けいけん豊富な毎日

高松宮記念の前に与太話   担【けん♂】

ドバイに出走した日本馬の大活躍はすでにニュースとして
駆け巡っているかと思います(^^)g

レースの内容、回顧などに関してはレース映像が出次第
記事として取り上げる予定です。

・・・・・・・・・・・・
話は遡って、金曜の晩。

友人S「今週は大変やな」

私「そやな、高松宮記念はどうするよ?混戦やで、天気も悪いみたいやし」

S「いやいや、その前に大事なレースがあるやん。日経賞はどうすんねん?」

私「どれどれ、ウインバリアシオン、フェノーメノって・・・堅いんちゃう?」

S「・・・アドマイヤフライトってどないや?」

私「日経新春杯でサトノノブレスにしばかれた馬やろ。
  そのサトノノブレスは阪神大賞典で大きく離れて4着やで、
  力関係的にきついんちゃう」

S「いやな、ウインバリアシオンもフェノーメノも天皇賞春狙いやん。
  でもなアドマイヤフライトはここが本気やねん、多分。」

私「まぁそういやそうか」

S「そもそもな、あのアンカツさんが最後に乗りたいって言うた馬やで」

私「えーと、中山では・・・昨年も6着に負けてるやん」

S「まぁでも狙い目やと思うねん、ウインバリアシオンとの馬連とかどないや」

私「わかった、ほなフェノーメノとアドマイヤフライトで
  どっちが先着するか賭けようや」

S「え?それは・・・きついやろ。フェノーメノはGⅠ馬、こっちは重賞未勝利やで」

私「おいおい、馬連に入るってことはウインバリアシオンかフェノーメノか
  どっちかには先着せんとアカンのやで?ウインバリアシオンはさすがに
  厳しいにしても休み明けのフェノーメノに勝てん見込みなら
  そんな馬券に用はないやろ」

S「う、・・・まぁな」

私「そんな夢みたいな話より、やっぱり高松宮記念やろ」

S「サンカルロで決まりちゃう」

私「たしかに馬体の出来はいいし、展開も向くかもやけど・・・8歳やで?
  内枠やから大きく下げなあかんし」

S「いやいや、ここは末脚が火を噴く場面やろ、中京の芝を燃やすで」

私「雨やけどな(笑)」

S「サンカルロもここしかない、思ってるんちゃう」

私「サンカルロがか(笑)、ほなリアルインパクトとどっちが先着するか賭けようか?
  GⅠ馬やけど短距離実績なしに対してサンカルロはこのレースで2着2回、
  目線は合ってると思うで」

S「うーん、まぁわからんでもないか・・・」

私「まったく脚質も違うから面白い勝負になりそうじゃね?」

S「よし、乗ったろうか、で馬券はどうすんのよ?」

私「それはまた考えなアカンわな・・・。穴やったらアースソニックかと
  思ったんやけどなぁ。クロフネ産駒ったら1400mやろ。
  中京1200mにはピッタリやん、カレンチャンもおったしな」

S「雨も悪くないわな、京阪杯も勝ってるし、年齢も5歳。枠もいいし」

私「そやろ!でもな、鞍上がな・・・」

S「お・・・おぅ、やっぱないわ(爆)」

私「CBC賞に出てきたら見直すことにするわ(涙)」

S「で、どうすんねん」

私「どないするよ・・・」 

(あーでもない、こーでもない、と与太話が延々と続く・・・)

外れて当然、当たってラッキー   担【けん♂】

サイコロの次に出る目をどうしても当てたい・・・と考えたとき

「そんなの1/6やん、考えても仕方ないやろ」

と突っ込まれるのは当然ですが(笑)

たとえば色んな計測器具があったとして、
サイコロのサイズ、材質、空気抵抗、現在の気温、湿度、
それにサイコロを投げる角度、サイコロの持ち方、
地面までの距離、その間に何回転して・・・
さらに地面の材質、反動、反射角・・・そんなのも色々と調査
出来たとすれば、出目の予想って精度が上がるかもしれません。

