けいけん豊富な毎日

宝塚記念について    担【けん♂】

明日(6/21)は関西でも大雨になる模様。

週末の馬場状態はまだわかりませんが、梅雨入りの影響が出るなら
湿ったコンディションになる可能性がありそうです。

宝塚記念は登録の段階で11頭とフルゲートを大きく割り込む
寂しい状況。
このところのレース内容からみても充実一途のキタサンブラックが
予想オッズでは1.7倍と極端な1番人気に推される感じになっています。

たしかにダービーでの大敗以外は複勝圏を外さない安定感のある成績。
先行力があってバテない馬なので、宝塚記念への適性も高いタイプだと
考えられます。
ただし、昨年は湿った馬場状態の中で3着・・・。
隙がないわけではなく、1倍台のオッズならば信用するメリットよりは
裏ぎられるリスクの方が心配になるかな、と。
(相変わらず欲ボケですね:爆)

2番人気に推される見込みなのはシャケトラのようです。
鞍上のルメール騎手人気の影響もありそうです。

たしかに末脚のあるタイプではありますが・・・
ぐっと注目を集める結果となった日経賞の内容を見てみると↓

【中山2500m比較グラフ】
中山2500

今年の日経賞はこのところの有馬記念を上回る締まったペースで
道中を進み、中盤以降はずっと緩まず加速し続ける展開。
内容的には非常に高く評価できますが、最後の1ハロンで
大きく脚が鈍っていることからもわかるとおり、
前につけた馬にとっては非常に厳しく、差し有利なレース展開と
なっているわけで、シャケトラにとっては恵まれた、と言っても
良さそうです。

馬場が湿ること自体は血統的にそれほど問題はなさそうですが
差し有利な宝塚記念になるか、といえば・・・疑問符が点灯しそう。
よほどの消耗戦に持ち込まれてしまったら、でしょうか。


逆に人気を落としてきそうなゴールドアクターはといえば
上記のグラフで見てみると、16年の日経賞は超絶スローからの
急流勝負で1着、15年の有馬記念は前半が緩い展開になり
最後から2番目のラップまで加速が続く展開で1着。
逆にコーナーで引き付けられて瞬発力が問われた昨年の有馬記念では
3着に敗れ、前が厳しくなった今年の日経賞では5着と振るわず。
本質的にはそれほどスタミナが豊富、というタイプではなさそうです。

天皇賞春では横山典騎手に乗り替わって・・・まさかの後方からの競馬。
7着というのは逆に頑張ったと言ってもいい感じなのかも(笑)
これはさすがに度外視していいと思われます。

手が合わない、ということでもない限り、今回はいつもどおり
前に行くのではないでしょうか。
場合によっては逃げるまであるかも?!

馬場が湿って道中がスローになるようなら本来のこの馬の能力が
活かせる展開になる可能性もあるかもしれません。

父の父、グラスワンダーは宝塚記念、有馬記念を制しており
血統的にも復活があるなら・・・ここかな、と。


あとは重い馬場が得意なサトノクラウンも興味深いところ。
ただし、前走の大阪杯で▲12kgと馬体を落としていた上に
あまり鉄砲では走らない感じもあるので、過剰な期待はしにくいかも
しれません。

まぁ週末までじっくり考えて楽しみたいですね(^^)/

ダービー回顧(人馬一体)    担【けん♂】

結局そのまま週末に突入してしまったわけですが(爆)
ダービーについて振り返っておきたいと思います。

週頭にラップデータ的に高く評価できる、としたアドミラブルは
過去の傾向的に微妙な青葉賞の勝ち馬ながら1番人気に推されており、
やはり皐月賞組その他にかなり不安があることが大方の認識になっていた模様。

ハナを切ったのは弥生賞でも超絶スローで逃げたマイスタイル(横山典騎手)。
横山典騎手自体がよくいえば飄々とした、悪く言えば
空気を読まない逃げ方をする(失礼^^;)印象で、
世代の頂点を決めるレースであるダービーでも、まずは自分の
(自分の馬の)都合を優先。
好レースを作ることより、マイスタイルの脚を残すことを意識した
逃げ方となりました。

★17年ダービー(東京2400m)

