡々としたペースとなりました。

馬群はそれほど縦長にならずにコーナーへ。
このペースでなら力のある先行馬の脚が止まらず先行有利になっても
おかしくありません
が・・・今回は残念なことに前崩れの展開。
エイシンパンサーはやはりこの距離では坂を乗り切るのは厳しかったようです。

外からマイネレーツェル、内を割ってベストオブミー。
ラベ、レジネッタなどの後方に控えた組も一斉に先頭に襲い掛かって
ゴール前は横一線!

中でもベストオブミー安藤勝騎手の騎乗は神業ですね(^^;

4コーナー映像
ベストオブミー

インベタを突いて、前に壁が出来てしまっているところから
進路をさらに内に取って行くベストオブミー。
隙間を抜けて最後はズバッと馬群を割って突き抜けてきました。
かなり根性がある馬という点も評価できますが・・・やはり騎手の腕が
大きい
のではないでしょうか(^^;

結局大外から差し切ったマイネレーツェルが1着。
ベストオブミーは2着に終わりました。

上位2頭は本番では乗り代わりがほぼ決定(>_<)
今回は展開も味方した印象ですが、それにしても見事な騎乗で
飛び込んできていますので乗り代わって同じ結果を求めるのは厳しそうです。
本番では・・・買いにくい馬になってしまいましたね。

レース後のコメント
1着 マイネレーツェル 池添謙一騎手
「今日はゲートを上手く出てくれました。
馬のリズムを大切に馬任せの競馬となったけど最後は良い脚を使ってくれました。
今日は権利を取らなければならない立場でしたから。
勝って権利を取れて良かったと思います」


五十嵐忠男調教師
「調教をやりすぎたとも思わないし、カイバも食べて落ち着いていましたが、
今日はギリギリの体でした。ただこれくらいの体で以前も好走していますし、
馬が自分で究極の仕上げをしたんでしょうか(笑)特に指示はしていませんが、
今日は本当に切れました。本番に向けて栗東で調整していきますが、
まずは体を戻すことです。
後は(池添騎手がトールポピーに騎乗するため)誰に乗ってもらうかですね」


2着 ベストオブミー 安藤勝己騎手
「終いはよく伸びているし、勝ったと思ったんですけどね。
正直硬さがあるのでダートの方が安心して乗っていられますが、
力をつけているし、たいした馬だと思います」


3着 レジネッタ 小牧太騎手
「一瞬は良い脚を使ったんですけど、ゴール前がちょっと甘くなってしまいました」

4着 ラベ 川田将雅騎手
「上手く外に出せましたし、人気馬を見ながらスムーズな競馬が出来ました。
終いよく伸びていますし権利を取れたと思ったのですが、
内から外から最後に来られてしまいましたね。残念です」


6着 エイシンパンサー 藤岡佑介騎手
「ゲートの出が良すぎてしまって、また外からかぶされた時に掛かってしまいました。
それでもよく粘ってくれていましたけど、うまくなだめてあげられませんでした。
内枠で前に馬をおいて競馬ができればまた違ったと思います」


10着 エイムアットビップ 福永祐一騎手
「乗った感じは悪くありませんでした。
休み明けの分テンションは上がっていたと思います。
ペースも速くなかったし、正攻法の競馬。それにしても今日は負けすぎだと思います。
熱発の影響があったとしかいいようがありません

中山牝馬S最終予想 担【けん♂】

中山牝馬Sについてまとめていきたいと思います。

出走枠順
中山牝馬枠順


これまでの考察
各馬分析→ココ
斤量負担分析→ココ
馬体について1→ココ
馬体について2→ココ
騎手データ分析→ココ
展開分析→ココ
追い切りについて→ココ

先行すると見られるシェルズレイが外目の枠に入って・・・
ややこしくなりました(^^;
コースの形状から言って先行するなら内枠が相当有利
微妙ですがヤマニンメルベイユ辺りがペースを握るゆったりした展開に
なる可能性が出てきましたね。
中山1800mはペースによって位置取りによる有利不利が
はっきり分かれる
コース。
ペースが落ちるのであれば先行馬からの流しが有効になりそうです。

今回の予想
◎レインダンス
○ヤマニンメルベイユ
▲コスモマーベラス
△ニホンピロシェリー
×ニシノマナムスメ

レインダンスはESPが発動しない限り(笑)ある程度前につけることが
出来そうです。血統的には中山が合うとは思えませんが実力的には一枚上
問題は昨秋の消耗から回復しているかどうか・・・。
馬体を見た感じでは大丈夫そうですが、まずはこのレースを見てから・・
ということになりそうです。あまり信用し過ぎるのは危険かも。

ヤマニンメルベイユはスローペースを作ることが出来れば
前での粘りこみは十分可能。あとはシェルズレイの動向次第・・という
ことになりそうです。馬場が湿ってくれたらもっと信用できるのですが・・。

コスモマーベラスの馬体は少々緩め。引退レースということで
ギリギリの仕上げはしてきていない感じがします。
外枠に入ってしまったのでただ回ってくるだけのレースになるかも
しれませんが、勝負に行くのであれば後藤騎手の手腕に期待。
上手く好位に取り付いてくれれば中山でのキレは優秀なものがある馬ですので
最後に一花・・・頑張ってもらいたいものです。

ニホンピロシェリーは脚質的に中山が合わないかもしれませんが
前で粘る展開になれば・・・。休み明けでどこまで仕上げてきているかが
ポイントになりそうです。当日の気配次第。

ニシノマナムスメはこの枠だと鞍上の性質(笑)から後方に
下げてしまいそうなのが不安点。馬体の仕上がりは良く見えましたが
追い切りが少々微妙。ペースが緩くなったときには届かずもあるかも。
能力面では上位なので押さえ候補でしょうか。

全てはシェルズレイ(内田博騎手)次第・・・(^^;
今後の牝馬戦線に大きく影響がありそうなレースですので
内容に注目したいですね♪

中山牝馬S(追い切りについて)  担【けん♂】

中山牝馬Sの追い切りについてふれておきたいと思います。

栗坂稍
ニホンピロシェリー 助手
52.0-37.9-12.5 一杯

レインダンス 助手
52.5-38.4-13.1 馬なり
53.4-38.8-12.7 馬なり 秋華賞前

コスモマーベラス 助手
53.2-38.0-12.1 一杯
52.0-37.7-12.7 一杯 京都牝馬S前
52.1-37.6-12.5 一杯 エリ女前

タイキマドレーヌ 金折
61.6-42.0-12.4 G前仕掛け
56.4-40.5-12.4 直線一杯

ニホンピロシェリーは長い脚が使えていていい雰囲気・・ただ
中山のレースなので長い脚の意味は?(^^;
レインダンスは終いがかなり緩め・・動きはいい感じだと思います。
コスモマーベラスはゆったり行って終いを伸ばす追い切り。
反応はかなりいいですね。
タイキマドレーヌは以前と変わらず緩い仕上げ。
・・にしても今回は緩過ぎ?終いの伸びも微妙です。

栗CW稍
シェルズレイ 助手
-----67.4-52.6-38.8-12.7 G前仕掛け

ニシノマナムスメ 助手
83.4-67.8-53.6-39.5-12.4 強め
80.6-65.6-51.6-38.5-12.4 強め 愛知杯前

シェルズレイは通常の坂路調教から変えてきましたね。
いつもは終いが14秒台になるほど鈍る馬ですがウッドコースに変更して
少しマシになった感じ。長い脚を使いつつ粘りも出てきたかも。
調教方法を変えたことがどう出るか注目ですね。

ニシノマナムスメは少し動きが鈍いかも。
終いの伸びはいいですが・・・。

栗DW稍
パーフェクトジョイ 助手
84.4-68.7-53.7-39.9-12.5 馬なり

美坂稍】
マルノマンハッタン 助手
51.5-37.5-12.3 強め

イクスキューズ 北村宏
51.6-37.9-計不 馬なり

南P良
マイネカンナ 吉田隼
65.0-50.8-38.1-12.7 馬なり

ヤマニンメルベイユ 柴山
67.5-52.5-39.3-12.8 馬なり

ハロースピード 助手
67.9-53.3-39.7-12.8 馬なり

キストゥヘヴン 助手
69.6-54.4-39.7-12.6 直線一杯
69.2-53.9-39.6-12.6 G前仕掛け 京都牝馬S前

キストゥヘヴンは追って伸びず・・・。

南D良
ヤマニンアラバスタ 江田照
65.7-51.6-38.4-12.6 一杯

アルコセニョーラ 柴田善
68.1-53.1-39.5-12.9 馬なり
66.6-52.2-38.4-12.2 抑え 愛知杯前

アルコセニョーラはかなり緩い仕上げ。終いもキレがなく・・・

南W良
ダンスオールナイト 中谷
70.4-54.6-39.8-12.4 G前仕掛け

フィリーズレビュー最終予想  担【けん♂】

フィリーズレビューについてまとめていきたいと思います。

出走枠順
フィリーズレビュー出走枠順

先行を期待したエイムアットビップは大外枠・・。
うーん、陣営のコメントどおり控える競馬を試してくるかもしれませんね。
マチカネハヤテ、マイネブリッツ、エーソングフォー、ペプチドルビー辺りが
ペースを握るかも。マイネレーツェル、ビーチアイドルもこの枠からなら
ある程度前で競馬をすることが可能になりそうです。

