けいけん豊富な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダービー回顧   担【けん♂】

ダービー(東京2400m)が終わりました。

考察らしい考察、予想らしい予想もできないまま、という
我ながら残念な形になってしまいまいましたが
やはりダービーはダービー。
世代の頂点を競う馬の集結に心を躍らせながらの週末になりました。

展開を握ったのは1枠2番から積極的に言ったマイネルハニー&柴田大騎手。
離れてプロフェット、アグネスフォルテが続き、さらに後続集団は
プロディガルサンを先頭に遅れて続く縦長の展開。

12.6-11.1-11.9-12.1-12.3-12.6-13.1-11.8-12.0-11.6-11.0-11.6
前半1000m 60.0
中間400m  26.0
後半1000m 58.0

【ラップ比較】
ダービー16

03年以降に良馬場で行われたダービーの平均ラップと
比較してみました。

少し飛ばし気味に前半を引っ張った柴田大騎手は
徐々にペースを落ち着かせ、3コーナーからのカーブで
一時的に13秒台にまでペースダウンしますが
(ダービーで13秒台が刻まれたのは良馬場では5回目:03年~)
カーブの中間で一気に急加速。

脚をためられたとみてのロングスパートだった感じですが
さすがに一気に上げ過ぎたと思ったのかカーブの出口で
少しまた緩めて・・・直線入口で改めて加速開始。

ペースの上げ下げがかなり不自然な形になっており
前の馬にとっては消耗度の激しいラップになってしまった印象です。

全体的にはロングスパート気味の後半ラップになっているので
ためて伸ばしたいキングマンボ系の馬よりもSS系産駒が
力を発揮しやすいラップ構成。

予告通りいつもよりも前の中段につけたマカヒキを
蹄鉄を落としてしまったサトノダイヤモンドが追いかけ、
さらに遅れて外をディーマジェスティが突っ込んできて・・・

見事にマカヒキがダービーを制し、皐月賞のリベンジを果たしました。

上位評価された馬がしっかりと結果を出しており、
世代の頂点を決めるのに相応しいレースになったと思いますが
馬場の影響もあってか、33秒の末脚を使った馬が8頭も出たのは
・・・正直、違和感あり。

オークスと違って極限の消耗戦になりがちだったダービーは今は昔。
純粋な(単純な?)末脚勝負になってしまっているような
気がするのは少し残念な気がします。

馬の能力もあるのでしょうけれど、そもそもこういうレースでの
展開の作り方なんかが騎手の間で変わってきているのかもしれませんね。

まだ成長途上、という感じの馬もおり、この世代が古馬相手に
どう戦っていくのか、秋以降も楽しみにしたいと思います。

スポンサーサイト

ダービーについてのメモ 2   担【けん♂】

もうすぐダービー(東京2400m)発走の時間になってしまいますが
もう少しだけ、各馬の印象なんかを・・・。

前回の記事で最後にふれたスマートオーディンですが、末脚を発揮しているのは
基本的に道中に緩みがあるレース展開であり、締まった流れでスタミナを
問われてしまうと不安がありそうです。

青葉賞は前半こそスローでしたが、後半は11秒台が延々と続く締まった展開。
後方で知らん顔をしていたレッドエルディストの末脚は評価出来ますが
前が止まったところを差してきた、という印象は否めず、
位置取りを工夫しないとダービーで一気の大捲くり、というほどの器では
ないかもしれません。
中段から抜けたヴァンキッシュランは上がり3ハロンこそレッドエルディストに
譲りましたが、内容的にはかなり高く評価して良さそうです。
今回は外枠に入ってしまったので内田博騎手がどこにつけるかが
ポイントになりそうですが、積極的に行くのであれば
出し抜けて粘り込む形で上位に食い込めるかも。

2歳王者リオンディーズは気性的な問題もあってか、ここ2戦は
前々で競馬をして・・・少し足らず。
前が厳しい展開の中、よく粘っているという見方も出来ますが
かといって控えての脚比べでどうか、というとなかなか評価が難しい気がします。
キングカメハメハ産駒だけに、スローからの瞬発力勝負なら
ディープインパクト産駒以上の適性を見せそうですが
流れの中で脚を使う形に持ち込まれてしまうと・・・今回は試金石になるかも。

エアスピネルは距離に合わせて体型を少し胴長に仕上げてきている
印象ですが、能力的にリオンディーズに一枚上手をいかれてしまっていることを
示してしまっており、逆転の可能性は微妙。
特殊な展開になった場合にリオンディーズと一緒に、という狙い方に
なる気がします。



ダービーの価値、という点を考えても突発的な好走で人気薄の馬が勝利!
みなたいなことは個人的には起こって欲しくないわけで(^^;
基本的には人気サイドを狙う感じで。

ディーマジェスティ、マカヒキに加えて、あえて一味つけるなら
ヴァンキッシュランの立ち回りに期待!