もし、その出目を当てられるかどうかに人生が掛かっている、
とまでは言わなくとも、大金が賭けられているのであれば
懸命に調べて調べて調べまくるでしょうね。

細かく細かく調べて、これだ!と決めたとしても
その瞬間に横のヤツがクシャミをした、なんてことで
出目は変わってしまうかもしれません。
投げる人がちょっと失敗して「指が引っ掛かった」としても
もちろん話は全然違ってくると思います。

で、なんとか計算どおりに予想した目が出たとして・・・
それって「計算通り!」なんでしょうかね?
それともたまたま1/6の確率で当たっただけなのか・・・



競馬の予想をサイコロと一緒にするわけではありませんが、
色んな条件の考察をしたとしても、ブラックボックスの部分は
果てしなく大きいわけで、

・前日の飼葉があたってちょっと下痢した
・厩務員のブラッシングが気に入らなくてイライラした
・背中が痒くて集中できなかった
・暑くて気分が悪い

なんて馬の内面部分も影響するかもしれませんし
同じようなことが騎手にもあっても不思議はありません。
人間だって常に同じコンディションではないですよね。

心房細動といったトラブルもあり得ますし、
ゲートに頭をぶつけたとか、道中で少し躓いたとか・・・
マツリダゴッホとネヴァブションのように接触転倒なんてことも
あり得てしまうのが競馬。

その昔、逆らい続けたサイレンススズカの馬券をとうとう買ったら
あの悲劇・・・メジロブライトを買ったら外枠発走、
エアグルーヴを買ったら蹄鉄が外れるなんてこともありましたが、
それもまた競馬。本当に何が起こるかわかりません。

えいやー!で適当に選んでも当たることもあれば
考えに考え抜いても当たり前のようにあっさり外れます。

では考えるのは無駄か、といえばそういうわけではなく
やはり人事を尽くして天命を待つ、という姿勢は失いたくないところ。

考えて考えて・・・こうなる確率が一番高そう、
という目に賭けてみる・・・色んなことが起こり得るとはいえ、
やはり力関係があるわけで、起こりやすい事象はあるはず。
考察をすることで少しでも正解する精度が上がるように
頑張るのが競馬の楽しみ方の基本だと思います。

だから、仮に予想が当たったとしてもそれは当然の的中ではなく、
たまたま上手くハマってラッキー♪だったに過ぎないことは
忘れたくないですね(^^)g

逆に外れたとしても、そんなにショックを受けるような話ではなく
まぁそーゆーこともあるわな、次また頑張ろう、と気持ちを
切り替えることが大切だと思います。

悩ましい中山牝馬Sが外れたときの言い訳ではありませんが(笑)
もう少しじっくり考えて天命を待ちたいと思います(^^;

もし競争馬に生まれていたら   担【けん♂】

とりとめもない話なんですが・・・人間の性質競争馬の脚質
たとえてみるとこんな感じになるのかな、と↓

逃げ
・やれることをパッパッとやりたい
・自分のペース、やり方でやりたい
・時間的に余裕を持ちたい(後から焦りたくない)

好位差し
・自分で先頭切ってまではやりたくはない
・他人に後れを取るのは嫌
・周りのペースに合わせて行動をする

中段差し
・自分のペース、やり方に自信がある
・能力でなんとかなると思っている
・時間を気にせずじっくり構えたい

後方追い込み
・焦らされるのは嫌
・出来ればしんどいことは後回し
・いざとなったら火事場の馬鹿力でなんとか


私が競争馬に生まれたならば・・・まず間違いなく「逃げ馬」ですね(笑)
たとえばレースに出るならば、おおよその勝ち時計を想定して
このくらいのペース(ラップ)で逃げれば後続に追いつかれない、
と考えて逃げると思います。

ただし、いざ走ってみたら、後半に余裕を持ちたいあまりに
各ハロンで少しずつオーバーペースになって最後にバタバタと失速する
感じになりそうですけど(爆)

小学校の頃、「夏(冬)休みの友」とかいう宿題(問題集)が出ていましたが、
(友、というより敵?^^;)
あーいうのも最初に問題数を見て、日割りで一日辺り何問解けば
期間中に終わるかを計算してやっていました。
一日にやらねばならない量は実はたいしたことない、って
実感しておかないと挫けちゃうんですよね(笑)