構造上、それほどゆったりしたペースにはなりそうもないですが
超絶ハイペースとまではいかずに終わりそうです(少し残念・・・^^;)

これまでの考察
各馬分析1→ココ
各馬分析2→ココ
各馬分析3→ココ
展開分析→ココ
有力馬抽出→ココ
騎手データ分析→ココ

エイムアットビップが先行するなら堅軸だと思っていたのですが
この枠順だと少々微妙。
ざっと考えてコーナーで先頭と3~4馬身差圏内にいないと
前を捉えるのは難しいかもしれません。
団子状態で先行馬が追い比べる外をどの馬がどれだけ追い込んでこれるか・・

今回の予想
◎エイムアットビップ
○ビーチアイドル
▲マチカネハヤテ
△エイシンパンサー
×マイネレーツェル
×ベストオブミー

それでもエイムアットビップを本命としたいと思います(^^;
能力的には断然・・・じゃないかと。
スピードの違いであっさりハナを切ってくれれば問題ないですし
後方からでも阪神を比較的得意にしている福永騎手の手腕を信頼してみたいと
思います。好結果を出して桜花賞につなげてもらいたいですね。

ビーチアイドルはかなりスピードに偏った馬で、ハイペースの
消耗戦を前で粘りきるような競馬をすれば能力が活かせそうです。
岩田騎手はこの条件では相当高い実績を残していますので
コースに合った騎乗を期待できるのではないでしょうか。

マチカネハヤテは実績的には一枚落ちる感じですが
血統的にもハイペースの消耗戦には強そうな感じ。
この枠からなら前に行って粘る競馬が出来そうです。

エイシンパンサーは1400mまでなら安定感のある馬ですね。
好位から脚を伸ばすいつもどおりの競馬が出来れば堅実に上位に
絡んできそうです。ただ・・短距離色が濃い感じなので阪神1400mでは
最後に少し息切れしてしまうかも・・。

マイネレーツェルはハイペースに強く、前で粘る競馬をさせたら
それなりに能力を発揮できそうです。池添騎手の阪神適性も高く
展開に合った位置取りと仕掛けを期待したいと思います。
決め手勝負になると分が悪いので連下候補でしょうか。

ベストオブミー安藤勝騎手はこの条件での穴騎手としては最強クラス
馬の状態が普通であれば押さえておかねばならない騎手だと思います。
ダートの実績的には相当高いレベルにある馬ですので
その能力が芝でも活かされるなら非常に楽しみな1頭ですね。
ただ・・フリオーソの例もあり、芝ではサッパリ・・ということも
十分にありえますので過剰な期待はしにくいかも(^^;

内容によっては桜花賞につながって行くレース。
高い内容のレースになってくれることを期待しています(^^)

中山牝馬S(展開分析)  担【けん♂】

中山牝馬Sについて考えてみたいと思います。

枠順発表の前なので微妙ではありますが、おそらくハナを切って行く馬は
シェルズレイだと考えられます。
今回は内田博騎手との初コンビ・・・果たしてどのような騎乗を見せるのか
気になるところですね(^^)

これまでにシェルズレイがハナを切ったレースの1000m通過タイム
見てみると・・・

京都1600m 60.4 ※重馬場
中京2000m 59.1
京都2000m 58.0
阪神2000m 58.0
京都2200m 57.4
中京2000m 58.3

コース形態によって差はあるものの、基本的には前半からぶっ飛ばして行く
であることがわかります。2200mで57.4なんてのはありえない
ハイペースですよね(^^;
しかし、昨秋辺りから少し落ち着きが出てきているのか、
それとも馬体増による影響なのか、多少前半のペースを落とす傾向が
出始めています


中山1800mはスタートしてすぐにカーブがあるため
内枠の馬が先行するには有利になります。

カーブの入り口は上り坂ですが、出口からはダラダラと長い下り坂。
ここが非常に大きなポイントとなっていて、逃げ馬の脚質次第で
11秒台が続く締まったレースになったり、12秒台中盤にまで落とす
ゆったりしたペース
になったり、と極端に傾向が分かれてきます

締まったペースになった場合は、基本的に先行馬は脚を使い過ぎになってしまい
後半になると失速傾向。馬群はグッと縮まって直線に入ることになり、
差し馬が台頭してきやすい展開となります。

前半をゆったり行ければ、後半になってもペースを落とさずに
引っ張ることが可能。
後傾ラップになると後方の馬は前に押し上げて行くことが出来ず、
隊列はある程度長いままで直線に入ることになります。
こうなると後方からの馬はほとんど届くことはなく、先行有利な傾向
なると考えられます。

4コーナー位置取りと着順の関係:ペース別
中山1800mペース別

過去のデータ上でもペースによって傾向が変わることがはっきりと
数字に表れています。
前崩れなのか、先行押し切りなのか・・・結局これは
シェルズレイ、内田博騎手次第ということになってきますね(^^)

以前のシェルズレイなら迷うことなく前傾ラップになると
考えられましたが・・・現状ではまさかまさかのスローペースもあるのかも?
鞍上が名手なだけに気分に任せて行くだけ行く、みたいな競馬は
してこないかもしれませんね(^^;うーん、悩ましいところです・・。

フィリーズレビュー(騎手データ分析)  担【けん♂】

続いてフィリーズレビュー(阪神1400m)騎手データです。

ひとまずエイムアットビップに先行してもらいたいレースではありますが
3歳牝馬ということで脚質も安定していないことがあり、
展開の想定が難しいレースになりそうです。

内回りということで、先行馬が力を残して直線に入ってしまうと
後方の馬は逆転がほぼ不可能。
馬の脚質だけでなく、騎手の位置取り、仕掛けどころはこのレースでも
かなり重要なポイント
になってきそうです。

フィリーズレビュー:騎手データ
フィリーズレビュー騎手データ


おそらく1番人気になると想定されるエイムアットビップの福永騎手
自身の実績の中ではかなり阪神を得意にしている騎手です。
この距離での信頼度も非常に高く、軸としてはかなり堅い感じですね。
ただ・・重賞での信頼度が低いのが玉に瑕かも(^^;

ラベの川田騎手は・・実質複勝圏率で見ればそれほど阪神が苦手ではない
わけですが人気を背負っての安定感を考えると他の騎手にかなり遅れをとっている
というデータ。人気薄ではどうにもならない騎手のようなので実力馬に騎乗する
こと自体はプラスになりそうですが・・・。

エーソングフォーはどのくらい人気するか微妙ですが
四位騎手は阪神では堅実な騎乗が目立つタイプのようです。
ペースが遅くなってこの馬が前に行けるのであればいいですが
置かれてしまうようだと外を回すロスが響くかもしれません。

レジネッタもある程度人気を背負いそうな馬ですが・・・
小牧騎手はこの条件ではかなり厳しいものがあるようです。
重賞では穴を開けるタイプの騎手ですがここは狙いどころではなさそうですね。

阪神実績という面では安藤勝、岩田、池添騎手が上位。
安藤勝騎手は京都に比べると阪神は少しだけ実績低下となっていますが
それでも実質複勝圏率の高さは驚異的(^^;
阪神ではどちらかというと穴馬率の高さが注目点ですので
ベストオブミーは穴馬候補としては非常に面白い存在となりそうです。

岩田騎手も阪神では安藤勝騎手に並ぶほどの実績。
安定感の面ではむしろ上かもしれません。
ビーチアイドルは能力的にはかなり高い馬ですし、
人気薄でも押さえたい1頭になりそうです。

池添騎手も上位2名には劣るものの、阪神巧者ですね。
阪神での穴馬率も高く、侮れない印象・・・ただ距離の面と
重賞での穴馬率にはかなり不足感があるので果たして今回はどうでしょうか・・。

まとめ
・エイムアットビップは堅軸候補
・ラベ、エーソングフォー、レジネッタは信頼度に欠けるかも
・穴馬候補はベストオブミー、ビーチアイドル。マイネレーツェルも魅惑

中山牝馬S(騎手データ分析)  担【けん♂】

中山牝馬S(中山1800m)に騎乗予定の騎手データについて見ていきたいと
思います。

※各騎手のデータに関しては→ココ(騎手データ索引)

中山でのレースは騎手の駆け引き、能力によって大きく左右される傾向があると
考えられます。今回はおそらく前傾ラップの消耗戦
後半に隊列がグッと縮まる展開が想定されますので騎手の位置取り、仕掛けどころ
などは結果に大きく影響を与えそうです。

