けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JC簡単回顧   担【けん♂】

天皇賞秋で失速したエイシンヒカリがロングスパートが合わない
瞬発力タイプだとしたら、キタサンブラックはまったく逆の
ロングスパートが得意な持続力タイプ。

古い例との比較になりますが、06年にアドマイヤメインで
東京2400mを逃げ切った青葉賞との比較をしてみました。

【ラップ比較:東京2400m】
JC

キレを求められる展開になるときついか、と思っていましたが
武豊騎手の騎乗技術のすごさを見せつけられた感じです。

まだ若いアドマイヤメインのときにはコーナー途中で脚を
しっかりためてからのロングスパートに出ていますが
(4コーナーに向けてスパートを開始するのは武豊騎手の
 東京で逃げる場合の常套手段)
キタサンブラックで逃げた今回のJCではさらに1ハロン早く
スパートを開始している
ことがわかります。

本来コーナーワークで前に詰め寄っておきたい後方の馬にとっては
非常に厳しい展開。直線に入る前に脚を使わされてしまうために
脚がたまらず、切れ味を活かすことが難しくなっています。
ここで気にせずに脚をためたら後方からになってしまうわけで
雨の中ということを考えると・・・それも無理があるというのも
武豊騎手の掌の上なのかもしれません。

この強烈なロングスパートはもちろん逃げ馬にとっても
非常に厳しいわけで、並の馬なら途中で脚が止まるわけですが
キタサンブラックは止まるどころか、さらに伸びる気配。
異常なまでの持続力で武豊騎手の注文に見事に応えています。

第36回JC・・・36・・・サブロー?!
などという語呂合わせどおりになったのもある意味競馬らしい?
結果でしたが(笑)非常に高いレベルの能力を求める
武豊騎手の逃げ方と非凡な馬の能力が高い次元で噛み合った
非常に面白いJCだったと思います(^^)g

スポンサーサイト

マイルCS妄想的な独り言   担【けん♂】

最も苦手な?GⅠ、マイルCS(京都1600m)について
少しだけ妄想。

京都、外回り、1600mといえば・・・なんといっても
ディープインパクト産駒が優勢という印象。
13年は1着、3着、14年はワンツーフィニッシュ、
昨年も2着がディープインパクト産駒でした。

今回も18頭中、8頭がディープインパクト産駒となっており
この条件では絞れませんが、さらに4歳、5歳が優勢という
フィルターをかけると、残るのは

・サトノアラジン
・サトノルパン
・ミッキーアイル
・ガリバルディ

この4頭。

直近のデータではないので微妙ですが、さらに騎手のデータを
加えて考えると・・・

この条件でなぜか大きくマイナスなのが川田騎手(サトノアラジン)
外回りで思い切って追うのが得意な騎手という印象ですが
マイル周辺の成績が極端に悪く、京都1600mの重賞では
今年の京都金杯を勝つまで本当に不調でした。

逆に大きくプラスなのはデムーロ騎手(サトノルパン)。
少なくとも1番人気にならないであろう今回は是非狙ってみたいですね。

ディープインパクト産駒以外で、というところでは
イスラボニータが5歳馬で注目。
ルメール騎手ですし、休み明けにプラス体重で好走しており
完全にここに照準を合わせてきている印象です。


フィエロ、ダノンシャークはさすがに衰えがみられる感じですし、
ディサイファもマイルは微妙。
あえて牝馬に目を向ければウインプリメーラ、マジックタイムですが
6歳馬のウインプリメーラは少し割引ですかね・・・京都金杯を
勝っている点は評価できそうですが。

まぁ例年の結果からすれば寝言は寝て言え、って感じなので(笑)
肩の力を抜いてレースを楽しみたいと思います。

天皇賞秋についてのメモ書き    担【けん♂】

天皇賞秋ではペースを握るであろうエイシンヒカリが1枠1番に入ったことで
どうやら1番人気を背負うことになりそうです。

前走では不可解な負け方をしたものの、海外GⅠを連勝、今回は帰国初戦と
なりますが、元々人気しやすい傾向の馬で鞍上が武豊騎手・・・となれば
そりゃまぁ・・・(^^;

もちろん、能力については高い評価をしていますが、昨年の天皇賞秋では
9着に敗れているわけで、充実しているとはいえ、どこまで信用できるかは
微妙なところのような気もします。

ひとまず、エイシンヒカリが勝ったアイルランドT、負けた天皇賞秋、
ついでに逃げ馬ダイワスカーレットが最後まで競り切った08年の天皇賞秋の
ラップを比較してみました。

