けいけん豊富な毎日

菊花賞(血統的距離適性分析)  担【けん♂】

菊花賞の出走馬が発表になりました。
ヤマニンリュバンが抽選落ち(回避?)となり、先行予定の馬が
全て出てきたのでこれで展開を想定していきたいと思います。

その前にまずは血統的な距離適性について見てみます。

3000m経験のある馬は・・・当然おらず(笑)
どの馬も初体験、ということで手探りな面があると思われます。

もちろん個体差はありますし、母系の影響もあるので
その辺りも加味しなければいけませんが、ここでは父系の距離延長での
複勝圏率の変化について調べてみました。

血統別複勝圏率上昇度
菊花賞距離

本来は2600m以上の長距離のデータを見るべきなのかもしれませんが
どの血統にしてもレースメニューの関係もあり、出走回数が少なすぎて
データになりません(^^;

ということで2200m~2600mでの複勝圏率
芝レース全体の複勝圏率を比較して上昇があるかどうかを見ています。
実際、菊花賞の場合は途中のペースが落ちることもあり、
内容的には3000m級のスタミナがなくてもこなせてしまう
という面がありますのでおおよその傾向は掴めると考えられます。

恐ろしいほど距離延長がプラスになっているのは・・・
ジャングルポケット産駒ステイゴールド産駒
今回のオウケンブルースリ、シゲルフセルトはどちらも母系に問題があり
スタミナ面で不安視される部分がありますが、父系がこれだけプラスなら
あまり考えなくてもいいかもしれませんね(^^)g

微妙に数字がマイナスになっているブライアンズタイム
2600m以上の数字で大幅に上昇があります。
その意味では距離延長に不安はなさそうです。

エイシンサンディ、アグネスタキオン、タイキシャトル
少なくともプラス材料にはならないですが、低減としては微妙なので
母系次第ではこなせてもおかしくありません。
ただし、タイキシャトルはやはりマイル周辺にピークがきているので若干不安です。

ヤマニンセラフィムは・・・データ不足(笑)
こなした馬がいないので0%になっていますが出走回数が少な過ぎて
評価できません(>_<)

シンボリクリスエスは・・・2200mまでは大幅に上昇傾向ですが
それを超えると突然ガクッと数字が落ちています。
中距離専門?・・・傾向的にこなせてもおかしくない雰囲気ですが
これまでのデータでは怖い面があるようです。

距離延長が明らかにまずいのはクロフネ、アグネスデジタル
どちらも距離が短くなるほど複勝圏率が上昇する傾向。
こなせる産駒が出てもおかしくはないですが、期待はしにくいと思います。

菊花賞(中間評価)  担【けん♂】

とりあえず菊花賞についてざっと見たところで、現段階で考えていることなどを
整理しておきたいと思います。

とりあえずこれまでのレース内容を評価している馬は
・スマイルジャック
・ダイワワイルドボア
・ロードアリエス


この3頭。

スマイルジャックはダービーでの内容が秀逸。
ロングスパート合戦で前からさらに伸びる脚を使えた点などを見ると
スタミナ面で大いに期待できる馬だと思います。

ダイワワイルドボアもスタミナに裏打ちされた伸び脚がある馬。
オウケンブルースリに負けたレースでも馬場の悪いところを
通っての結果なので逆転は十分にあっても良さそうかと。

ロードアリエスは神戸新聞杯の内容が良かったですね。
後半に緩まない流れの中で前で残ったのはディープスカイとこの馬だけでした。
休み明け+22kgであのレースが出来るなら次は反動が出ない限り
上昇が期待できそうです。

この他でちょっと見直そうかと考えている馬は
・ベンチャーナイン
・ダイシンプラン


両方とも差し馬ですのでその点では微妙な感じですが、
前が止まる消耗戦になれば出番があるかも・・・

とりあえず馬体の印象をまとめてみると

状態が良さそうな馬
・スマートギア
・ベンチャーナイン
・ヤマニンキングリー

それなりに良さそうな馬
・ダイシンプラン
・シゲルフセルト
・ロードアリエス
・ダイワワイルドボア
・アグネススターチ

少し消耗が気になる馬
・ノットアローン
・オウケンブルースリ

かなり不安を感じる馬
・スマイルジャック
・マイネルチャールズ

こんな感じでしょうか。
うーん、有力馬はほぼ全滅・・・ダイワワイルドボアに関しても
比較写真がないので本来の姿との差がわからないので不安は無きにしも非ず。
雰囲気的には・・・大荒れがあってもおかしくないかも?!