中山牝馬S:騎手データ
中山牝馬S騎手

総合力では武豊騎手、横山典騎手、蛯名騎手、後藤騎手辺りが上位となります。
武豊騎手は騎乗回数が少なめですし中山適性という面では横山典騎手
No1と言えそうです。

ダンスオールナイトは期待出来そうですが、データ的には横山典騎手は
中山では人気薄を連れてくるタイプではないのが微妙。

人気どころのニシノマナムスメ、レインダンスは騎手の能力的にはバッチリ・・
うーん、堅い軸なのかも?あとは馬の状態次第ですね。
イクスキューズの北村宏騎手も人気を背負っている場合はある程度堅実です。

人気薄の馬については中山実績、距離実績に関して両方の項目で穴馬率が高い騎手は
今回は見当たらず・・・あえて穴騎手候補を挙げるとしたら
後藤騎手、吉田隼騎手、柴田善騎手でしょうか。
後藤騎手は中山巧者ですし、2月度のデータでは確変中(笑)
コスモマーベラスも中山巧者の騎手とのコンビだと結果を出していますので
侮れません。
吉田隼騎手は前回もプレミアムボックスで穴を開けており、
中山では期待できる騎手だと思われます。
柴田善騎手は・・・中山でこその騎手だと思われます(^^;
ただ腰に不安がある騎手だけに後方からの馬だと・・・

まとめ
・レインダンス、ニシノマナムスメ、イクスキューズは堅軸候補
・ダンスオールナイトは騎手の力量的には狙ってみたいが人気薄での実績は微妙
・穴候補はコスモマーベラス。タイキマドレーヌ、アルコセニョーラも魅惑

嘘をついているのは誰?  担【けん♂】

【正直な申告は逆効果と北朝鮮 拉致引き合い、米に】

 【ジュネーブ13日共同】
北朝鮮の「すべての核計画申告」で争点となっているシリアへの核協力問題について、
北朝鮮高官らが拉致問題と日朝関係を引き合いに、
正直な申告は米国との関係改善に逆効果との認識を米側に伝えていたことが13日分かった。

 また、高濃縮ウランによる核開発疑惑とシリアへの核協力という2つの争点について、北朝鮮高官らは申告から「切り離すべきだ」と表明、今年秋の米大統領選の結果を見守る構えも示したという。いずれも複数の米朝関係筋が明らかにした。

 シリアとの核協力について北朝鮮が拉致問題を教訓にしていることを認めたことや2争点の申告と米大統領選の行方を絡ませる姿勢を示したことが分かったのは初めて。

 ジュネーブでの13日からの米朝協議で核申告問題の打開を図るには、米国が北朝鮮の警戒感を解消できるかどうかが一つの鍵になりそうだ。2008/03/13 17:40 【共同通信

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「拉致問題を正直に白状したから日朝関係がゴタゴタしている」
のではなく、拉致問題という犯罪行為を行ったことが大きな問題だという事が
わからないんでしょうか(-_-;)
何を棚に上げて・・・(怒)

そのうえ証拠を偽造したりして往生際が悪い態度を取っていることが
事態を長引かせているわけで、どこに問題があるかは一目瞭然。

言うに事欠いて「正直な申告は関係改善に逆効果」って・・・\(◎o◎)/!
自らの嘘つきですって自己申告してどうすんのかと(笑)

ということでもう一本。

【北朝鮮は次世代アジアの虎、欧州企業連合会会長】


ハノイ6日聯合】2002年から北朝鮮・平壌で活動している欧州企業連合会(EBA)のフェリックス・アブト会長が、北朝鮮を「次世代アジアの虎」と称し注目を集めている。
 北朝鮮・スイスの合弁会社、ピョンス製薬などを運営するアブト会長は6日、ベトナム・ハノイで現地のEBA会員らを対象にした懇談会に参加し、
北朝鮮は体制が安定し、優秀で勤勉な人材、政府の柔軟な態度と支援豊富な資源などがそろった、住みやすく起業しやすい国」と述べた。
北朝鮮は海外メディアが報じているように閉鎖的な国ではなく、多くの中国・欧州企業家らがすでに事業を行っていると紹介し、政府や外資系企業の投資と企業運営に必要な法案などが他国と同様に整っていると強調した。平壌の場合、公園やゴルフ場などのレジャー施設はもちろん、情報通信など各種インフラも比較的整備されていると評価している。ただ、北朝鮮は今でも貧しい国として知られ外国の投資が少ないため、海外との交流が活発でなく便宜施設が不足しているとも指摘した。

 一方、そのように条件が良くてもなぜ北朝鮮住民が脱北するのか
と問われると、
「正確な状況は分からないが、もっと良い生活を求めて脱北するのでは
と答えた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「オレは仕事もバリバリこなすかたわらで嫁さんにも優しくて、
 家事も育児も手伝っているし、給料も全部嫁さんの自由だし、
 酒も煙草もギャンブルもしないし浮気なんてもってのほかだし
 理想的な旦那さんだと思うよ」

「じゃあなんで奥さんに逃げられたんだい?」

「よくわからないが・・・もっと良い男を求めて離婚したんじゃないかな」

語るに落ちた典型例。お後が宜しいようで・・・(爆)

中山牝馬S(馬体について2) 担【けん♂】

中山牝馬S出走馬の馬体について、第2弾です。

【キストゥヘヴン】
(ヴィクトリアマイル)
キストゥヘヴンVM

(安田記念)
キストゥヘヴン安田記念

(中山牝馬)
キストゥヘヴン中山牝馬

元々馬格のない馬ですが、少し腹回りが細く見えます。
筋肉量もちょっと低下気味・・・かも。
お尻の辺りは一回り小さくなった印象です。
冬毛の影響でハリの面ではイマイチに見えますが
立ち姿のバランスが良く、体調面に問題はなさそうです。

【コスモマーベラス】
(05ヴィクトリアマイル)
コスモマーベラス05ヴィクトリア

(マーメイドS)
コスモマーベラスマーメイド

(中山牝馬S)
コスモマーベラス中山牝馬

かなりガッチリとした筋肉の持ち主ですが
今回は冬毛の影響もあって、メリハリの面ではかなり微妙。
腿の辺りの筋肉も萎み気味ですし、腕回りの盛り上がりにも
欠けています。全体的にちょっとモッサリした雰囲気。

【ヤマニンアラバスタ】
(06関屋記念)
ヤマニンアラバスタ06関屋記念

(06新潟記念)
ヤマニンアラバスタ06新潟記念

(中山牝馬S)
ヤマニンアラバスタ中山牝馬

だいぶ以前の写真との比較になります。
06年の関屋記念の写真を見ると某巨大掲示板に
ヤマニンアラバスタたんが可愛すぎる件について
なんてスレが立つのもわかる気がしますね(^^;
雪花石膏(アラバスター)のような毛ツヤはだいぶ白さを増して
きており、肌のハリの面でもイマイチ。
体全体の伸びやかさにも欠けており、状態が良いとは言えない感じです。

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

中山牝馬S(馬体について1)  担【けん♂】

中山牝馬S出走馬の馬体について見ておきたいと思います。

【レインダンス】
(秋華賞)
レインダンス秋華賞

(エリ女)※出走取り消し
レインダンスエリ女

(中山牝馬S)
レインダンス中山牝馬

本当は▲14kgとなった鳴尾記念の写真があると良かったのですが・・。
休養を挟んで筋肉はほぼ完全に戻っている様子。
グッと締まってハリのある馬体に見えます。
状態はかなり良いのではないでしょうか。
腹回りが少し緩めに見えますので最後にビッチリ追えば仕上がると思われます。
問題は精神面でしょうか。

【ハロースピード】
(06阪神JF前)
ハロースピード阪神JF

(オークス)
ハロースピードオークス

(中山牝馬S)
ハロースピード中山牝馬

冬毛の影響で少し肌ツヤが鈍く見えますが問題ない範囲。
かなり間が空いた写真ですが大きな変化はない感じ・・
相変らずバネのありそうな雰囲気です。
腕回りの筋肉に少しハリがなく感じるのが不安ですが
おおむね良くも悪くもないくらい・・。

【イクスキューズ】
(ラジオN賞)
イクスキューズラジオ

(クイーンS)
イクスキューズクイーンS

(中山牝馬S)
イクスキューズ中山牝馬

胸回りに幅が出てきてガッチリしてきています。
クビ差しも少し力強さを増した雰囲気。
冬毛の影響もあってか、少し筋肉のメリハリの面では
不足感を感じます。休み明けの分、ちょっとぼんやりして
しまっているのかも。

【ニシノマナムスメ】
(07フィリーズレビュー)
ニシノマナムスメ07フィリーズレビュー

(中山牝馬S)
ニシノマナムスメ中山牝馬

かなり間が空いた写真となってしまいました。
胴が伸びて体のバランスが良くなっている感じ。
元々ギュッと詰まったようなバネのある筋肉をしている
印象ですが、成長してもその良い点は失われていませんね。
特に上半身は筋肉の付き方がスムーズになった感じ。
力強さを増しています。
腹回りは丸みを残しながらスッキリと締まっており
状態はかなり良さそうですね。