今回もまともな考察も出来ませんでしたが、レースを楽しみにしたいと思います♪

ダービーについてのメモ 1  担【けん♂】

ダービー(東京2400m)について、チラシの裏。

前回書いたように皐月賞組では勝ち馬優勢、と考えれば
素直にディーマジェスティは超有力。
皐月賞が差し決着になった点でもダービーに繋がる内容と
評価してよさそうです。
東京では2戦2勝、血統的にも割り引く要素はほぼなく、
本命・・・といいたいところですが、馬体写真だと
妙に太目なのが気になります。
当日の馬体重に要注目。

マカヒキも条件良化、と考えてよさそう。
4戦連続で最速の上りを記録しており、東京への適性も
問題なさそうです。
川田騎手は皐月賞より前の位置取りを考えているようで
極端な競馬にならなければ十分に逆転チャンスはありそう。

サトノダイヤモンドはダービーを目標にしたローテで
きており、今回は目算どおり馬体の仕上がりも過去最高に
見えました。
ただ、まだ全体的には成長途上の緩さを感じるので
現時点での完成度、という面がどう出るか。

スマートオーディンはまさしく松国厩舎、という馬体。
大外をぶん回すロスがあるコース取りながら
だからこそ広々したところで脚を活かすスタイルが
東京でもハマる可能性はありそう。
ただし、血統的に距離延長は・・・微妙かも。

あとはのちほど・・・

ダービーの傾向について   担【けん♂】

さて今週はいよいよダービー(東京2400m)が行われますが
相変わらずのバタバタで考察が始められず・・・。

昨年は思った以上のハイペースになった中、ドゥラメンテが
2冠達成。キングカメハメハ産駒として親子制覇を成し遂げました。

一昨年のダービーではワンアンドオンリーが皐月賞4着から巻き返して勝利。
ゲストにいらした皇太子、鞍上の横山典騎手、前田幸治オーナー、
そしてワンアンドオンリー自身が全て2/23生まれという
不思議な一致に驚きました(^^;

皐月賞で負けた馬が皐月賞馬(イスラボニータ)に勝ってダービーを制覇した、
というのは12年のディープブリランテがゴールドシップを破った以来に
なったわけですが・・・実は意外にこういった例は少なく、
01年以降だと他には02年、09年、10年の合計5回しかありません。

02年の皐月賞馬ノーリーズンは二桁人気からの激走だったわけで
タニノギムレットが巻き返したのは納得の話。
09年は不良馬場に脚を取られたアンライバルドが惨敗、
10年は超瞬発力勝負になり、キングマンボ系のエイシンフラッシュが
ヴィクトワールピサを破っています。

ネオユニヴァース、ディープインパクト、メイショウサムソン、
オルフェーヴル、ドゥラメンテが2冠を達成・・・
ウオッカ、ディープスカイ、キングカメハメハ、キズナは
別路線からの参入となっていました。
(ディープスカイが勝った08年は皐月賞馬がダービー不出走)

特にNHKマイル組は皐月賞組を上回る評価をされるようなら
要注意ということになりますが、今年のメジャーエンブレムは
牝馬ですし、もちろんダービーへの登録自体がありません。

馬場や展開に大きな影響がなければ・・・皐月賞馬はやはり強い、
と考えるのが自然な流れのようです。

今年の皐月賞を制したディーマジェスティは共同通信杯からの直行組。
基本的に末脚を活かすタイプで東京では2戦2勝と条件的には
おそらく良化することになるわけで、
過去の傾向からすれば余程特殊な展開にならない限り、
皐月賞組ではディーマジェスティが優勢と考えるのが自然かと。
あえて逆転を狙うなら別路線組からの刺客を中心に考えてみた方が良さそうです。

ただし・・・ディーマジェスティは皐月賞では8番人気だったわけで
面子が揃った今年はまだまだ混戦気味、という見方も出来そう。
過去の傾向をもとに皐月賞馬を信じるのか、それとも・・・?