最後に慌ててまとめてやれる人って瞬発力型と思います。
私は・・・集中力が短時間しかもたないので無理ですね。
競争馬で言えば「末脚が鈍い」タイプだと思います。

他人のペースに合わせるのが苦手で、自分で思いついたことを
とりあえずやってみるタイプ。
周りの目はほとんど気になりません。

約束の時間には30分前には着いておきたいので早目、早目に行動。
待つのは全然気になりませんが、待たせるのは精神的にキツイですね。

このブログも自分でおおよそのペースを決めてやっていますが
時間に追われて「まだ今日の分の記事を書いてない!
となると焦ってしまって落ち着きません。
自分の楽しみで書いているだけなので、別にノルマも義務もない
はずなのに・・・。
ある意味、ブログ中毒なのかもしれません(爆)

まぁ個人的な偏見も入った分類なので適当ではありますが、
皆さんはどんな脚質ですか?(^^)/
こんな私の血液型はA型ですが何か関係あるんでしょうか・・・

進撃のジャパンカップ?!   担【けん♂】

111703_01.jpg

※進撃のジャパンカップは→ココ

昨年、一昨年といわゆる「萌え路線」に走っていた?JRAですが
今年は方針変更、進撃の巨人をモチーフに新たな地平に挑んでいる模様(笑)

別冊マガジンが創刊されたのは09年の9月ですから気が付けば
もう4年も前なんですね。

創刊号を読んだときにはかなり意欲的な作品が多いなぁという印象でした。
目玉とされていた「どうぶつの国」は先行きが気になる作品でしたし、
(「金色のガッシュ」には泣かされました)
個人的には押見修造の「惡の華」に興味津々・・・「デビルエクスタシー
とか結構好きだったんで・・・(^^;

当時はかなりマイナー(失礼)な作家だっただけに
まさか新創刊の雑誌で読めるとは!と嬉しく思った記憶があります。

・・・アニメ化されるほどのヒットになるとはまったく思いもしませんでしたが(爆)
さすがにあのアニメはさすがに失敗だったとんじゃないかと(^^;

進撃の巨人」も創刊号からの連載。
・・・個人的には好みの作風だったので面白く読めましたが、
一般受けはしないだろう、と思っていたら・・・まさかのメガヒット!!

このマンガがすごい!」で取り上げられた効果も大きかったんでしょうね。
コンビニにまで単行本が置かれるようになるとは・・・
何がウケるのかわからないもんだ、と変に感心してしまいます。

さて、JRAの「進撃のジャパンカップ」ですが、
主人公エレンとなって巨人たちとレースをする、という意味不明のゲーム(笑)

方向としては「ウマドンナ」よりも「JAPAN WORLD CUP
の方が近い感じでしょうか。



あまりにもバカバカしいナレーションにニヤッとさせられるゲーム、
進撃のジャパンカップ」もそんな感じです。

とりあえず一度やってみましたが・・・屈辱的敗北を喫しました(爆)
次は「進撃の有馬記念」だそうですが、それまでには
なんとかクリアしておきたいと思います(笑)

凱旋門賞を勝つ意味と意義   担【けん♂】

コメント欄で凱旋門賞での血統について、いいヒントを頂きましたので、
ちょっと思うところを書いてみたいと思います。
roketrockさん、ありがとうございました(^^)/

まずは近3年の英仏愛3国のダービー馬、オークス馬とその父の一覧です。

★英ダービー
13年ルーラオブザワールド(ガリレオ
12年キャメロット(モンジュー
11年プルモア(モンジュー

★英オークス
13年タレント(ニューアプローチ:ガリレオ産駒)
12年ワズ(ガリレオ
11年ダンシングレイン(デインヒルダンサー)

★仏ダービー
13年アンテロ(ガリレオ
12年サオノア(チチカステナンゴ)
11年リライアブルマン(ダラカニ)