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

中山牝馬S(斤量負担分析)  担【けん♂】

中山牝馬S(中山1800m)について見ていきたいと思います。

このレースはハンデ戦ということで斤量負担に大きく差があり、
馬格の小さな馬にとっては大きく影響してくる可能性があります。

斤量はその重さだけでなく、距離気質、そしてその馬の馬体重によって
感じる負担量が変わってきます。

ということで、今回は実質斤量負担(斤量÷馬体重:斤量が占める割合)を
チェックしてみます。

実質斤量負担は12%を超えると危険水域13%を超えるとレッドゾーンだと
考えられます。
※斤量については「ガラスの競馬場」様のメルマガを参考にしています(^^)

もちろん馬によって斤量をものともしないパワー溢れる馬もいますし(^^;
微妙な増加でダメになってしまう斤量に敏感な馬もいますので
単純な横比較で全てが決まるわけではありません。
斤量は基本的に軽いほど有利ではありますが、軽いから結果が出る・・と
言うわけではないようです。

実質斤量負担:中山牝馬S
中山牝馬斤量

レッドゾーンの馬
・キストゥヘヴン

前回も相当厳しい斤量でしたがなんとかこなしています。しかし更なる増加は・・

斤量負担が増えて危険水域に入った馬
・ニシノマナムスメ

前回勝っていないのに見込まれ過ぎ・・と陣営も愚痴をこぼしているようです(^^;
54kgまではこなしていますが、55kgは初斤量・・・上昇は期待できないので
順位を上げるのは難しいかもしれませんね。

前回結果が出ていないのに実質斤量負担が据え置き、もしくは増加している馬
・アルコセニョーラ
・ヤマニンアラバスタ
・イクスキューズ
・レインダンス
・マルノマンハッタン


レインダンス、イクスキューズはもっと重い斤量でもこなしているので
おそらく問題はないと思われます。アルコセニョーラも54kgでの
好走経験があり大丈夫そう。ヤマニンアラバスタも過去を遡れば充分に
こなせる斤量だと思いますが現状の状態でなぜ負担が増えているのかは疑問(>_<)

斤量負担は減っているが前回の結果から上昇を期待し過ぎるのはどうか?という馬
・コスモマーベラス
・タイキマドレーヌ
・シェルズレイ
・エリモファイナル


コスモマーベラスは56kgまではこなしていますが・・・微妙。

斤量負担が減って上昇を見込めそうな馬
・マイネカンナ

かなり厳しい危険水域で4着・・・今回は大きく負担が減っており
上昇が見込めそうです。

前回結果が出ているのに斤量負担が減っている馬
・ハロースピード
・ニホンピロシェリー
・ダンスオールナイト
・ヤマニンメルベイユ


ハロースピードは前回危険水域で勝っているのに今回は危険水域脱出。
かなり斤量面では助かった感じです(^^)
ニホンピロシェリーも勝っているのに微減。
ダンスオールナイト、ヤマニンメルベイユもかなり恵まれた印象。
上昇があってもおかしくなさそうです。

中山牝馬S(各馬分析)  担【けん♂】

フィリーズレビューがある程度絞り込めそうな感じなので(本当か?^^;)
古馬重賞の中山牝馬S(中山1800m)についてもふれておきたいと思います。

すでに何度も考察を重ねてきている実績馬なので、まずは簡単に
各馬分析をしたあとに有力馬に絞り込んで内容を見ていきたいと思います(^^)

アルコセニョーラ】牝4(美浦) ステイゴールド×(モガンボ)
近走は後方からの競馬になりがち。瞬発力があり荒れ馬場に強い点は評価できますが
展開が合うかどうか?

コスモマーベラス】牝6(栗東) フジキセキ×(Nijinsky)
中山巧者、というか中山が得意な騎手とのコンビなら好位から末脚が使えるので
安定して好成績をおさめることが出来ています。条件は良さそうですね。

レインダンス】牝4(栗東) ダンスインザダーク×(Bob Back)
好位から末脚を使える能力馬。実績、実力では上位でしょう。
前走は▲14kgと夏からの消耗が噴出した感じだったのでどこまで立て直してこれるか。
末脚の伸びがいい馬なので脚質的には中山は疑問かも。

ニシノマナムスメ】牝4(栗東) アグネスタキオン×(Majestic Light)
昨秋から本格化傾向。好位から末脚が使え、一瞬の瞬発力があるので
直線が短くても抜け出すことが出来ます。位置取り次第で上位は堅いかも。

イクスキューズ】牝4(美浦) ボストンハーバー×(Majestic Light)
前走は休み明けで▲12kgと調整失敗の感。馬場状態も合わなかったですね。
先行気味に行って脚が使える馬なので中山は合いそうです。
体調が回復していれば有力。ただし血統的には本来1800mは少々長いかも。

パーフェクトジョイ】牝5(栗東) ステイゴールド×(ミルジョージ)
ペースが上がると後方に置かれてしまう傾向。
前につければ展開が合いそうですが、現在の力関係では微妙。

タイキマドレーヌ】牝5(栗東) ブライアンズタイム×(Caerleon)
速いペースへの対応力もそれなりにありますが、末脚が鈍いので
上位馬相手では通用せず・・。重賞で活躍するにはもう一皮剥けないと・・。

キストゥヘヴン】牝5(美浦) アドマイヤベガ×(ノーザンテースト)
重めの馬場に適性があるので週末の雨が残るようなら期待度アップ
適性外の距離を走ることが多かったので成績が微妙ですが1800mまでなら
充分に上位の可能性がありそうです。

ヤマニンアラバスタ】牝7(美浦) ゴールデンフェザント×(タマモクロス)
コーナーが広く、直線が長い競馬場向きの馬。
中山適性は相当低そうかと・・。

シェルズレイ】牝5(栗東) クロフネ×(ウイニングチケット)
前走は異例とも言えるスローペースで先行しましたが、末脚はやはり残らず。
冬場で馬体が絞りきれていない感じがあるのでマイナス体重が最低条件
なりそうです。脚質的には中山向きだと思いますが・・・。

ハロースピード】牝4(美浦) マヤノトップガン×(Secretariat)
後方から末脚を伸ばすタイプなだけに中山適性は微妙
血統的にもこれから上昇が見込める馬なのでこれからの活躍に期待したいです。
末脚の爆発力はメンバー中でも最上位クラス。上手くハマれば・・・。

マルノマンハッタン】牝4(美浦) マンハッタンカフェ×(カコイーシーズ)
地方のダートから芝に戻ってきましたが・・・連続二桁着順
今のところ推せる材料はまったくないかと・・。

ヤマニンメルベイユ】牝6(美浦) メジロマックイーン×(サンデーサイレンス)
スローペースを番手で追走するスタイル。重馬場適性が高いので馬場状態に
よっては粘りこみがあってもおかしくないかも。ただしペースが上がると
厳しい
のでシェルズレイの動向次第・・。

ダンスオールナイト】 牝5(美浦) エルコンドルパサー×(サンデーサイレンス)
末脚に力がある馬で、基本的に直線が長い競馬場でしか結果が出せていません。
ある程度好位からでも脚が使えるので展開次第では面白そうな上がり馬かも。
重馬場適性の高さも好感

ニホンピロシェリー】牝4(栗東) アドマイヤベガ×(シンボリルドルフ)
芝に戻っての初戦となったローズSでも5着と相手関係を考えれば相当な好走。
半年の休養明けというのが問題ですが、能力は高いものがありそうです。
血統的に重馬場適性にも期待出来そう。


うーん、かなり伏兵が揃った好レースかも(^^)
天気次第で重馬場適性も影響しそうですし、斤量ハンデも大きく影響しそう。
騎手の能力も関わってきそうですし・・・荒れそうな予感も??

フィリーズレビュー(有力馬抽出)  担【けん♂】

フィリーズレビューについて見ておきたいと思います。

ソーマジックアネモネ賞に向かうことになり、抽選枠が広がりました。
実はちょっと楽しみだと狙っていた馬だけに残念です(^^;
繰り上がりの馬については発表があり次第考察したいと思います。

ひとまず各馬分析が終わって見渡した感じでは・・・メンバーは低調気味な印象
人気の偏り方によっては荒れるレースになるかもしれません。

ザクッと有力馬を抽出しておきたいと思います。

かなり期待出来そうな馬
エイムアットビップ

ハイペースに対応力がありそうなな馬
エイシンパンサー(直線の坂は微妙
ビーチアイドル(前に行ければ
マイネレーツェル(決め手に不足感
マチカネハヤテ(距離微妙、力関係微妙

能力はありそうだが不安点のある馬
ベストオブミー(芝適性に疑問
ラベ(ペースが上がって後方からになりそう
エーソングフォー(ハイペースへの対応力は疑問
レジネッタ(ハイペースは合わない
ミゼリコルデ(芝適性に疑問

これまでのレースぶりから言えば・・・正直エイムアットビップには
負けてもらいたくない感じ(^^;
あくまで個人的な印象ですが、前から行っても後ろから行っても
今回は能力的に抜けているのでは・・・。
中間に熱発があったなど不安材料はあるものの、
ここはスッキリとクリアしてもらいたいものです。