13.0-11.2-12.9-12.8-13.3-12.5-12.1-12.6-12.7-11.5-10.9-11.4

過去の良馬場で行われたダービーの平均ラップおよび、
先日行われた青葉賞のラップと比較してみました。

【ラップ比較】
dabi.png


誰も突っついてこないのをいいことに?前半からとんでもない
スローペースに持ち込んでいることがわかります。

3コーナー手前で少しペースを上げたものの、カーブの出口に向けて
再びペースダウン。
脚をためにためてためまくって4コーナーから直線へ。

このスローペースにいち早く反応したのがレイデオロのルメール騎手。
2コーナーまでは後ろから5頭目に控えていたものの、
そこから一気に外を回して前に寄せ、3コーナーでは2番手をキープ。

スローペースを体感で把握したところで、控えていては届かないと
判断したと思われます。
道中に大きく位置を上げるのは消耗を考えるとなかなか度胸がいる騎乗だと
考えられますが、こういう積極果敢な競馬がこのところの
ルメール騎手の好成績につながっているのだと思います。
(ヴィクトリアマイル、オークスと東京で行われたGⅠを連勝)

レイデオロ自身もぶっつけで皐月賞に出走。
しっかりと馬体を増やして復帰しており、言い方は悪いですが・・・
皐月賞を叩き台にしてダービーに照準を合わせた使い方をした、という印象。

最内で粘るマイスタイルをまったく意識しない感じで堂々と
馬場中央に出してじっくり伸ばし、後続が詰め寄ってきたところで
さらに一伸び。

見事にレイデオロがダービー制覇を達成。
キングカメハメハ産駒としてはドゥラメンテに続く2頭目のダービー馬の
誕生となりました。
ルメール騎手はこれでGⅠ3連勝!

2着は好位から追い迫ったスワーヴリチャード。
皐月賞の鬱憤を晴らした・・・というところまでいかないものの
素質の高さを改めて証明しました。

3着にアドミラブル。
最後は横一線となっており、なんとか面目を保った感じですが
スローペースの中で動けなかったのが厳しかったですね。
青葉賞の流れでも押し上げられた馬なので、思い切った攻めが出来れば
末脚の威力的にもチャンスはあったかもしれませんし、
少なくとももう少し惜しい競馬になったかもしれません。
(もちろん、失速のリスクもありますが・・・)

うーん、正直内容的にはあまり評価できないダービーになった印象ですが
馬の力と騎手の力の総合力勝負になった、という点では
ある意味「競馬らしい」競馬になったと言えるかもしれません(^^;

調子に乗ってダービーについて    担【けん♂】

前回は久しぶりの(こっそりとした)記事になってしまいましたが
見に来て頂いた上に暖かいコメントまで頂き、本当に嬉しい限りです。
もっと時間を取って皆様と一緒に競馬を楽しめるよう
なんとかしたいものです・・・。

せっかくなのでちょっとだけダービーについて。

昨年はマカヒキが皐月賞のリベンジを果たしてダービー馬となったわけですが、
皐月賞で負けた馬が勝ち馬を逆転した例というのは意外に少なく、
01年以降だとワンアンドオンリー、ディープブリランテ、
エイシンフラッシュ、ロジユニヴァース・・・さらに遡って02年の
タニノギムレット、となっています。

ディープブリランテの年は皐月賞が不良馬場、エイシンフラッシュの年は
ダービーが異常なスローペース、ロジユニヴァースのときは
ダービーが不良馬場、タニノギムレットの年の皐月賞馬は二桁人気の穴馬、と
何かしらの要因というか、不測の事態が起こっていた・・・という
共通点?がある印象です。
昨年逆転されたディーマジェスティも皐月賞では8番人気からの戴冠。
実力を評価されていなかっただけ、という感じもありますが
ちょっと02年のパターンに近かったのかも?

で、今年ですが・・・皐月賞ではあろうことか牝馬が1番人気(爆)
ファンディーナのそれまでの勝ちっぷりを観ていれば
さもありなん、という感じもあるにしろ・・・ちょっと牡馬が全般的に
低評価だったという気がします。
でもって結果は9番人気→4番人気→12番人気という大荒れ。
4着馬も13番人気となっており、上位人気3頭は掲示板にも
載れないというとんでもない結果になってしまいました。

アルアインを軽視する・・・というのはやり過ぎかもしれませんが
今年の皐月賞の上位馬を例年どおりの評価しておくのは
危険なニオイがします。

キングカメハメハ、ディープスカイを輩出したNHKマイルは
牝馬が上位を占めたことで、今年はダービーとの関連性はなさそう。
となるとさらに別路線組、ということになるわけですが・・・