★仏オークス
13年トレヴ(モチベーター:モンジュー産駒)
12年ヴァリヤラ(アザムーア)
11年ゴールデンライラック(ガリレオ

★愛ダービー
13年トレーディングレザー(テオフィロ:ガリレオ産駒)
12年キャメロット(モンジュー
11年トレジャービーチ(ガリレオ

★愛オークス
13年チキータ(モンジュー
12年グレートヘヴンズ(ガリレオ
11年ブルーバンディング(ダイナフォーマー)

同じ名前もありますが、のべ18頭中、13頭までがモンジュー、
ガリレオ
の系統で占められています。

大種牡馬サドラーズウェルズの後継種牡馬として父に負けない素晴らしい成績、
さらにその産駒が種牡馬になり、活躍を始めている状態です。

たとえばの話、モンジューなりガリレオなりの産駒を輸入してきて
国内で調教し、たまたま強くてダービーを勝ったりして
いざ凱旋門賞に挑戦、そしてとうとう日本馬が凱旋門賞を勝利!

・・・となったとしても、それは日本競馬が凱旋門賞を勝ったと
言えるのでしょうか

もちろん、それはそれで大きな意味、意義はあります。
価値も十分に高いと思いますが・・・やはり腑に落ちない部分を
感じてしまいます。

数年前、メイショウサムソンが凱旋門賞に挑戦しました。
結果は記憶にも残らないくらいの惨敗(失礼^^;)でしたが、
仮にあのとき、メイショウサムソンが凱旋門賞を勝ったとしたら
欧州の競馬ファンや生産界の人達はどう思ったでしょうか・・・。

「父はオペラハウスか、キングジョージSを勝って凱旋門賞でも3着だったはず、
 母父は・・・ダンシングブレーヴ!おぉ!それは納得だ。欧州の名馬の血が
 日本に立ち寄って帰ってきてくれたんだなぁ」

まぁ・・・想像ですけどね(笑)
日本の競馬の評価よりも、欧州の名馬の血に対する評価が上にくるのではないでしょうか。
少なくとも欧州競馬界にとっては血統的には刺激にならなかったと思います。

日本の競馬は元々海外から伝わって始まったものなわけで、
日本の競走馬、と言っても日本古来のものではありません。
その意味では「日本馬」にこだわるのはおかしいかもしれませんが、
やはり少なくとも日本に土着した血統で凱旋門賞を勝って貰いたい、と
私は思ってしまいます。


サンデーサイレンス自身は米国産馬ですが、良くも悪くも今や現在の
日本競馬の象徴であり、中心であることは間違いないところ。
直仔の時代は終り、まさに日本に根付いたSS系の血が分岐しつつ、
広まっていく時代に入っています。

「オルフェーヴルの父はステイゴールド・・・そういえば凱旋門賞で
 2着に入ったナカヤマフェスタもステイゴールド産駒だったはず。
 良く見ればディープインパクトの父もステイゴールドの父も
 サンデーサイレンスじゃないか!おー!この血を欧州に導入すれば
 もっと良い馬が出来るのでは・・・」

・・・はい、もちろん想像です(笑)

実際、日本からSS系種牡馬は徐々に輸出され始めているわけですが
ファイングレイン、ディヴァインライト、ハットトリック辺りでは
ちょっと物足りない感じ(失礼:爆)
※ディヴァインライトもハットトリックも向こうでGⅠ馬を出す活躍を
 見せています。

オルフェーヴルには凱旋門賞を勝った上で、いっそ欧州で種牡馬入り、
というのも面白い、と勝手に想像をしていました(^^;

まぁそれは無理としてもドリームジャーニーナカヤマフェスタなどは
日本では肌馬があまり集まらない状況なわけで、正直・・・勿体無くて
仕方がありません。
期間限定でもいいから欧州で・・・とか、ないですかね?