展開分析で触れたとおり、先行、好位追走型の馬が展開上有利になりそうです。
エイムアットビップが行けばもちろんの事、そうでなくても
構造上それなりに前半のペースが速くなりそうですので
ハイペースを前で追走する能力、ということを重視してみたいと
考えています。
すでに実績のあるエイシンパンサーや、古馬並み、古馬以上の時計への
対応力があったビーチアイドル、マイネレーツェル、マチカネハヤテ
枠順にもよりますが、前につけることが出来れば楽しみな存在に
なってくれそうです。ただしどの馬も決め手に欠けている印象なので
イメージとしては粘りこむタイプ・・・末脚をどれだけ維持できるかが
ポイント
になりそうですね。

ある程度人気しそうなラベ、エーソングフォー、レジネッタなどは
逆に展開が合わない可能性がある危険な人気馬候補ではないかと(^^;

不安点のある馬の中ではベストオブミーがかなり不気味です。
前走のダート戦の内容が非常に高かっただけに、芝でも今なら・・
という期待感があります。
ただ、ブライアンズタイム産駒のダート適性の高い馬というと
現在大活躍中のフリオーソですら芝ではサッパリだったわけで
どうしても信用に欠ける部分は否めないですね(^^;
今回の場合は道中のペースを考えても、芝のハイペースのレースとなると
敷居が高い感じもあります。
どんなレースが出来るのか注目したいと思います(^^)

ミゼリコルデは馬体が充実していますね(^^)g
藤沢雄二さんのオススメ馬、今なら芝でも?

フィリーズレビュー(展開分析1)  担【けん♂】

フィリーズレビューについて見ていきたいと思います。

★阪神1400mの構造について

阪神1400mは向こう正面のポケットからスタート。
最初の直線は平坦で約500mほどあるので、思い切って行きたい馬がいれば
前半のペースはかなり速くなることもありえます
(2ハロン目10.6、3ハロン目10.9と10秒台が続くレースもあります)

形が決まってしまうとその後はカーブ、下り坂に入ってしまうので
後方から位置取りを変えて行くのは相当難しいと思います。
その点では内枠の先行馬が有利
外枠の先行馬はスタートである程度気合を入れて前に行かねば
後ろに置いていかれてしまうかもしれません。

カーブに入ってすぐに下り坂、高低差約2mを600mかけて
下っていくことになります。
4コーナーも下りながらのものになるので後方の馬は大きく外を
回される
ことになりますね。
減速するタイミングがないので、後半は息を入れられないペース
前半が厳しい場合は特にキツイ消耗戦になります。

直線の最後に高低差2mの上り坂、余力のに先行馬はここで脚が止まってしまい、
差し馬が台頭する、という展開にもなりやすいと思われます。

4コーナー位置取りと着順の関係】
阪神1400m

今回取ったデータでは20レース中、コーナーで1~3番手につけた馬が
まったく絡まなかったレースが3レース
だけ。
傾向としてはやはり1~3着までに何らかの形で先行馬が紛れ込みやすいようです。

今回のレースで先行すると考えられるのはエイムアットビップ
この馬が行くのであれば前半が相当速くなります。
前半800m通過はおよそ46秒を切るくらいが想定されますね。
・・ただ陣営が折り合いをつけることを重視しているようで
あえて阪神JFのときのように控える競馬を試す可能性も無きにしも非ず・・。
個人的にはレースレベルの向上のためにも思い切って行ってもらいたいわけですが
こればかりはわかりません・・。
場合によっては2本立ての予想にした方がいいかもしれませんね(^^;

阪神1400m:ペース別
阪神1400mペース

前半が速い消耗戦になった方が前崩れになりやすいように思いますが
実際には全般的に先行(好位)有利の傾向は高まるようです。

阪神競馬場の内回りの直線は356.5mと短く、急坂もあるため
末脚のキレを活かす展開にならない方が前の馬に有利になる・・と
考えられます。

阪神競馬場:芝の状態

これまでに行われた阪神競馬場の芝レースについて最速から3番目までの
上がり3ハロンを平均して並べてみました。
阪神芝状態


無論ペースや展開にもよるわけですが芝状態はかなり良さそうですね。
33秒台の末脚が出るような芝ではありませんが内回りでも
34秒台後半くらいの脚は使えそうです。

問題は先行馬の末脚・・・。
阪神内回りでは上がり3ハロンが0.1秒違っても約0.4馬身しか縮まりません。
仮に前の馬が35.3の脚を使うのであれば追い込む馬が34.8の脚を
使っても2馬身程度の差しか縮めることが出来ないという計算

果たしてどの程度脚が鈍ってくるのか・・・
いずれにしろコーナーで先頭と3~4馬身差圏内にいないと
手も足も出ない公算が高そうですね(^^;

フィリーズレビュー(各馬分析3)  担【けん♂】

フィリーズレビュー(阪神1400m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

マチカネハヤテ】(栗東) サクラバクシンオー×(ベリフア)
かささぎ賞の勝ち時計は同日に行われた古馬500万下と同タイム
それなりにスピード能力はあるようですが、距離延長となった
エルフィンSでは11着と大敗。かなりのスローペースでも脚が鈍っているだけに
使える距離はかなり短そうですね。1400mは血統的にもギリギリのラインかも
しれません。末脚にキレがあるタイプではないのでハイペースを前で粘りたい
馬ですが、上位馬相手にどこまでやれるか・・。

ミゼリコルデ】(栗東) Fasliyev×(Unfuwain)
芝では余程のスローペースでないと前に行けず、後方からの末脚にも
キレが感じられませんでしたが、雪によりダート開催に変更になったこぶし賞では
前で最速の脚を使う大圧勝。勝ち時計もなかなか優秀・・・どうやら
ダートのほうに適性があるのかもしれませんね。
芝に戻っても現状では後方に置かれる公算が高く、厳しいかも・・。

ラベ】(栗東) ダンスインザダーク×(Miswaki)
2戦目の500万下(阪神1400m)では少し遅めのペースで前が残る展開を
強引に後方から差し切り勝ち。かなり強い内容でした。
続く紅梅Sでも超スローペースを後方から行ってしまい、前が止まらず
まったく届かず(涙)。前走のエルフィンSはさらにスローになった流れを
前に詰めて行って2着に食い込みました。
末脚の伸びがある馬ですがペースが上がって後方からになった場合に
届くかどうか
。馬格がない馬だけに外を回すコース取りになるのも
ロスになりそうです。

リマレックス】(栗東) アグネスタキオン×(ポリッシュネイビー)
秋口まではスローペースを好位で残りきれないレース続き。
4ヶ月の休養明けの前走では距離を短縮して前で粘り切りましたが
内容、相手関係的に見てもそれほど高い評価は出来ません。

レジネッタ】(栗東) フレンチデピュティ×(サンデーサイレンス)
阪神JF前の考察でふれたとおり、前半が速いペースだと脚が止まる傾向
ある馬です。復帰戦となったエルフィンSは得意のスローペースで3着に
食い込みましたが、果たして成長があったのかどうか。
減り続けていた馬体重は+12kgと回復傾向なのは好印象。
今回の展開には合わない可能性が高そうです。

フィリーズレビュー(各馬分析2)  担【けん♂】

曇っていた影響もあってか昨日は暖かい一日でした。
でもなぜか背筋がゾグゾグ・・・風邪かも??(>_<)
うーん、今倒れるわけにはいかないんですけど・・・。

フィリーズレビュー出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

エイシンパンサー】(栗東) コロナドズクエスト×(メジロライアン)
かなり速いペースにも対応力がある馬。
年明けからはダートに転向して好成績をおさめており、方向としては
芝よりもダートの方が安定感があるかもしれませんね(^^;
微妙にスタミナ面に心配がある感じで1400m辺りだと直線に
坂がない方がいいのかも。

ソーマジック】(美浦) シンボリクリスエス×(Fairy King)
前走で芝に初挑戦、いきなり春菜賞を制しました。
構造的に前半が速くなりにくい東京1400mなので
前傾ラップへの対応力という面では不安がありますが、好位から
最速の末脚を使えた点は評価してよさそうです。芝の方が合っている感じですね。
前週に行われた古馬1000万下と0.5秒差という内容についても
それなりに期待できそうです。

パッションローズ】(栗東) アフリート×(サクラユタカオー)
体重の変動が激しい点から気性の荒さを感じます。
前走は距離延長でペースが落ちたのにもかかわらず後方からの競馬になり、
まったく伸びて来れず・・。消耗の面から考えても上積みがあるとは
考えにくい状況かと。1200mでしか結果が出ておらず内容も低調。
上位メンバー相手では厳しそうですね。

ベストオブミー】(栗東) ブライアンズタイム×(Nashwan)
芝では未勝利。ただし、前走の若菜賞(京都ダート1400m)は
同日に行われた古馬1600万下の時計と0.2秒差という好時計。
捲り上げていって突き放す非常に強い内容だっただけに
芝に戻っても今なら・・という期待感があります。
ブライアンズタイム産駒のダート適性が高い馬は芝ではサッパリ・・ということが
あるので信用はできませんが・・。