ざっと見て興味深いのは青葉賞を制したアドミラブルでしょうか。

500kgオーバーの大型馬なので9月のデビュー戦では
まだ仕上がっておらず9着に敗れていますが
3月に復帰してから3連勝中。
スローの上がり勝負となったアザレア賞では末脚の切れ味を
見せつけていますし、タフな展開となった青葉賞では
後方から捲り上げて最後まで脚を伸ばして2馬身半差の余裕勝ち。
かなりの素質が感じられます。

今年の青葉賞のラップと過去の良馬場で行われたダービーの平均ラップ、
ついでに過去最高の青葉賞だったのではないかと考えている
10年(勝ち馬ペルーサ)のラップを比較してみると↓

【ラップ比較】
青葉賞

なんだかんだでゆったりする部分があった10年の青葉賞と違い、
今年の青葉賞はダービー平均を上回る締まったラップになっています。

道中は後方で知らん顔をしていたアドミラブルは展開に
恵まれた感はあるものの、それでもこの流れの中で位置を押し上げて
脚を伸ばしているわけですから、かなり高く評価しておいて
よさそうです。

2着に入ったベストアプローチはオークスの上位2頭と同じく
欧州血統であるニューアプローチ産駒。
オークスがタフな展開になったことと、青葉賞のラップとの関連には
ちょっと興味を惹かれますね。タフな競馬になればこの馬も
面白いかもしれません。
内容的にはアドミラブルとの逆転を考えるのは難しいかもしれませんが・・・。


週末までに時間が取れたらまた見直しなどをしたいと思いますが
とりあえず、週頭の単純予想では・・・◎アドミラブル?!

こっそりオークス回顧    担【けん♂】

お久しぶりです。

まだ全然余裕がない毎日ですが、ひっそりこっそりと
ちょっとだけ更新。

今日行われたオークスですが、1番人気に応えてソウルスターリングが
見事な圧勝で桜花賞のリベンジを果たしました。

で、今回のラップ(03年からの平均及びここ3年との比較)が↓
おーくす


基本的にはスローに落ち着きやすく、そのために距離適性は意外に
問われない傾向のあるオークス。
昨年のラップは見事に平均どおり、といった感じでした。

今年のラップは序盤こそゆったり進みましたが前半の終わり前に
ペースが速くなり、淡々と緩まないペースで進んでいることがわかります。

グラフの形は15年(勝ち馬ミッキークイーン)に近いですが
ペースアップのタイミングはさらに早く、道中のペースも
グッと締まっています。

何よりも驚きなのが、15年のミッキークイーンは後方からの
差しでレースを制したのに対し、今年のソウルスターリングは
2、3番手追走からの押し切り勝ち、という点。

これだけタフな流れについていって、さらに最後に加速して
後続を突き放すとは・・・正直驚異的だと思われます。

ソウルスターリングの父フランケルも前に行ってそのまま
後続を振り切るようなレースを得意にしていましたが
見事にその素質を受け継いだ感じですね。
2着のモズカッチャンもハービンジャー産駒と欧州血統が
ワンツーになった点もラップとの関連を考えると非常に興味深いですね。

桜花賞は馬場にやられた、という話も出ていましたが
ガリレオ-サドラーズウェルズという血統を見る限り
どう見ても重馬場がダメな感じはないわけで、どちらかといえば
気性的な問題なのかも、と考えています。
ハービンジャー産駒も強い時と弱い時の差が激しい印象ですが
ソウルスターリングももしかしたら今後こういった不安定さを
見せることがあるかもしれません。
(もちろん、杞憂であればいいんですが^^;)

怪物娘の今後の活躍に大注目したいと思います♪

JC簡単回顧   担【けん♂】

天皇賞秋で失速したエイシンヒカリがロングスパートが合わない
瞬発力タイプだとしたら、キタサンブラックはまったく逆の
ロングスパートが得意な持続力タイプ。

古い例との比較になりますが、06年にアドマイヤメインで
東京2400mを逃げ切った青葉賞との比較をしてみました。

【ラップ比較:東京2400m】
JC

キレを求められる展開になるときついか、と思っていましたが
武豊騎手の騎乗技術のすごさを見せつけられた感じです。

まだ若いアドマイヤメインのときにはコーナー途中で脚を
しっかりためてからのロングスパートに出ていますが
(4コーナーに向けてスパートを開始するのは武豊騎手の
 東京で逃げる場合の常套手段)
キタサンブラックで逃げた今回のJCではさらに1ハロン早く
スパートを開始している
ことがわかります。

本来コーナーワークで前に詰め寄っておきたい後方の馬にとっては
非常に厳しい展開。直線に入る前に脚を使わされてしまうために
脚がたまらず、切れ味を活かすことが難しくなっています。
ここで気にせずに脚をためたら後方からになってしまうわけで
雨の中ということを考えると・・・それも無理があるというのも
武豊騎手の掌の上なのかもしれません。