オルフェーヴルがもし凱旋門賞を勝っていれば、もっとダイナミックな
血の動きがあったかもしれませんが、今回の結果を受けて
さらに欧州(だけではありませんが)との血の交流を深めていって
貰いたいものですね。

※最終的には実は母馬が重要だと思っています。
 サンデーサイレンスの直仔でも、その後継種牡馬でも
 肌馬は外国産馬というところから名馬が誕生する率が高い印象。
 牝馬のレベルの底上げが結局、その国の競走馬を強くする・・・
 そこが第一歩のような気がします。

WIN5に挑戦してみました   担【けん♂】

結局時間がなくてWIN5については事前に記事が書けませんでしたが
・・・まぁ当然のことながらまったくかすりもせず1回目の挑戦を終えました(笑)

ちなみに、乱数から導き出された買い目は下記の20通り。

(1) 09 10 06 08 16 1組 各100円
(計100円)
(2) 05 06 08 16 15 1組 各100円
(計100円)
(3) 07 05 01 11 12 1組 各100円
(計100円)
(4) 08 04 03 16 07 1組 各100円
(計100円)
(5) 03 10 02 16 03 1組 各100円
(計100円)
(6) 07 04 01 08 07 1組 各100円
(計100円)
(7) 09 06 09 02 16 1組 各100円
(計100円)
(8) 06 03 06 02 15 1組 各100円
(計100円)
(9) 07 03 03 02 16 1組 各100円
(計100円)
(10) 02 06 07 09 03 1組 各100円
(計100円)
(11) 05 06 11 11 16 1組 各100円
(計100円)
(12) 02 05 02 04 03 1組 各100円
(計100円)
(13) 02 06 02 02 16 1組 各100円
(計100円)
(14) 02 05 11 02 03 1組 各100円
(計100円)
(15) 02 10 02 08 12 1組 各100円
(計100円)
(16) 02 10 01 08 07 1組 各100円
(計100円)
(17) 02 06 04 11 12 1組 各100円
(計100円)
(18) 05 05 07 16 08 1組 各100円
(計100円)
(19) 03 06 03 16 12 1組 各100円
(計100円)
(20) 02 04 03 02 05 1組 各100円
(計100円)

1レース目でダントツの1番人気を背負ったラストインパクト(2番)を
選んでいるのが6/20通り。
なんと2レース目の3番人気、13番の名前が・・・ありません(笑)
この時点で全滅確定(>_<)

1、3、4レースが的中している買い目もありますが
最終レースのレッドスパーダ(1番)を一切選べていないので
さらにどうしようもないですね。

数学の専門の方と検証した結果、

1~9番人気の中からランダムに選ぶ、よりは
1~9番人気の馬を過去の出目の確率に沿って選ぶ方が当たりやすく、さらに
1番人気の馬を常に選ぶ、というのが確率的には一番当たりやすい、とのこと。
(そりゃまぁ当然なんですけど^^;)

ただし、問題はリターンなわけで、上位人気だけで決まってしまうと
極端に配当が落ちるというところをどうするかがポイントになってきます。

改めて、過去のWIN5のデータを見直してみると、
5レースの平均人気は1.2~7.2と大きくばらついています。

理論的には7点台の出現率は低く、1点台の出現率が一番高くなるはず
・・・なんですが実際の出方は

1点台 17(回)
2点台 23
3点台 37
4点台 27
5点台  9
6点台  6
7点台  2

なんと3点台を頂点として、上位人気馬だけで決まるレース
出現率はガクッと下がっていってしまっています。

つまり・・・堅い買い目を選ぶということは、配当が安い上に的中率も下がる
という傷口に塩を塗る行為である、と・・・(爆)

狙い目はおおよそ3点台の平均になる買い方
例:4.2.1.2.7
  4.4.1.4.3 
  1.9.4.2.2 など

平均配当も235万となかなか美味しいですね(^^;

2点台と4点台は出現率があまり変わりませんが、
2点台の平均配当が73万であるのに対し、4点台は2900万(!)
うーん、それなら4点台を狙う方が良さそうですよね。

5点台以降は確率がグッと下がるわけで、配当は美味しいにしても
ちょっと当てるのは至難の業、という感じです。

乱数で買い目を設定したときに、さらに平均人気で絞る、
ということも考えた方が良さそうです。
うーん、まだまだ改良の余地がありそうですね。

たとえば50レース分を選んでおいて、平均人気で3点台を中心に
4点台、2点台を押さえる・・・・とか。

あと、出走頭数の問題がありました。
1レース目は10頭立て、3レース目は12頭立て・・・
こんな中から9番人気を選ぶというのは、さすがに意味が感じられないわけで
(もちろん、可能性はゼロではありません)
頭数による工夫も絶対的に必要だと思います。