マイネレーツェル】(栗東) ステイゴールド×(サクラユタカオー)
ステイゴールド産駒は馬格がない馬が多いですね・・・この馬も
少し絞ると390kg台になってしまいます。
これまで結果を出しているのは全て1200mのレース。
短距離ではかなりの能力が期待できそうな馬ですが・・・末脚が甘く
決め手に欠ける印象。

続きます。

フィリーズレビュー(各馬分析1)  担【けん♂】

フィリーズレビュー(阪神1400m)について見ていきたいと思います。

昨年のアストンマーチャンのようにどちらかというと本番に直結しない、
スピードに偏った馬が有力になりやすいレースだと考えられますが
桜花賞のペースや展開に影響を与えそうなレース。
どんな内容になるかは注目しておかねばならないと思います。

エイムアットビップ】(栗東) アグネスデジタル×(トニービン)
阪神JFでは予想を裏切って後方からの競馬。それでも追い上げて3着に
飛び込んだのは評価できる内容だと思います。
本来は異様なハイペースでぶっ飛ばしていくタイプの逃げが身上。
距離も1400mに戻ったことで今回こそはペースを握るのではないかと
考えられます。この馬が行くなら最後はどうしても消耗戦。
前で脚を残すには相当高い能力が求められることになりそうです。

エーソングフォー】(栗東) More Than Ready×(Palace Music)
秋とは馬場状態が違うので単純比較は出来ませんが紅梅Sの勝ち時計は
ファンタジーSから2.6秒遅れと内容的には微妙です。
道中のペース自体がかなりのスローペースだっただけに
前で脚を残したことを評価し過ぎるのは危険かも。

ビーチアイドル】(栗東) ファルブラヴ×(Boundary)
かなりスピードに偏った馬。デビュー2戦は同時期の古馬の時計を上回っており
能力はかなり高いものがありそう。秋の復帰戦となったファンタジーSでは
+20kgと絞り切れない状態で4着。その後は後方からに脚質転換を
図っているようですが・・・気性的にも前で頑張るスタイルの方が合いそうかも。
近走の実績よりは高く評価したい1頭だと思います。

ペプチドルビー】(栗東) コロナドズクエスト×(サンデーサイレンス)
6ヶ月の休み明け。札幌で逃げ切って2連勝を飾っていますが
内容はそれほど高いものではないので成長分に期待したいところ。
距離延長、初コースなどの悪条件を無視してまで推せる材料には不足がありそうかと。

マイネブリッツ】(栗東) パラダイスクリーク×(リヴリア)
ききょうS(阪神1400m)で逃げ切り勝ちをおさめていますが
スローペースでのものなので、展開勝ちとしか評価出来ません。
少しペースが上がると置かれがちになる上に末脚が鈍いので・・。

続きます。

次週の展望(前傾ラップ祭り)  担【けん♂】

仁川Sを快勝したフィフティワナー。これでダートでは6連勝です。
昨年からずっと期待している馬なわけですが、体質の問題でなかなか
順調に走れていません(涙)今年こそJCDに出てきてもらいたいなぁ・・・

3歳戦
・フィリーズレビュー(阪神1400m:GⅡ)
・ファルコンS(中京1200m:GⅢ)
・アネモネS(中山1600m)


桜花賞に向けて、と考えると適性的には微妙かもしれないフィリーズレビュー
注目はエイムアットビップです。
この馬が出てくる時点でレースの性格は超ハイペースが想定されるわけで
ペースへの対応力のある能力馬を探すことになりそうです。
ラベ、ビーチアイドル、エイシンパンサー、マイネレーツェル、レジネッタなどが
有力どころでしょうか。
今年はペースの面では本番にも影響を与えそうなので内容には
注意したいと思います(^^)

昨年はアドマイヤホクトが衝撃的な勝利を飾ったファルコンSには
シルクビッグタイムが登録してきています。
ダートの超大物が芝でどうなのか?うーん、楽しみですね♪

アネモネSにはブーケフレグランス、ラルケットなどが登録。
このレースも内容次第では桜花賞に影響がありそうなレースです。
強い勝ち方をする馬に出てきてもらいたいですね(^^)/

古馬重賞
・中山牝馬S(中山1800m:GⅢ)

中心は4歳牝馬でしょうか。頭角をあらわしたニシノマナムスメ
レインダンス、イクスキューズ、アルコセニョーラ、ハロースピードなどが
キストゥヘヴンなどの古豪に挑みます。
かなり面白そうなレースですね。
シェルズレイが出てくればまたもや前傾ラップ?
キレよりも速いペースへの対応力、消耗戦に強い馬が有力になってきそうです。

次週は中山牝馬Sを中心に・・・いやフィリーズレビューかな?
まだ迷っています(笑)両レースとも傾向がはっきりと出そうなレースだけに
少々決め打ち的な予想が出来れば・・・と考えています。

弥生賞回顧(中山の鬼)  担【けん♂】

好天に恵まれた中山競馬場。
皐月賞に向けてのトライアル、弥生賞が行われました。

予想は→ココ

結果は・・・
1着◎マイネルチャールズ  2.01.8  上がり35.1
2着×ブラックシェル    3/4馬身
3着 タケミカヅチ

6着○スズジュピター
8着▲ダイシンプラン
10×ホッカイカンティ
12△フサイチアソート

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのは想定どおりホッカイカンティ
続いてマイネルチャールズ、急遽木幡騎手に乗り代わったタケミカヅチ
今回は先行気味に行きました。うーん柴田善騎手のままだったら・・?(^^;

外枠からになってしまったキャプテントゥーレは5番手辺り。
前走で出遅れたブラックシェルは今回は中段からの競馬。
武豊騎手が何としても権利取りを、と力を込めていただけに
中山競馬場に合わせた慎重な競馬を心がけたと言ってよさそうです。

スタート後、30mで勝つ位置につける・・と意気込んでいた
スズジュピターの後藤騎手は挟まれてしまって中段少し後ろ目から・・(涙)
こうなると血統的に中山ではまったく期待できません(T_T)

4ヶ月ぶりとなったフサイチアソートは後方3番手辺り・・・
中山を得意とする横山典騎手ということで期待しましたが
この位置からどうこう出来る馬場状態とレース展開ではありませんでした(爆)
今回はどちらかというと調整気味だったのかも?

12.2-11.5-12.8-12.9-12.5-12.3-11.7-11.3-12.2
前半1000m 61.9
後半1000m 60.0

おおよそ想定どおりの後傾ラップ。
先行馬が圧倒的に有利になる展開ですね。

4コーナー映像
弥生賞4コーナー

直線に入って並んで追い比べるホッカイカンティ、マイネルチャールズ
かなり縦長の展開になっているため、これでは後方からの追い込みは
無理ですね。

脚がまったく鈍らないマイネルチャールズに対し、急坂に入った瞬間に
完全に脚が止まってしまったホッカイカンティ・・・
どうやら坂に弱い馬のようです。それともスタミナが足りなかったか・・。

直線で捲り上げて行ったブラックシェルは相変わらずなかなかエンジンが
かかりませんが、急坂に入ったところ辺りでやっと急加速!
一気に前に迫っていきますが・・・時既に遅し。

余裕の手応えでマイネルチャールズが完勝。
ブラックシェルは権利取りの宣言どおり2着。
3着には内を突いて粘ったタケミカヅチが入りました。

レース後のコメント
1着 マイネルチャールズ(松岡騎手)
「やや掛かるところはあったけど、折り合いもついたしスムースな競馬が出来ました。
ペースが速くなかったので早めの競馬を心掛けて行った。
坂の手前でゴーサインという指示通りに乗りました。
直線では突き放す競馬が出来ました。これで本番もいい競馬が出来ると思います」


2着 ブラックシェル(武豊騎手)
「惜しいね。直線でフワッとしてしまったね。意識的に今日は出して行ったんだけど…」

3着 タケミカヅチ(木幡騎手)
「初めての2000m、ペースも遅くて途中掛かるところがあった。
でも最後まで頑張っているし、権利も取れたのでよかった」


6着 スズジュピター(後藤騎手)
「スタート直後、両サイドから挟まれてしまった。
もう少し前でレースをしたかったけど行けなかった」


8着 ダイシンプラン(岩田騎手)
「今日は体が伸び切って走っていた。地道にコツコツ500万からやなぁ…」

9着 ベンチャーナイン(武士沢騎手)
「前走よりも流れがきつかった。前の止まらない流れ。
もう少し前が引っ張ってくれるとよかったんだけど…」


10着 ホッカイカンティ(石橋脩騎手)
「誰も行かなかったので前へ行ったけど…。ひょっとすると距離かも…。
1800mくらいの短い方がいいのかもしれない」


弥生賞が本番につながるレースになるのかどうか、トライアル、前哨戦の
評価についてはまた改めてやってみたいと思います(^^)