【ラップ比較:東京2000m】
東京2000m

パッと見てわかるとおり、明らかに異質なのはアイルランドT(鞍上は横山典騎手)。
前半こそぶっ飛ばし気味に行っていましたが、途中から一気にペースダウン。
カーブをゆったりと回って、4コーナー出口に向けて脚をためにためている、
というラップになっています。
直線に入って急加速を入れ、最後は流したのか、鈍ったのか・・・。

それに対し、昨年の天皇賞秋は前半をある程度ゆったりまとめ、
カーブの途中から加速を開始。
直線に入る手前からジワジワと加速し続ける脚を長く使う展開に
持ち込んでいたことがわかります。

参考として挙げた08年の天皇賞秋は昨年よりもはるかに速いペースで
前半を通過。もちろん、こんなハイペースから急加速は無理なんですが
それでもほとんど脚をためることなく直線でさらにペースアップ。
最後はウオッカとの競り合いになって鼻毛差で惜敗となってしまいました。


昨年と同じく、武豊騎手が手綱を取って逃げ切った毎日王冠、エプソムCの
ラップも見てみます。

【ラップ比較:東京18000m】
東京1800m

多少のずれはあるものの、かなり類似したラップになっています。
あまり緩めず淡々としたペースで引っ張ってジワジワとペースアップ。
特に共通しているのは・・・カーブの途中から加速を開始をしている点。
武豊騎手が東京で逃げる場合の特徴となっており、
長い直線のあるコースながら、瞬発力勝負ではなく
持続力勝負に持ち込むのが常套手段となっていると考えられます。


で、エイシンヒカリですが・・・1800mの持続戦ならば十分に対応可能では
ありますが、2000mで持続戦になってしまうとちょっと怪しい面が
あるのかもしれません。
少なくともダイワスカーレットのようなタフな逃げ馬ではないと考えられ、
本質的には瞬発力タイプの可能性がありそうです。

気性的に前に行くのは仕方ないとしても、どこかでじっくり脚をためて
急加速ポイントを作って後続を引き離す・・・二段階ロケットのような
逃げ方が合うのではないかと。

走るのは馬ですが、ペースを作るのは騎手。

大ベテランの武豊騎手が戦法を変えてくる可能性は低そうなので
今回も持続戦に持ち込むようだと、思ったよりも力を出し切れずに・・・
ということもあるかもしれません。

全体的には「差し優勢」で見てみるのもあり、なんていう感じで考えています。

スプリンターズS(チラシの裏)   担【けん♂】

お久しぶりです。

夏競馬が終わり、秋のGⅠ戦線の開幕となるスプリンターズSが
行われるわけですが、アイも変わらずのバタバタ続きで考察も何も出来ていません。

ただ、ざっとメンバーを見ていって・・・ビッグアーサーが1番人気になる
という想定であることを考えると、ここはある意味勝負どころ、というか
馬券的には面白いレースになりそうなので、ちょっとだけチラシの裏程度に・・・。

ビッグアーサーの実績(高松宮記念1着、セントウルS1着)は十分ですし
この馬が強いことに異論はありませんが、やっぱり引っ掛かるのは
サクラバクシンオー産駒であること。

近年を見渡してみるとカノヤザクラの3着(8番人気)、ダッシャーゴーゴーの
2着(6番人気、4着に降着)はあるのもの、

・ベルカント 2番人気→13着
・グランプリボス 3番人気→7着(翌年は4番人気→4着)
・ダッシャーゴーゴー 2番人気→11着
・シーイズトウショウ 2番人気→8着

といった感じで有力視された馬でもことごとくぶっ飛んでいる状況。
もちろん、その他にも人気薄で絡めなかった馬がいるわけで
明らかに血統的に「向いている」レースではないと考えられます。

以前、雑誌ROUNDERSに寄稿させて頂いたときのデータでも
サクラバクシンオー産駒の競馬場別成績(複勝率)は

・札幌 24.2%
・函館 36.7%
・福島 21.2%
・新潟 30.4% ※内回り
・中京 23.2%
・京都 25.6% ※内回り
・阪神 22.9% ※内回り
・小倉 27.7%

・総合 23.7%

・中山 17.1%

となっており、全競馬場を通して中山の成績がダントツに悪化していました。

スプリント戦ということで、思い切ってガーッと行き切ってしまえば
強いけれども、最後に一山あるとガックリと力尽きる・・・そんな印象です。
基本的には平坦巧者と見て良さそう。

ビッグアーサーは阪神内のセントウルSを押し切っているだけに
中山でも問題ないかもしれません。
しかし・・・もしかして、過去の例に倣ってしまう可能性も無きにしも非ずかと。