スマートギアは馬体と鞍上(武豊騎手)でプラスがあるので
見直しても良さそうですね。
ただ・・・馬格がないのでその辺りがどう出るか?
今の見た目の充実度どおりに馬体も増えているようなら
かなり期待出来そうな雰囲気です(^^)

問題の?オウケンブルースリは夏からの消耗がある気がしました。
前が残る展開なら・・・嫌ってみても良さそうかと考えています。
末脚のキレ勝負になった場合はベンチャーナインやダイシンプランに
勝る脚が使えるかどうか・・。うーん、どちらにしてもヒモ候補までに
抑えて考えてみたいと思います。

菊花賞(馬体について2)  担【けん♂】

菊花賞出走予定馬の馬体について、第2弾です。

前回記事で見た有力実績馬の馬体は全体的に良いとは言えな雰囲気
長丁場の厳しいレースだけに体調面に不安があるならば・・・思わぬ失速も
あるかもしれません。下克上があるかも?!

【ノットアローン】
(ラジオN賞)
ノットアローン08ラジオN賞
(セントライト記念)
ノットアローン08セントライト
(菊花賞)
ノットアローン08菊花賞
大きな変化はなさそう。それなりにハリのある状態を維持できてそうです。
前走よりさらにクビが高い分、推進力、キレ味には不足が出てきそう。
後半が下り坂で平坦な京都ならそれほど問題にはならないかもしれませんが
決め手には欠けてしまいそうですね。

【ベンチャーナイン】
(弥生賞)
ベンチャーナイン弥生賞
(菊花賞)
ベンチャーナイン08菊花賞
元々立ち姿のバランスがそれなりに良い馬ですが
春に比べて筋肉がついてパワーアップが感じられます。
太め感なくすっきり滑らかに仕上がっており、状態はかなり
良さそう
ですね。毛ツヤも良好、展開次第では一発も・・

【ヤマニンキングリー】
(07朝日杯FS)
ヤマニンキングリー07朝日杯FS
(神戸新聞杯)
ヤマニンキングリー08神戸新聞杯
(菊花賞)
ヤマニンキングリー08菊花賞
大きな変化はありませんが叩いた上積みで上半身の筋肉が良化。
全体的に力強さを増しています。
毛ツヤも良好、出来は相当良さそうですのであとは能力・・

【ロードアリエス】
ロードアリエス08菊花賞
比較写真がないので変化がわかりませんが前走での+22kgの影響か、
まだお腹に余裕を感じます。
キレは微妙ですが全体的にガッチリと筋肉がついており
パワーはありそうですね。毛ツヤもそれなり・・・消耗は感じませんので
この馬なりに良い状態で出て来れそうです。

【アグネススターチ】
アグネススターチ08菊花賞
毛ツヤも良く前走の消耗などは感じられません。
下半身の筋肉がまだ足りていない感じでキレには不足感がありそうです。
バランスはそれなり・・・ただし全体的に迫力不足かも。

【シゲルフセルト】
シゲルフセルト08菊花賞
ステイゴールド、サクラバクシンオー両方の特徴が
出ている感じです。ガッチリした骨格にバネのありそうな肉付き
まだ成長途上という印象ですがこのまま成長すれば
なかなか良い感じに仕上がってくるのではないでしょうか。
毛ツヤも良く、状態はかなり良さそう。
スタミナよりはキレ味を感じる馬体だけに距離延長はやはり微妙かも。

【ダイシンプラン】
ダイシンプラン08菊花賞
前後の筋肉はかなり立派。いかにもバネがありそうです。
毛ツヤはそれなりに良く見えますが微妙にハリの面で不足感。
比較写真がないので変化がわかりませんが、この馬なりに
走れる状態で出走できそうです。

【スマートギア】
スマートギア08菊花賞
少し腹回りに余裕を感じますが前後に力強い筋肉がついていて
迫力があります。
体調面もまったく問題はなさそう。相当良い状態での出走
なりそうですね。武豊騎手なら・・・・

※写真はすべて競馬ブックPHOTOパドックより

菊花賞(馬体について1)  担【けん♂】

菊花賞出走予定馬の馬体について見ていきたいと思います。
比較写真のない馬が多く、その意味では春から状態を維持、成長してきた馬が
少ないなぁと感じてしまいます(>_<)