うーん、マイネルチャールズはこれで中山2000mを2着、1着、1着、1着・・・
素晴らしい安定感です。
唯一の2着のときの勝ち馬は・・・ココ参照
あぁなぜに屈腱炎(涙)

オーシャンS回顧(短距離界は大混戦)  担【けん♂】

回顧が遅くなってしまいましたが、オーシャンS(中山1200m)について
見ておきたいと思います。

予想は→ココ

結果は・・・
1着△プレミアムボックス  1.08.9  上がり34.5
2着 エムオーウイナー
3着 ナカヤマパラダイス
4着▲アイルラヴァゲイン
5着×リキサンファイター

7着◎アドマイヤホクト
16○サンアディユ

※全着順は→ココ

ハナを切って行ったのはエムオーウイナー
昨春から調子を崩していましたが、休養明けで上手くリフレッシュできた様子。
以前のような先行脚質が戻ってきた感じです。
1番人気に推されたサンアディユはゲートをくぐろうと頭を下げたところで
スタートになってしまい、立ち上がるようにして大きく出遅れ・・(涙)
係員の掛け声が騎手に誤解を与えてしまった、という話もあり
後味の悪い形になってしまいましたが、いずれにしろ本命が崩れたことで
レースは混沌としてきました。

12.0-11.0-11.1-11.4-11.2-12.2

ガーっと行きたい馬がいないために隊列が早めに落ち着き、
2ハロン目はOPの頃から比べても過去7年で最も遅いペース
その後も緩みはしないものの淡々としたペースでレースは進行していきました。
隊列は相当密集した形。
2番手にアドマイヤホクト、続いてナカヤマパラダイス・・・

ペースが落ち着いたために先行勢の脚が止まらない展開。
直線に入った時点で真ん中より後ろにいる馬にはまったくのノーチャンス
なってしまいました。

4コーナー映像
オーシャンS4コーナー

前で粘るエムオーウイナー、その後ろで並ぶようにしてアドマイヤホクト、
アイルラヴァゲイン、ナカヤマパラダイス・・・
追いかけてくるのはプレミアムボックス、リキサンファイター!

大混戦の中、3頭が並ぶようにしてゴールイン
ハナ差で重賞制覇となったのはプレミアムボックスでした。
騎手データでは今回の条件での穴騎手として指名していた吉田隼騎手
本当に勝ってしまいましたね(笑)

3着までが同タイム、0.1秒差で4着、8着までがさらに0.1秒差・・
力の差が出たというレースではない感じです。
どの馬にもチャンスがあったかも(^^;

実績No1のサンアディユは15着と5馬身差の最下位。
次のことを考えてまったく最後は追っていなかった様子です。
次回の巻き返しに期待したいところですが、内田博騎手はやはり
短距離は合わない感じですね(>_<)

※追記:サンアディユが心不全で亡くなってしまったそうです(T_T)
 短距離界からまた1頭、素晴らしい馬が去っていってしまいました。
 本当に惜しい馬を亡くしました(涙)
 ご冥福をお祈り申し上げます。

弥生賞最終予想  担【けん♂】

弥生賞についてまとめていきたいと思います。

出走枠順
弥生賞枠順

これまでの考察
各馬分析1→ココ
各馬分析2→ココ
各馬分析3→ココ
産駒の傾向(タニノギムレット)→ココ
馬体について→ココ
展開分析1→ココ
騎手データ分析→ココ
気になるコメント集→ココ
展開分析2→ココ

土曜日に行われた中山の芝レースについて上がり3ハロンを速い方から
3頭を取って平均してみると
 5R 36.1
 7R 35.9
 9R 35.2
10R 35.6
11R 34.4 ※オーシャンS

やはり先週までと変わらず、基本的に力が要る馬場状態のようです。
展開を見てみると
    1着 2着 3着
 5R  6→ 4→ 1(番手)※4コーナーでの位置取り
 7R  3→ 5→ 7
 9R  3→ 5→ 6
10R 11→ 7→ 2 
11R  5→ 1→ 3

かなり前の方に詰めた馬で上位が占められていることがわかります。
唯一後方から突っ込んだのが10Rのレゴラス。
なんと先行馬よりも2秒以上速い末脚(34.9)を使っていますので
さすがにこれは規格外。
前が止まる速い展開のレースだったことも影響しているので参考には
しにくいと思われます。

弥生賞は枠順が決まって、一層どの馬が行くのかが混沌とした感じ
キャプテントゥーレが外枠に入って無理に行かないのであれば
かなり譲り合いつつのスタートになりそうです。
ホッカイカンティ、スズジュピター・・・もしかした中山では穴騎手として
活躍している岩田騎手のダイシンプランも先行してくる可能性があるかも。

いずれにしろある程度スローな前半になりそうですね。
(キャプテントゥーレが引っかかって暴走でもしない限り・・・)

そうなるとかなりの先行有利。騎手の仕掛けどころなどが大いに影響しそうです。

今回の予想
◎マイネルチャールズ
○スズジュピター
▲ダイシンプラン
△フサイチアソート
×ホッカイカンティ
×ブラックシェル

マイネルチャールズは余程の上がり勝負にならない限り、安定して好位から
差してこれる馬。松岡騎手自身の中では得意条件のレースなので
レースへの対応力には期待できそうです。

スズジュピターは血統的に中山が合いませんが、スタートで「勝つ位置」につける、
という後藤騎手の意気込みを買いたいところ。
ある程度先行していくのであれば血統面でのマイナスは緩和できるのでは
ないでしょうか。能力的には相当高いレベルにあると思われる馬。
ここで頑張れればクラシック戦線が楽しみです。

ダイシンプランは岩田騎手が穴を開ける条件に当てはまっているため、
押さえておきたいと思います。権利取りのレースですから岩田騎手も
中山に合った騎乗をしてきそう・・・と考えると後方からに限らないのではないでしょうか。

フサイチアソートの横山典騎手はこの条件では最右翼と言っていい存在。
最近は極端な騎乗が目立つだけに微妙な不安は残りますが(^^;
能力馬の実力を発揮させてあげてもらいたいものです。

ホッカイカンティは思い切って先行抜け出しをしてもらいたいところ。
短い直線での瞬発力は中京2歳Sで証明済です。
あとは急坂がどう影響するか・・。

ブラックシェルはエンジンのかかりが遅い馬だと思われるので
本来は中山が合う馬ではないのかも。
武豊騎手は能力的には最上位の騎手なので権利を取る騎乗をしてきたら
十分に上位に絡んできそうですが・・。

今年は先行馬に強い馬がおらず、本番でもスローペースになる可能性があります。
その意味で今年は弥生賞の内容が本番に直結するかもしれませんね。
レース内容にも大いに注目したいと思います(^^)

弥生賞(展開分析2)  担【けん♂】

弥生賞についてもう少し考えてみたいと思います。

先週、中山競馬場で行われた芝のレースから馬場状態について考えてみます。
各レースの上がり3ハロンが速い方から3頭を抽出し、平均を取ってみました。

馬場状態:上がり3ハロン平均
弥生賞馬場


内回り、外回りともにおおよそ35秒中盤の末脚になっていることがわかります。
日曜の2つ目のレースが飛びぬけて速くなっていますが・・・これは中山記念、
さすがに古馬の重賞となると完全に格が違いますね(^^;
最速はアサカディフィートの33.9、本格的に末脚のある馬ならば
速い脚が使える状態とも言えそうです。
ただし・・・今回の弥生賞では果たしてどうかというと微妙かも。

古馬の1000万クラスのマイル戦でも35.1が最速ですから
おおよそ35秒前半程度の末脚が最速になるのではないでしょうか。

中山競馬場の場合、上がり3ハロンが0.1秒違うと約0.36馬身縮まる計算。
仮に最速の末脚を使った馬が35.1の上がりだとしても
前の馬が36.0の上がりならば4コーナーで3.3馬身差以内にいないと
届きません。
こう考えると後方から差すのは無理であることがほぼはっきりしますね(^^;

重要になってくるのが4コーナー時点での隊列の状態

前半がスローで後半にペースが速くなると隊列はある程度長いままでコーナーに突入。
先頭から後方までは10馬身程度の差がつくこともありえます。
コーナーで3.3馬身差以内につけられるのはおおよそ3、4番手までにいる馬
ということになりそうです。→パターンA

逆に前半が速く、後半が消耗戦になってペースが落ちるレースになると
先行馬の脚が止まり、コーナーまでに後方の馬が捲くりかけてくる感じになり、
隊列はある程度密集した状態になりそうです。
先頭から後方までは6~8馬身差程度。
3.3馬身差以内には6、7番手程度までの馬が入ってくるかも。→パターンB

今回ははっきりした逃げ馬がおらず、前で引っ張る馬がどの馬かも微妙な状況。
キャプテントゥーレ、ホッカイカンティ辺りでしょうか。

キャプテントゥーレ自身が先行したレースでは前半が緩いペース。
パターンAになる公算が高そうです。
ただし、前走の朝日杯FSは前半から相当に速いペースを追走していますので
体内時計が速くなっているようなら・・パターンBもありえなくもないかも(^^;
川田騎手が少し抑え目に行くのか、気のままにガンガン行かせてしまうのか・・
勝負の分かれ目になりそうですね(^^)