血統的に期待してみたいのはシュウジ(キンシャサノキセキ)、
ソルヴェイグ(ダイワメジャー)、ブランボヌール(ディープインパクト)
辺りでしょうか。

キンシャサノキセキは自身もこのレースで好走していた上に
父フジキセキの産駒は昨年のストレイトガールの例をみても好相性。

ダイワメジャーは坂を苦にしない中山向きの血統だと考えています。
ちょっと人気がなさ過ぎて欲ボケ心が疼きます(笑)

ディープインパクトは中山向きとは言いませんが、心肺能力の高い
産駒が多い感じなので、能力でこなしてしまいそう。
ブランボヌールは母父サクラバクシンオーという辺りが
裏目に出るかもしれませんが(爆)


堅い馬券に用はない、という方はビッグアーサーを切るか、
それとも2、3着付けまでに止める、というのも面白いかもしれませんね(^^;
もちろん、私も欲ボケの方向で・・・(笑)

安田記念簡単展望    担【けん♂】

え?もうまた土曜日なの?というくらいアッという間の一週間でした。
最低17時間、長いときは27時間ほど職場で過ごしており
睡眠というより仮眠を取っている感じの日々を繰り返しているので
なんというか、切れ目がない感じ?
土曜だけはおおよそ休めるのでここで疲労回復してまた・・・となるわけですが
やりたいことを消化するには時間がなさ過ぎ。
翌週に持ち越して、持ち越して・・・と繰り返しているうちに一ヵ月、一年が
終わってしまいそうです(>_<)

安田記念はなんと12頭だけ、じゃなく12頭立て(爆)

4歳馬はリアルスティール1頭だけしかおらず、現状のマイル路線の
世代交代が順調とはいえない、という印象が否めません。

もしくは・・・モーリスやリアルスティールの名前にビビッて
見送った陣営が多かったのか・・・(笑)

まぁいずれにしろ、ちょっと例年とは毛色の違う安田記念に
なるかもしれませんね。

まずは香港から参戦してきたコンテントメントについて。

香港からの参戦馬が安田記念で好走するにはおおよその
ガイドラインが出来ています。

香港馬の好走条件
・香港1600mで1.33秒台もしくはそれに近い数字を出している
・順調にレースを消化してきている(前走が休み明けとかは×)
・前走がピークに近い仕上がりになっている
・前走で馬体重に余裕がある(輸送減りへの対応)
・来日後にも順調に調整をしている(弱い調整なら×)
・香港でのレーティングは125以上(128程度あれば要注意)


コンテントメントは5月にレースを使っており、時計に関しても
1.33秒台を記録。香港レーティングは125とギリギリで
なおかつ、この春に上昇したばかりということを考えると格の上では少々微妙で
500kgを超える大型馬ながら、馬体重は少し落ち気味で
輸送でもマイナスした模様。

通常の安田記念は前半からぶっ飛ばし気味にいく超ハードな展開に
なりがちなので、前につける脚質はマイナスになる公算が高いわけですが
今年はまともな先行馬が不在となっており、いつもよりは
緩めに進むのであれば・・・もしかしてチャンスはあるかもしれません。


圧倒的な1番人気に推されているモーリスは調整がそれほど順調では
なかった模様ですが、前走の映像を観ても・・・能力は完全に抜けており、
帰国初戦とはいえ、連覇の可能性は十分にありそうです。

同じく帰国初戦のリアルスティールはデビューから一貫して1800m以上の
レースで使われてきており、ハイペースの消耗戦への適性には
不安があるかもしれません。
思ったよりも立ち遅れるような形で直線に入ってしまうと
末脚勝負では分が良いとは言えない気がします。

京王杯SCを勝って人気しているサトノアラジンですが
極端な上がり勝負で末脚を発揮したとはいえ、上がり3ハロンは
サンライズメジャーと同タイム。
ダービー卿CTではロゴタイプに及ばず、末脚では勝ち馬の
マジックタイム(牝馬)に負けている、となると・・・
そこまで評価していいかはかなり微妙な雰囲気。

イスラボニータは安田記念に向かうのであればステップレースに
違和感があり(爆)、マイル戦を使うのは新潟2歳S以来と
なるわけですが、血統的にはおそらくマイル周辺の方が合うと思われるので
ここで新味を見せて貰いたいところ。
近走が案外な内容なのも不安材料ではありますが、フジキセキ産駒は
突発的な好走も目立つ印象なので、ハマれば・・・