オークス簡単回顧   担【けん♂】

土曜はオークスの予想を置いたままで恒例のパチンコへ。
先週のリベンジ、ということでガロ(魔戒ノ花:マックス)に
座ろうと思いきや・・・なんと故障中。
迷った末に結局、ガロのミドルに座ってみたわけですが
朝一から1300ハマりという過去最悪の惨劇に遭ってしまいました。
剣が3回刺さって一度も当たらず、滅多に来ない赤保留もハズレ。
魔天使が飛び回って赤背景の心滅対戦でも外したときには
さすがに意識が飛びかけました・・・(涙)

で、オークス。事前の印象は↓こんな感じ。

桜花賞が極端な差し決着になったことで、逆に上位馬のオークス適性が
明らかになってしまった印象。
ジュエラーは残念ながら出てこれませんでしたが、
シンハライトに逆らうのは無理がある、というのが個人的な見解でした。
あえて不安要素を挙げるとしたら・・・鞍上が池添騎手、という点。
東京では控え過ぎて差し損ねが目立っており、他の競馬場ほどの
信頼がおけない、という印象です。

フローラSで能力を示したチェッキーノについては
全兄のコディーノがダービーで失速したのが不安材料。
スローになりがちなオークスなら・・・という感じでしょうか。

桜花賞3着のアットザシーサイドは短めの距離を使ってきた点に
加えて、桜花賞時に▲10kgと最低体重に絞り込んでいたのが微妙。
上積みには期待しにくく、輸送のある今回は調整が難しいのでは・・・


で、今回のオークスのペースを見てみると
【オークスラップ比較】
おーくす


前半が緩かった昨年と違い、ほぼ平均ペース&平均的な展開に
なっていることがわかります。

前半はある程度締まった流れで引っ張り、カーブで大きくペースダウン。
直線入口で思い切ってダッシュして・・・先行勢が失速。
後方、中段からの差し決着となっています。

参考までに・・・

前半800m、中盤800m、後半800mに分け、
全体の走破タイムからその年の平均ペースを算出して
前半、中盤、後半のペースのアップダウンを調べてみると

・16年 平均48.3
 前半-0.9 中盤+2.1 後半-1.1

これに最も近かったのは・・・ブエナビスタが勝った09年。

・09年 平均49.6
 前半-0.9 中盤+1.9 後半-1.0

全体のペース自体は09年の方がかなり緩くなっていますが
ペースの上げ下げのリズムがかなり近くなっています。

単純比較は出来ませんが、中段から抜けていったビッシュは
レッドディザイア(ご冥福をお祈りいたします)に近く、
後方から脚を伸ばしたシンハライト、チェッキーノは
ブエナビスタに近い能力が期待出来そうです。

シンハライトは直線半ばでは馬群に飲まれそうな感じに
見えましたが、最後の伸びが秀逸。
もっと位置をとって競馬が出来るようになれば
馬格のなさもカバー出来そうですし、さらに安定感のある
レースが出来そうです。
池添騎手は・・・やはり東京では微妙ですね(爆)

NHKマイルを振り返って   担【けん♂】

ゴールデンウィークは例年どおり仕事。以前ほどではないものの、
普段の2割増しくらいで忙しく、ついでに2割増しくらいで睡眠不足(爆)

金曜の晩にようやく一区切りついて、ぶっ倒れて・・・土曜はゆっくり
出来たものの、NHKマイルの考察はまったく出来ず、展望すらアップできないまま
週末、本番となってしまいました。

とりあえず、なんといっても注目はメジャーエンブレム。

桜花賞では本来の逃げる競馬が出来ず、末脚勝負に持ち込まれて4着と
消化不良に陥ってしまったわけですが、鞍上のルメール騎手も
おそらくは各方面から色々と言われたはず。

さすがに負けるかどうかは別にして、まずは逃げる形を作る、
というのが最低限の条件だったと思われます。

その意味では内枠(2枠)を引けたのはラッキー。
好スタートを切って、外から寄せてきたシゲルノコギリザメに譲らず
しっかりとハナを主張して、そのまま直線に入ると
父を彷彿とさせるような脚を削る競馬でそのまま押し切って逃げ切り勝ち!