オーシャンS緊急予想   担【けん♂】

あっという間に週末です(^^;
慌てた考察をするのはどうかとも思うのですが、オーシャンS(中山1200m)
について見てみたいと思います。

オーシャンS:騎手データ
オーシャンS騎手


騎手の力量と言う面では横山典騎手がかなり抜けた安定感。
おそらく1番人気に支持されると思われるサンアディユの内田博騎手
能力的には長距離の方が得意であり、短距離での信頼度は低めです。
休み明けという点などを考えると・・・それほど信用するのは危険かもしれません。
この条件で穴指名するとしたら・・・吉田隼騎手でしょうか。
兄とは正反対に小回りを得意とする傾向のある騎手、中山での成績もなかなか優秀です。

中山芝1200m実績のある馬
・サンアディユ
・アイルラヴァゲイン
・エムオーウィナー
・コバノフウジン
・アドマイヤホクト
・プレミアムボックス
・ドラゴンウェルズ
・リキサンファイター
・(ナカヤマパラダイス)※ダート

中山1200mという条件で複勝圏に入ったことがある馬はこの8頭(+1頭)。
構造的にも特徴のある中山ですから、脚質的に合っているかどうかは
重要視出来そうです。

今回の予想
◎アドマイヤホクト
○サンアディユ
▲アイルラヴァゲイン
△プレミアムボックス
×リキサンファイター

アドマイヤホクトが勝った2歳時のクリスマスRSはこの時期に行われた
レースの中では出色の好時計。前週に行われた古馬1000万下、
3週前に行われた古馬1600万下を上回る走破タイムというのは評価していいと
思われます。ファルコンSも内容的には高松宮記念に匹敵する高いレベルでした。
夏は外傷の影響でまったく結果を出せませんでしたが、休養で態勢を立て直している
ことを期待したいと思います。鞍上の能力を考えても充分勝算が成り立ちそうかと。

サンアディユは実績的には抜けています。
適性を考えてもここはあっさり通過してくる可能性も充分。
内田博騎手が短距離を得意にしていない点で割引きましたが
もちろん期待したいと思います。

アイルラヴァゲインは脚質的に中山向き。
前走が案外だったのが気になりますが休み明けに走る馬ではありませんので
叩いて2走目で変わってくることを期待したいですね。
能力の高さはメンバー中でも上位ですし、枠順的にも好位につけることが
可能だと思われます。前で粘りこむ騎乗で・・・。

プレミアムボックスは+12kgで前走を勝ち、成長が見込めそうです。
吉田隼騎手が穴条件に当てはまることもあり、連下には押さえておきたい馬だと
考えられます。

リキサンファイターは同条件で2連勝中。
脚質的には上位に通用するタイプではなさそうですが・・・
勢いを買って、ということとこの条件を得意としている蛯名騎手の手腕に
期待したいと思います。内枠スタートですから中段くらいには
位置取ってもらいたいですね(^^;

未来の高松宮記念馬、として昨年から推してきたアドマイヤホクト
ここで復活できるかどうか・・。
この馬がなぎ倒してきたサープラスシンガーやカノヤザクラは十分に古馬と
戦えていただけに、この馬もここで一気に花開いてもらいたいところ。
頑張って欲しいですね(^^)g

弥生賞(気になるコメント集)  担【けん♂】

弥生賞出走馬について、関係者の気になるコメントを抜粋してみました。

マイネルチャールズ
★稲葉調教師
「最終追い切りは、自分が思っているより3秒ぐらい遅かったのですが
馬体重の関係もあるので、最終追いは軽めにしようという考えもありましたからね。
万全とはいかないまでも90%くらい、能力は出せる状態です」


★松岡騎手
「京成杯は自分としてはうまく乗ることができなかったのですが、
馬が能力で勝ってくれました。自分が普通に乗れば負けないと思います。
ゲートを出たなりのレースをしようとは考えています。
展開としては、(勝負根性を活かせるので)団子状態のレースがいいですね」


→本番を見据えて少し余裕残しできている様子。ある意味本番では本気で
 勝ちに行けるという自信
が見え隠れする感じです。
 直線で団子状態になるのはどちらかというと前半が速く、消耗戦になったとき・・
 今回は後傾ラップが想定されますので少し微妙かもしれませんね。

スズジュピター
★後藤騎手
「先週今週ときっちり時計を出して、休み明けだから、という状態には作っていません。
ひと叩きして次というのではなく、いい結果を残して本番に進みたいと思っています。
中山のこの距離はスローペースに落ちやすいので、うまく流れに乗れなければ
上位に来られません
から。ポイントはスタートして30mぐらい
そこで勝つ位置にいたいですね」


→ここで結果を出したいという仕上げの様子。中山の乗り方について非常に
 細かい発言をしている後藤騎手。慎重にキッチリ乗って結果につなげたい
 という意思が感じられます。中山を理解している感じが好印象です。

ベンチャーナイン
★武士沢騎手
「今回も後方からのレースでこの馬の持ち味を出してあげたいですね。
やはり前が引っ張ってくれる流れが理想ですが、そうなるとは限らないので、
あとは折り合いに専念して…。」


→やはり後方からしかない、という感じの発言。馬場や展開に馬や乗り方を合わせる
 のではなく、馬に合わせて結果が出るか出ないか・・という騎乗になりそうです。

アインラクス
★池江泰寿調教師
「牡馬としては線の細い感じで非力なところがあるので軽い馬場の方が
この馬には合っているでしょう。
ここまで一線級の牡馬の強いところとはやっていませんので
このメンバーの中でどこまでやれるのかなという感じです」


→馬体自体もまだ緩みがある馬。今の中山は馬場がボコボコしている様子なので
 軽い馬場とは言い難い感じ・・・。力が出せるかは不安かもしれませんね。

弥生賞(騎手データ分析)  担【けん♂】

弥生賞の出走馬が発表になりました。

アイティトップ鼻血のため回避(寝違えたらしいです)。
騎乗が予定されていた内田博騎手はシングンリターンズに乗ることになりました。
スプリングSに向かうとのことですがあちらもメンバーが揃いそうなだけに・・
どうなっていくのか、うーん難しいですね。

ひとまず弥生賞で騎乗のある騎手について見ておきたいと思います。
能力が安定しにくい3歳馬でありますので、馬の能力だけでなく
騎手の力量も大いに関係してきそうです。

特に今回は最後の直線でどこに位置を取って、どこで仕掛けるか
重要なポイントになりそう・・・中山が得意な騎手、不得意な騎手は
どの騎手なのでしょうか。

騎手データ:中山2000m
弥生賞騎手データ

中山競馬場を得意にしている騎手、という点で見ると
・横山典騎手
・武豊騎手
・後藤騎手
・蛯名騎手
・岩田騎手
・柴田善騎手
・藤田騎手


この6名が30%以上の複勝圏率となっています。
ただし武豊、岩田、藤田騎手は昨年の騎乗回数が少なく数字の信頼度に
少し欠けるため、実質的には横山典、後藤、蛯名騎手などが有力。
柴田善騎手も侮れない成績です(^^;

逆に中山競馬場を苦手にしている騎手というと・・・
・福永騎手
・吉田豊騎手
・川田騎手


この3名はかなり厳しい成績となっています。
特に福永騎手はいくら騎乗回数が少なめだと言ってもひどいですね(>_<)
基本的にコーナーが広い競馬場でないと好走がない騎手なので
ここではかなり期待しにくいと思われます。

穴騎手(穴馬)として面白そうなのは・・・岩田騎手(ダイシンプラン)
でしょうか。中山、距離ともに穴馬率が高く、期待できそうです。
ただ・・・重賞で穴を開けてくる騎手ではない、という相反したデータもあるので
判断が難しいところですね(^^;

他には後藤騎手(スズジュピター)、柴田善騎手(タケミカヅチ)
蛯名騎手(オリエンタルロック)なども騎手の面からは推せそうな馬
スズジュピターは(ココ)でふれたとおり血統的には中山では厳しい馬です。
これで上位にくるようなら後藤騎手の力量が活きた、ということになりそう。
好調な騎手だけに楽しみです。
タケミカヅチは脚質的に柴田善騎手とは合わない気もしますが(爆)
前走のように内を上手く突いて出られれば面白いかもしれません。
安定感のある馬だけに、騎手共々侮れません。
オリエンタルロックは・・・馬の実績的には買えない感じですが
蛯名騎手がどんな騎乗を見せるか注目ですね。

人気どころになりそうなフサイチアソート、マイネルチャールズ、ブラックシェルは
騎手の適性的にも問題はなさそうです。
あえて言えば・・・松岡騎手が調子を落とし気味なのが気になるくらいでしょうか。
中山、中距離は松岡騎手にとっては自身の中での得意条件なだけに
頑張ってもらいたいものです。