個人的に気になるのはマイラーズC4着のフィエロ(前日6番人気)より
マイラーズC2着のダノンシャークが11番人気と無視されてしまっている点(爆)
たしかに8歳という年齢は厳しいですが・・・内目の枠を活かして
抜けて来れたら、能力的には侮れない気がします。


例年よりも少し緩いペース、内容になるという想定で

・モーリス
・ダノンシャーク

に加えて

・ロサギガンティア
・イスラボニータ
・コンテントメント

この辺りに期待したいと思います(うーん、欲ボケですかね・・・)

ヴィクトリアマイル最終妄想   担【けん♂】

気が付けばもう日曜日(爆)

ヴィクトリアマイルについても先週までと同様、まるで考察出来ないまま
直前まできてしまいました(>_<)

過去の傾向的には・・・

1)
基本的には後傾ラップのときには1400m辺りに実績のある
スプリンター寄りの馬が好走しやすく、前傾ラップになると
1800m以上に実績のある中長距離馬が好走しやすい。

2)
直近の2走で凡走していても復活があるのはGⅠ上位入線実績がある馬、
特に東京で行われるGⅠを重視。
逆にGⅠ実績のない馬は直近の2走に好走が必要。

といったポイントがあるようです。

今回のペース想定はなかなか悩ましいですが、武豊騎手に乗り替わった
スマートレイアーがここ2走と同じく逃げるのであれば・・・
締まったミドルペースからの後傾ラップになりそう。
独自の乗り方をする騎手なので、急に控える可能性もあるだけに
微妙ではありますが、さすがに逃げて連勝している馬を
以前のように後方にもっていくことはなさそうかと(^^;

岩田騎手のレッツゴードンキも今回こそは前に行きそうですが
武豊騎手に競り掛けてまでもペースを奪いにいくとは考えにくく、
そもそもスローの方が合う馬という印象なので
暴走ペースはなさそうです。

ってなわけで・・・予想というより妄想気味ですが(笑)
前につけて、短めの距離で実績のある馬をピックアップ

・スマートレイアー
・ストレイトガール
・ウインプリメーラ

穴候補はカフェブリリアントとシャルールという感じですが
カフェブリリアントはGⅠ実績という点で不足、
シャルールは直近の2走は好走があるにしても実績が・・・(爆)

レッツゴードンキはペースが合わないかもしれませんが
位置取りを活かせれば、というところかと。

天皇賞春を振り返って   担【けん♂】

天皇賞春の予想はまとめ切れませんでしたが、
事前に欲ボケコメントをしていたキタサンブラックが
勝ってくれたのは一応納得の結果。

1番人気に推されたゴールドアクターを全力斬り!
という点もよかったのですが、ヒモ候補の選定が・・・(涙)

過去のデータから若い馬優勢、ということは
わかっていたわけですが、そこから頭が離れられず
6歳以上の馬に関しては完全にアウトオブ眼中(←頑迷)

カレンミロティックは近走の成績がパッとしなかったものの、
急な好走があるタイプであり、さらに昨年の天皇賞春でも
差し優勢の展開の中、前で残った強者。
内枠を引いた時点で注意が必要だったなぁ・・・なんてのは
完全に後の祭り(サブちゃんではない:涙)でした。

ちなみに今回ヒモ候補として考えていたのは
・サウンズオブアース
・トーホウジャッカル

この2頭。

サウンズオブアースは外枠に入った時点で藤岡佑騎手が
腹をくくって思いっ切り出して行って、もしかしたら
逃げることもあるかも、と想定。
実際には好位の後ろに控える形になったわけで
最後はズルズルと馬群の中を後退していってしまいました。
たしかにネオユニヴァース産駒には距離の壁がある印象では
ありますが、この馬はデスペラードに続いて
なんとかもつかな、と期待していただけにかなり残念です。

トーホウジャッカルは前走が休養明けで+18kg。
今回は▲12kgと絞れており、復活があるならここかな、と。
菊花賞を勝った実績もあり、父のスペシャルウィークも
天皇賞春の勝ち馬。
産駒は一度調子を崩すとスランプが長いイメージもありますが
急な復活もある・・・感じだけに、人気を落とした上に
舞台が合った今回は・・・と。
結果的にはそれなりに見せ場を作りかけて5着。
頑張ったとも言えるし、もう少し踏ん張って欲しかった、
という気持ちもあり。

3着以下の馬については正直、完敗の内容。
武豊騎手の逃げ方は上手かったですね~。
遅れて伸びてきて・・・というのはある意味、
逃げた武豊騎手の術中にハマった、ということであるわけで
シュヴァルグランを含めて前で形を作られたら
逆転は難しそうです。