近年にこのレースで逃げ切りを決めたミッキーアイル(14年)、
カレンブラックヒル(12年)とペースを比較してみました。

【ラップ比較】
NHK

ミッキーアイル、カレンブラックヒルはこのあとのレースで
前半で脚をためて、後半に加速していく展開じゃないと厳しいことを
示してしまいましたが、今回のメジャーエンブレムの前半800m通過タイムは
46.0!\(◎o◎)/!
ミッキーアイルの46.6、カレンブラックヒルの47.3を遥かに上回る
ペースで引っ張って最後まで押し切っている、というのは
非常に高く評価してよいところだと考えられます。

ちなみに46.1で通過した13年は最後方近くからマイネルホウオウが
一気に追い込みを決めており、2着も10番手からのインパルスヒーロー。

今回も2着は後方から脚を使ったロードクエストでしたが、
最後まで寄せ付けなかったメジャーエンブレムは過去の例を鑑みても
抜けている、と言えそうです。

メジャーエンブレムの上がり3ハロンは35.1、2着のロードクエストが33.8。
ダイワメジャーが現役時代に、「末脚が鈍く、後続を封じるのは難しい」と考えて
散々煮え湯を飲まされてしまいましたが(笑)東京でこれだけ末脚に差がありながらも
完勝した、というのはまさしく父似ですね。
うーん、これからの扱いが難しい馬になりそうです(^^;)

皐月賞をふりかえって    担【けん♂】

結局、皐月賞も最後にまとめることが出来ず終い・・・。

簡単に内容について振り返っておきたいと思います。

内から出たジョルジュサンク、アドマイヤモラールを外からかわして
リスペクトアースが前半のペースを握る展開。

昨年の有馬記念に続き、2回目のGⅠ騎乗となる石川騎手は
良く言えば「積極的」悪く言えば・・・「入れ込み過ぎ」な感じ。
前半1000mは58.4と01年からの皐月賞(東京開催を除く)では
13年(58.0)に続いて2番目に速いペースで引っ張っています。

【ラップグラフ】
皐月賞ラップ

上り坂の頂上付近で一旦ペースを落としたものの、下り坂で猛加速。
通常は後半及び、最後の急坂のことを考慮して、この下りで
どれだけ落ち着いて下れるか、が大きなポイントになるわけですが、
・・・今年はまさに「行くだけ行った」内容となっています。

ガンガン行って、さらに下りでダッシュして・・・後半に入ったところで
すでに完全に息切れ。
先頭をリオンディーズに譲るとリスペクトアース自身はズルズルと後退、
4コーナーでは10番手となっているわけで、これはさすがに作戦ミス。
もしかしたら大逃げを狙ったのかもしれませんが、今回はピッタリと
後続がついてきてしまったのが誤算ですね。

うがった見方をすれば・・・末脚を活かしたい他の陣営への
援護射撃と映らないことはないくらいの暴走劇だっただけに
最後まで踏ん張れないペースを作った反省は今後のレースに
活かして貰いたいものです。

思った以上の消耗戦に持ち込まれてしまったことで、
掛かり気味に前に行ってしまったリオンディーズにとっては
血統的にも向かない展開になってしまいました。

結局今回も並んだ結果となったエアスピネルとともに、
やはりキングカメハメハ産駒は瞬発力を活かす形にならないと
厳しい印象です。

逆に願ってもない形になったのはディープインパクト産駒。
これまで皐月賞では結果が出せていませんでしたが、
今回は1~3着を独占。4、5着をキングカメハメハ産駒に譲って6着もまた
ディープインパクト産駒と、上位を席巻する結果となりました。

馬体の出来が非常に良く見えたディーマジェスティは相手関係が強化された
ここでも共同通信杯と同じく、最後に秀逸な伸び脚を発揮。
さらに後方から追いかけてきたマカヒキに詰め寄らせず、
まさにあっさりと1冠目を手にしました。