【スマイルジャック】
(ダービー)
スマイルジャックダービー
(神戸新聞杯)
スマイルジャック08神戸新聞杯
(菊花賞)
スマイルジャック08菊花賞
どちらかというと丸みを帯びたコロンとした体型の馬ですが
今回はかなり細くなった印象。光の加減もあると思いますが
馬体が薄く見えますね。それに伴って下半身の筋肉量が低下
肌のハリの面ではイマイチ・・・。
いつもはクビが低い馬なんですが、クビが上がってしまっているのも
気になるところ。栗東に残って調整しているのが逆に裏目?
環境の変化で消耗があるかもしれません。

【ダイワワイルドボア】
ダイワワイルドボア08菊花賞
比較写真がありませんが、ガッチリした上半身はかなり
パワーを感じます。毛ツヤもそれなりに滑らかで調整面で
問題はなさそう
ですね。下半身の肉付きが足りない感じで
前後のバランスはイマイチですがこの馬なりに良い状態で
出走できそうです。

【オウケンブルースリ】
(神戸新聞杯)
オウケンブルースリ08神戸新聞杯
(菊花賞)
オウケンブルースリ08菊花賞
前走に比べると少し毛ツヤの滑らかさは低下しているかも。
それほど大きな変化はなさそうですが、上半身の筋肉のハリは
少々微妙に低下傾向
。夏も使い続けているだけに
体調面ではそろそろ不安が・・・。

【マイネルチャールズ】
(札幌記念)
マイネルチャールズ08札幌記念
(セントライト記念)
マイネルチャールズ08セントライト
(菊花賞)
マイネルチャールズ08菊花賞
全体的にもっさりしてきています(^^;
毛ツヤはそれなりに滑らかではありますが・・メリハリに
欠ける感じ・・・お腹もポッコリしていますし、消耗で少し
緩めてしまったのかも
しれません。
最も心配なのは腰が落ちてしまっていること。
筋肉量も低下していますし、バネがなくなってしまっているかも。
良い状態とは思えません・・。

※写真はすべて競馬ブックPHOTOパドックより

菊花賞(馬体重分析)  担【けん♂】

菊花賞について考えてみたいと思います。

3000mという長丁場。人間でもマラソンランナーは痩せているのが一般的なわけで、
その意味ではスマートな馬が好走をしてきそうな感じもありますが・・・(^^;
菊花賞の場合には57kgという斤量がかなり問題になってきます。

斤量負担は距離が長ければ長いほど馬の体力を奪っていきます
ここで重要になるのは「実質斤量負担」。
これまでにも何度も考察してきていますが馬体重に対する斤量の割合によって
実質的な負担が変わってくるということですね。

斤量÷馬体重=実質斤量負担(%)

これが13%を超えてくると危険水域。長距離のレースでなくても
かなり厳しいことになってしまいます(もちろん個体差はあります)。

今回の場合は12%台でも後半になってくると・・・かなり負担が大きそうです。
※実質斤量負担に関しては「ガラスの競馬場」様のメールマガジンを参考にしています。

過去の菊花賞について馬体重の視点から調べてみました。

体重別入着率:菊花賞過去10年
菊花賞斤量

過去10年間に菊花賞に出走した総頭数は170頭
体重別の分布で言うと440kg~500kgくらいの馬が多いのは
だいたい競争馬の体格を考えると自然なことだと思います。

最も勝ち星が多いのは480kg~500kgの馬
出走頭数の割合から考えるとかなり高い数字になっています。
全体的に馬格のある馬が優勢となっていますが500kgを超えると
勝ち馬は1頭だけ
(デルタブルース)。
出走頭数の割には頑張っていますが・・・体が重過ぎるのも少しマイナス
なのかもしれません。2、3着程度で考えた方が良さそうです。

逆に460kgに満たない馬格が小さめの馬で勝ったのも1頭だけ。
もちろんディープインパクトですね(^^;
これは・・・例外とみてもいいかもしれません(爆)
とりあえず460kg以下の馬は大きく割引・・・余程の好成績とか
実力が期待出来る馬に限られそうです。

今回の登録馬の前走の馬体重
・520kg以上
ダイワワイルドボア

・500~520kg ※これより↑は2着まで?
ダイシンプラン
ミッキーチアフル(ギリギリ)
ヤマニンリュバン
ロードアリエス

・480~500kg
オウケンブルースリ
ドットコム
ナムラクレセント
フローテーション

・460~480kg
アグネススターチ
スマイルジャック
ノットアローン
ベンチャーナイン
マイネルチャールズ(ギリギリ)
メイショウクオリア(ギリギリ)
ヤマニンキングリー