ハーツクライはステイヤー血統になる、という考察は
どうやら正解と言えそうですが、京都外回りが合うかどうかは脚質次第。
控える馬は反応の鈍さが致命的になる感じがあります。
晩成血統、という点もかなり重要なポイントで
ステイゴールド産駒同様、高齢でも侮れない、ということは
覚えておいた方がよさそうです。

ゴールドアクターは前半から掛かり気味だったので
消耗が出てしまったのだと思われますが、
それを差し引いてもやっぱり、長距離は本質的に疑問かも。
宝塚記念に出てくるのであれば、今度は血統効果が
期待出来そうです。

天皇賞春の展望   担【けん♂】

読売MCは内を掬った4歳馬の新鋭クルーガーが勝ち、
なんとか若い世代の勢いを示すことが出来ましたが、
2着のダノンシャークは8歳馬、3着クラレント、4着フィエロは
ともに7歳馬と近年のマイル路線を支えてきた重鎮がそのまま
力を示す結果という側面もあり、世代交代は・・・まだまだ
という感じ。安田記念以降・・・秋に向けてどういう
勢力図になっていくか注目したいところだと思います。

さて、今週は天皇賞春。

人気はゴールドアクター、レーヴミストラル、
シュヴァルグラン・・・あとはキタサンブラック、
サウンズオブアース辺りに集中しそうです。

昨年の菊花賞で3着に敗れた以降は有馬記念を含んで
5連勝中のゴールドアクターはスクリーンヒーロー産駒。
産駒数が多いわけではなく、まだ傾向がつかめていませんが
父グラスワンダーを超える種牡馬になる可能性は十分という
感じになっています。
グラスワンダー産駒の傾向を見てみると、複勝率は
2200mまでが20.4%、2600mまでだと21.6%、
2600mを超えると23.5%と距離延長はプラスという
データになっていますが、実際に2600m以上で連対したのは
コスモヘレノス1頭だけ。
中長距離で好成績を残したアーネストリーなどは3000m級の
レースには出走すらしておらず、使われ方からしても
どうも距離に壁がある印象がある気がします。
スクリーンヒーロー産駒としてはモーリスが活躍しているわけで
よりスピードに寄った傾向が出ているのであれば
ゴールドアクターももしかしたら意外に脚が鈍る可能性も
無きにしも非ず・・・かも。
菊花賞でも上位馬に完敗の3着だっただけに、京都適性という面でも
不安があるかもしれません。

レーヴミストラルの父キングカメハメハはもっと露骨。
2200mまでは28.3%、2600mまでは29.7%と
複勝率が伸びているものの、2600mを超えると10.7%と
大幅にダウン。
少なくともステイヤー、という系統ではないことを明らかに
示しています。
京都外回りコースへの適性には期待出来るだけに
どこまでスタミナを維持出来るか、注目したいところ。

サウンズオブアースは(2-7-1-6)という成績が示す通り、
ちょっと足りないシルバーハンター(爆)
はなみずき賞以来、勝ち星がないわけでGⅠでも好走出来る割に
重賞勝ちすらありません。
ネオユニヴァース産駒は中距離に特化している傾向が
出ていますが、たまにこういう長距離向きの馬も出ており
この馬は例外視して良さそうです。
京都コースでも好成績をおさめており、侮れないものの・・・
先頭では買いにくい1頭かと。

シュヴァルグランは距離延長でこそ、というハーツクライ産駒。
3連勝のあと、重賞2着に続き、阪神大賞典で重賞制覇と
晩成血統らしい上昇具合も傾向どおり、となっています。
位置を取って競馬が出来る強味もあり、ここでも期待出来そうですが
前走がマイナス10kgと仕上がり気味だったのが
気になるところ。馬格がある方ではなく、これまで
56kgでも結果を出していないわけで、58kgでどうか?
というのは気になるところです。

菊花賞を5番人気で制したキタサンブラックは
有馬記念の4番人気(3着)は仕方ないにしろ、
大阪杯でも5番人気と、好走しても好走しても人気しない(笑)
という不思議な不人気馬になってしまっています。
狙う人からしたら美味しい馬、という感じですね(^^;
今回も3番人気以内に入るかどうか微妙なラインだという
印象ですが、京都コースでの実績からしても
ディープインパクトの全兄の仔という意味でも
適性には問題なさそうです。
ヒモ人気はすると思われるので、あえて先頭で・・・
というのも馬券的には面白味がありそうですね(欲ボケ:笑)

今週も時間が取れるか微妙なので、まとめられるかも
わかりませんが、1週間じっくり楽しんでいきたいと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。