この強烈なロングスパートはもちろん逃げ馬にとっても
非常に厳しいわけで、並の馬なら途中で脚が止まるわけですが
キタサンブラックは止まるどころか、さらに伸びる気配。
異常なまでの持続力で武豊騎手の注文に見事に応えています。

第36回JC・・・36・・・サブロー?!
などという語呂合わせどおりになったのもある意味競馬らしい?
結果でしたが(笑)非常に高いレベルの能力を求める
武豊騎手の逃げ方と非凡な馬の能力が高い次元で噛み合った
非常に面白いJCだったと思います(^^)g

マイルCS妄想的な独り言   担【けん♂】

最も苦手な?GⅠ、マイルCS(京都1600m)について
少しだけ妄想。

京都、外回り、1600mといえば・・・なんといっても
ディープインパクト産駒が優勢という印象。
13年は1着、3着、14年はワンツーフィニッシュ、
昨年も2着がディープインパクト産駒でした。

今回も18頭中、8頭がディープインパクト産駒となっており
この条件では絞れませんが、さらに4歳、5歳が優勢という
フィルターをかけると、残るのは

・サトノアラジン
・サトノルパン
・ミッキーアイル
・ガリバルディ

この4頭。

直近のデータではないので微妙ですが、さらに騎手のデータを
加えて考えると・・・

この条件でなぜか大きくマイナスなのが川田騎手(サトノアラジン)
外回りで思い切って追うのが得意な騎手という印象ですが
マイル周辺の成績が極端に悪く、京都1600mの重賞では
今年の京都金杯を勝つまで本当に不調でした。

逆に大きくプラスなのはデムーロ騎手(サトノルパン)。
少なくとも1番人気にならないであろう今回は是非狙ってみたいですね。

ディープインパクト産駒以外で、というところでは
イスラボニータが5歳馬で注目。
ルメール騎手ですし、休み明けにプラス体重で好走しており
完全にここに照準を合わせてきている印象です。


フィエロ、ダノンシャークはさすがに衰えがみられる感じですし、
ディサイファもマイルは微妙。
あえて牝馬に目を向ければウインプリメーラ、マジックタイムですが
6歳馬のウインプリメーラは少し割引ですかね・・・京都金杯を
勝っている点は評価できそうですが。

まぁ例年の結果からすれば寝言は寝て言え、って感じなので(笑)
肩の力を抜いてレースを楽しみたいと思います。

天皇賞秋についてのメモ書き    担【けん♂】

天皇賞秋ではペースを握るであろうエイシンヒカリが1枠1番に入ったことで
どうやら1番人気を背負うことになりそうです。

前走では不可解な負け方をしたものの、海外GⅠを連勝、今回は帰国初戦と
なりますが、元々人気しやすい傾向の馬で鞍上が武豊騎手・・・となれば
そりゃまぁ・・・(^^;

もちろん、能力については高い評価をしていますが、昨年の天皇賞秋では
9着に敗れているわけで、充実しているとはいえ、どこまで信用できるかは
微妙なところのような気もします。

ひとまず、エイシンヒカリが勝ったアイルランドT、負けた天皇賞秋、
ついでに逃げ馬ダイワスカーレットが最後まで競り切った08年の天皇賞秋の
ラップを比較してみました。

【ラップ比較:東京2000m】
東京2000m

パッと見てわかるとおり、明らかに異質なのはアイルランドT(鞍上は横山典騎手)。
前半こそぶっ飛ばし気味に行っていましたが、途中から一気にペースダウン。
カーブをゆったりと回って、4コーナー出口に向けて脚をためにためている、
というラップになっています。
直線に入って急加速を入れ、最後は流したのか、鈍ったのか・・・。

それに対し、昨年の天皇賞秋は前半をある程度ゆったりまとめ、
カーブの途中から加速を開始。
直線に入る手前からジワジワと加速し続ける脚を長く使う展開に
持ち込んでいたことがわかります。

参考として挙げた08年の天皇賞秋は昨年よりもはるかに速いペースで
前半を通過。もちろん、こんなハイペースから急加速は無理なんですが
それでもほとんど脚をためることなく直線でさらにペースアップ。
最後はウオッカとの競り合いになって鼻毛差で惜敗となってしまいました。