まぁ・・・こうしてあれこれ考えているのは楽しいですね♪
いつか的中できる日がくるよう、攻略方法を考えていきたいと思います(^^)g

WIN5を楽しむために part2   担【けん♂】

先日考察したWIN5の攻略法(というのもおこがましい方法ですが^^;)
について、私の身の回りでも少々反響があったので、ちょっと調子に乗って
もう少し精度アップを狙って、過去のWIN5の全てのデータを見直してみました。

過去のWIN5対象馬の人気順と配当一覧
WIN5
WIN5-2.gif

これまでに行われた121回、のべ605レース中、二桁人気の馬が
勝ったのは27レース(4.5%)となっています。

ほぼ無視して良いくらいの割合だと思いますが・・・表を見てみると
3レース目だけが異様に二桁人気の馬が飛び込んでくる傾向があることが
わかります。

二桁人気馬の勝利回数
1レース目  1回
2レース目  4回
3レース目 13回
4レース目  3回
5レース目  6回

3レース目は全レースの1番人気の馬の勝率が平均31%であるに対し、
34%と比較的高いのにも関わらず、人気薄が妙に来ているようです。
どうやら2番人気の馬の勝率が妙に低く、その分が人気薄に広く分布している
という感じですね。

前回は全体の割合で乱数を設定してみましたが、さらに精度を上げるために
1レースごとに出目の割合をデータに基づいて設定してみる方が良さそうです。
そうすることで3レース目の大荒れ馬を指名出来れば配当もグーンとアップ
・・・する見込み(笑)
欲ボケか!(*`◇´)=○☆)゚o゚)/ バキッ!

参考までに各レースごと人気別の比率を挙げておくと

   1番人気→→→              →14番人気
1R 30:20:12:12:7:7:4:4:4
2R 30:25:10:15:8:6:2:2:2
3R 35:11:11:11:8:8:2:2:2:2:2:2:2:2
4R 30:25:12: 9:9:9:2:2:2
5R 30:20:11: 8:8:7:7:3:3:3

3レース目は7番人気から14番人気までほとんど変わらない出方をしているので、
手を広げて14番人気までを指名出来るよう設定。
5レース目もちょっと広げて10番人気まで指名出来るように
過去の傾向に合わせてみました。

ちょっと面倒くさかったですが、エクセルで各レースごとに乱数を設定して
ボタンを押したら、買い目が出る表を作成して準備は完成。
あとは週末を待つだけです(笑)

ロト6とかと違って、数字(人気)の出方の偏りにはある程度
意味があるわけで、傾向を参考に出目を考えるというのは
方向的には間違っていないはず(^^;

まぁ・・・とはいっても確率的にはかなり厳しいわけで、
数字がピッタリ当てはまるには相当な運が必要になることは覚悟せねばなりません。
※的中はおよそ102000分の1

この乱数に従って買った場合、過去のデータでは10回は
どうしようもなくハズレてしまうわけですが、
キャリーオーバー(2億)3回を当選させる確率を含んでおり、
配当の期待値は単純計算で1921万円

毎週1000円ずつ(10通り)ずつ買い続けたとすると
およそ369年に1回当たれば元が取れます(笑)

2000円だとおよそ5000分の1の確率で平均1920万、
1万・・・なんて週もありますが(笑)およそ何十万、何百万・・・
なんと2億のチャンスまであるのなら、まぁ十分楽しめそうです。
少なくとも宝くじよりはよっぽど割が良いと思いますね。

今週はお試しで関屋記念の予想のあとにWIN5の出目予想を
アップしてみようかと思っています。
万が一とんでもない配当が当たっていたらしばらく行方不明に
なるかもしれません(爆)