展開が向いた側面は大きかったにしろ、能力の高さは十分に
証明できたと思われます。
東京コースはすでに攻略済みなわけで、ダービーでも上位争いに
なりそうです。

同型のマカヒキは次回はもう少し前につけることを示唆。
末脚ではディーマジェスティに負けていないだけに
この馬も次回はさらに舞台良化で活躍が期待出来ると思われます。

まだ線の細さが感じられるサトノダイヤモンドはここを叩いて
どこまで良化があるかがカギになりそう。
先に仕掛けた分、今回は上位2頭に差をつけられた内容でしたが
いきなりでここまで出来れば素質の高さの証明は十分。
今後が楽しみです。

今回は展開が向かなかったキングカメハメハ産駒2頭は
ダービーが瞬発力勝負に大きく偏った場合には侮れない存在に
なりそうです。
その意味でも先行馬(騎手)には注目しておきたいところ。
素質馬がひしめいた10年のダービーでは本番が思わぬスローに
落ち着いてSS系産駒を振り切って活躍した血統だけに
展開をじっくり考えてみたいですね(いやもう本当に・・・涙)

皐月賞(馬体について)   担【けん♂】

【ロードクエスト】
(新潟2歳S)
ロードクエスト15新潟2歳
(スプリングS)
ロードクエスト16スプリング
(皐月賞)
ロードクエスト16皐月賞
・出来   A
・良化度  B
・バランス B+
復帰時点からある程度出来上がっていた印象ですが
充実度、ハリは非常に良く、力を出せそう。

【リオンディーズ】
(朝日杯FS)
リオンディーズ15朝日杯
(弥生賞)
リオンディーズ16弥生賞
(皐月賞)
リオンディーズ16皐月賞
・出来   A
・良化度  A+
・バランス A
叩いてグッと実が入り、立ち姿のシルエットは
大幅に良化。大物感も十分。

【エアスピネル】
(朝日杯FS)
エアスピネル15朝日杯
(弥生賞)
エアスピネル16弥生賞
(皐月賞)
エアスピネル16皐月賞
・出来   A+
・良化度  A
・バランス A
前後の筋肉は充実一途。クビ差しも太くなり
成長には期待出来そうです。

【サトノダイヤモンド】
(きさらぎ賞)
サトノダイヤモンド16きさらぎ賞
(皐月賞)
サトノダイヤモンド16皐月賞
・出来   B+
・良化度  B
・バランス A
骨格にまだ筋肉が付き切っていない感じながら
現段階でもまとまりのある馬体は評価出来そう。

【マカヒキ】
(弥生賞)
マカヒキ16弥生賞
(皐月賞)
マカヒキ16皐月賞
・出来   B+
・良化度  B+
・バランス B+
まだ幼さを残しながらも現段階としてのまとまり、
良化具合は十分。まだ今後の成長に期待出来そう。

【プロフェット】
(札幌2歳S)
プロフェット15札幌2歳
(京成杯)
プロフェット16京成杯
(皐月賞)
プロフェット16皐月賞
・出来   A-
・良化度  B+
・バランス B
休養明けながら上半身の力感は上昇。
ただし下半身は小さくまとまっており、
本格的な良化はまだ先かも。

【マウントロブソン】
マウントロブソン16皐月賞
・出来   B
・良化度  不明
・バランス B
この馬ながらに充実しているものの、
小さくまとまった感が・・・。

【ディーマジェスティ】
ディーマジェスティ16皐月賞
・出来   A+
・良化度  不明
・バランス A+
前後の筋肉の充実度は高く、重厚な馬体。
少し重い感じもあるものの、見た目通り走るなら
侮れないかも。

【ナムラシングン】
ナムラシングン16皐月賞
・出来   B
・良化度  不明
・バランス B
中山には合いそうですが、前後ともに
小さくまとまった感。

【ジョルジュサンク】
ジョルジュサンク16皐月賞
・出来   B
・良化度  不明
・バランス B-
まだ幼さが残っており、見た目のまとまりに
欠ける馬体。筋肉は充実して出来はそれなり。

【アドマイヤダイオウ】
アドマイヤダイオウ16皐月賞
・出来   B+
・良化度  不明
・バランス A-
現段階での充実度は高い感じですが
上半身が小さくまとまって操作性に疑問も。

※写真はすべて競馬ブックPHOTOパドックより

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。