昨年と同じく、武豊騎手が手綱を取って逃げ切った毎日王冠、エプソムCの
ラップも見てみます。

【ラップ比較:東京18000m】
東京1800m

多少のずれはあるものの、かなり類似したラップになっています。
あまり緩めず淡々としたペースで引っ張ってジワジワとペースアップ。
特に共通しているのは・・・カーブの途中から加速を開始をしている点。
武豊騎手が東京で逃げる場合の特徴となっており、
長い直線のあるコースながら、瞬発力勝負ではなく
持続力勝負に持ち込むのが常套手段となっていると考えられます。


で、エイシンヒカリですが・・・1800mの持続戦ならば十分に対応可能では
ありますが、2000mで持続戦になってしまうとちょっと怪しい面が
あるのかもしれません。
少なくともダイワスカーレットのようなタフな逃げ馬ではないと考えられ、
本質的には瞬発力タイプの可能性がありそうです。

気性的に前に行くのは仕方ないとしても、どこかでじっくり脚をためて
急加速ポイントを作って後続を引き離す・・・二段階ロケットのような
逃げ方が合うのではないかと。

走るのは馬ですが、ペースを作るのは騎手。

大ベテランの武豊騎手が戦法を変えてくる可能性は低そうなので
今回も持続戦に持ち込むようだと、思ったよりも力を出し切れずに・・・
ということもあるかもしれません。

全体的には「差し優勢」で見てみるのもあり、なんていう感じで考えています。

スプリンターズS(チラシの裏)   担【けん♂】

お久しぶりです。

夏競馬が終わり、秋のGⅠ戦線の開幕となるスプリンターズSが
行われるわけですが、アイも変わらずのバタバタ続きで考察も何も出来ていません。

ただ、ざっとメンバーを見ていって・・・ビッグアーサーが1番人気になる
という想定であることを考えると、ここはある意味勝負どころ、というか
馬券的には面白いレースになりそうなので、ちょっとだけチラシの裏程度に・・・。

ビッグアーサーの実績(高松宮記念1着、セントウルS1着)は十分ですし
この馬が強いことに異論はありませんが、やっぱり引っ掛かるのは
サクラバクシンオー産駒であること。

近年を見渡してみるとカノヤザクラの3着(8番人気)、ダッシャーゴーゴーの
2着(6番人気、4着に降着)はあるのもの、

・ベルカント 2番人気→13着
・グランプリボス 3番人気→7着(翌年は4番人気→4着)
・ダッシャーゴーゴー 2番人気→11着
・シーイズトウショウ 2番人気→8着

といった感じで有力視された馬でもことごとくぶっ飛んでいる状況。
もちろん、その他にも人気薄で絡めなかった馬がいるわけで
明らかに血統的に「向いている」レースではないと考えられます。

以前、雑誌ROUNDERSに寄稿させて頂いたときのデータでも
サクラバクシンオー産駒の競馬場別成績(複勝率)は

・札幌 24.2%
・函館 36.7%
・福島 21.2%
・新潟 30.4% ※内回り
・中京 23.2%
・京都 25.6% ※内回り
・阪神 22.9% ※内回り
・小倉 27.7%

・総合 23.7%

・中山 17.1%

となっており、全競馬場を通して中山の成績がダントツに悪化していました。

スプリント戦ということで、思い切ってガーッと行き切ってしまえば
強いけれども、最後に一山あるとガックリと力尽きる・・・そんな印象です。
基本的には平坦巧者と見て良さそう。

ビッグアーサーは阪神内のセントウルSを押し切っているだけに
中山でも問題ないかもしれません。
しかし・・・もしかして、過去の例に倣ってしまう可能性も無きにしも非ずかと。


血統的に期待してみたいのはシュウジ(キンシャサノキセキ)、
ソルヴェイグ(ダイワメジャー)、ブランボヌール(ディープインパクト)
辺りでしょうか。

キンシャサノキセキは自身もこのレースで好走していた上に
父フジキセキの産駒は昨年のストレイトガールの例をみても好相性。

ダイワメジャーは坂を苦にしない中山向きの血統だと考えています。
ちょっと人気がなさ過ぎて欲ボケ心が疼きます(笑)

ディープインパクトは中山向きとは言いませんが、心肺能力の高い
産駒が多い感じなので、能力でこなしてしまいそう。
ブランボヌールは母父サクラバクシンオーという辺りが
裏目に出るかもしれませんが(爆)


堅い馬券に用はない、という方はビッグアーサーを切るか、
それとも2、3着付けまでに止める、というのも面白いかもしれませんね(^^;
もちろん、私も欲ボケの方向で・・・(笑)