寝言は寝て言え!(+`・д・)≡○)゚д。)ノスイマセン

WIN5を楽しむために   担【けん♂】

関屋記念の考察途中ですが、ちょっと脱線。
今回はまたWIN5について、少し考えてみたいと思います。

ひとまず、4月から7月までの3ヶ月間の結果を一覧にしてみました。

WIN5:各レースの1着馬の人気順と配当
WIN5出目

キャリーオーバーが1回、1億以上の配当が1回となかなか強烈な結果が
出ていますが・・・実際問題15番人気の馬や10番人気の馬なんかを
選ぶというのは非常に難しいと思われます。

そもそも各レース、それぞれ1着馬を当てにいかねばならないわけで、
普通に考えれば余程特殊な条件がない限り、やはり人気馬を選んでしまうのが
当然の帰結。

人気薄にまで手を広げようとすると、どうしたって買い目が増えてしまうのが
WIN5の痛いところだと思います。

1番人気のみ→    1通り
2番人気まで→   32通り
3番人気まで→  243通り
4番人気まで→ 1024通り
5番人気まで→ 3125通り

9番人気まで→59049通り

表を見てみると、二桁人気の馬が来たのは17回×5レース=85レース中、
たったの3レースだけ。
あとは9番人気以下で決まっていたことがわかります。

9番人気以下の馬を全て買う・・・となると約5万9千通り(爆)
毎週590万円ずつ、この3ヶ月間ぶち込み続けたとすると・・・

・投資金額 1億30万
・配当金額 1億2676万

\(◎o◎)/!なんと!2600万円のプラスになっていました。

まぁたまたま7600万、2600万という高額配当の週があったから
なんですが、もしかしてこんな高額投資を毎週出来るのであれば
意外にこれが勝利への近道なのかもしれません。
(裏目を引いたら地獄に直通ですが:笑)

だからといって、たとえば4番人気以下の馬を総て買うという形に
絞り込んでしまうと・・・

・投資金額 170万
・配当金額 158万

う、マイナス収支・・・(T_T)
毎週約10万ずつ突っ込んでマイナスでは辛いですよね。

ちなみに5番人気以下だと毎週約30万の投資で

・投資金額 527万
・配当金額 169万

もっと血を見る結果となっています(笑)

うーん、やっぱり大金を投入してこそのWIN5・・・?!

もちろん、私にはそんな資金力はありませんので(^^;
もう少し工夫をしてみたいと思います。

1番人気と9番人気では当たり前の話ですが、出る確率が違ってきます。
この3ヶ月間の人気別の回数は

1番人気 26回
2番人気 15回
3番人気 10回
4番人気 10回
5番人気  6回
6番人気  4回
7番人気  3回
8番人気  3回
9番人気  5回

となっていました。
9番人気と1番人気では5倍強の違い・・・やはり大きな差があります。
ただし、5~9番人気の出方はほとんど変わらない感じでしょうか。

というわけで・・・確実に当てる方法ではありませんが、
上記の割合を参考に、85までの乱数を示す式を設定(エクセル)

=RAND()*85

この出目に従って、1レースごとに数字をランダムに選ぶという
作戦を考えてみました。

出た数字が

 1~25 1番人気
26~40 2番人気
41~50 3番人気
51~60 4番人気
61~65 5番人気
66~70 6番人気
71~75 7番人気
76~80 8番人気
81~85 9番人気

たとえば23、59、81、13、9ならば
1番人気→4番人気→9番人気→1番人気→1番人気
という買い目になります。
この方式ならば、自分で好きな数(通り)だけ買うことが出来るのが
強味だと思われます。

10通り、20通り買って1000円、2000円で遊ぶのもよし、
気合を入れて50通り、100通り選ぶのもありかもしれません。

平均配当はなんと・・・967万円!(笑)

どこかで1回でも当たればまず間違いなくプラス収支に転じることが
出来るはず。

ただし9番人気以下でしっかり決まったとして、ビシッと当てるには
1/59049 というとんでもない確率を突破しなくてはいけません。

10通り買えば1/5904、100通り買えば1/590・・・
さらに数字の偏りを加味しているので、実質的にもっと
確率はアップしているはず!
※詳しい計算はわかりません(^^;
 誰か得意な方がいらしたら是非教えてください)

うーむ、難しい夏競馬の合間にこんな作戦でちょっと遊んでみるのも
いいかも・・・?!