・440~460kg ※これより↓は危険ゾーン
スマートギア
ホワイトピルグリム

・420~440kg
シゲルフセルト

・420kg未満
該当馬なし

うーん、オウケンブルースリはこの点でもかなり有利な感じ(^^;
スマイルジャックは大丈夫そうですが、ダイワワイルドボアは・・微妙。
マイネルチャールズ、メイショウクオリアはマイナス体重での
出走になると危険ゾーンに入ってしまいます。

果たして例年の傾向は今年も当てはまるのかどうか・・・。

菊花賞(各馬分析3)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ここからは抽選予定(8/9頭)の馬。
レースの展開を左右すると考えられる先行馬もいますので
どの馬が出てくるかはかなり重要になりそうです。
間隔の狭い馬もおり、回避が出るようなら除外予定の馬にもチャンスがあるかも?
個人的には血統的にも興味深いアインラクス辺りに繰り上がって
もらいたいんですけどね(^^;

アグネススターチ】(栗東) バブルガムフェロー×(リヴリア)
プリンシパルSではコーナーで後方を大きく突き放していましたが
ベンチャーナインの末脚に屈して2着、前走では大逃げの状態から
追いつかれながらもさらに突き放す底力を見せて先行押し切り。
かなりのスタミナがある馬ですが、ポイントになるのは後半のラップ。
直線手前で一旦ペースをガクッと落として脚をためるのが赤木騎手の
騎乗パターンのようですね。長い脚を使うタイプではないので
他の先行馬との兼ね合いが重要になりそうです。

スマートギア】(栗東) マーベラスサンデー ×(パドスール)
後方もしくは好位からかなり鋭い末脚を使える能力馬ですが
今回の抽選メンバーに微妙に届かず連続2着・・・前走では▲12kg
完全に仕上がった感じでレコードに0.3秒差と好走しました。
馬体の回復具合も不安ですし、距離延長も微妙。
馬格がない馬だけに斤量負担も心配ですね。
鞍上の武豊騎手は長距離実績がダントツに高いだけに
騎手の力がどれだけプラスになるか・・。

ダイシンプラン】(栗東) タイキシャトル×(Dehere)
出てくるなら中1週になります。
中段からかなりキレのある末脚が使える馬。
脚質的に安定感には欠けますが能力はかなり高いものがありそうです。
決め手があるだけに京都外回りはかなり合いそう。
あとは血統的に距離の延長がどうか・・・。

ドットコム】(美浦) ブライアンズタイム×(ヘクタープロテクター)
決め手に不足しているのに後方からの競馬になっていましたが
前走では安藤騎手が上手く好位につける競馬で久々の勝利。
どちらかというとダートが合いそうな感じがありますが
元々ペリエ騎手が期待していた馬だけに復活があるのかどうか・・・。
波の激しい成績ですが上位馬に通用するほどのものはちょっと・・。

ナムラクレセント】(栗東) ヤマニンセラフィム×(サクラショウリ)
かなりの切れ味がある能力馬。マイナー血統のヤマニンセラフィム産駒ですが
菊花賞(抽選)に2頭登録というのは凄いですね(^^)
神戸新聞杯では後方で脚をためやすい展開となったこともあり
追い上げて6着。切れ味では同型の馬に少し及ばない分、仕掛けどころなどが
重要になってきそうです。

ホワイトピルグリム】(栗東) クロフネ×(エリシオ)
好位からそれなりの脚で伸びてくる馬ですが、古馬との対戦となった
朝日CCでは前で粘り切れず失速。まだ何枚か足りない印象です。
抽選予定の他の馬とは5分の争いをしていますが、春の実績馬を
超えるほどの成長があるかどうかは微妙かも。

ミッキーチアフル】(栗東) シンボリクリスエス×(Caerleon)
かなりスローペース寄りの逃げ馬、と考えていましたが
神戸新聞杯ではかなり後半に厳しいペースで引っ張って・・・失速。
僚馬のオウケンブルースリに有利な展開を作ったのかも?とも
考えてしまいましたが結局のところ、少々能力に不足感がありそうです。
出走してくれば展開に影響を与えそうなので脚質に注意ですね。

ヤマニンリュバン】(栗東) ヤマニンセラフィム×(ソヴィエトスター)
ダートの先行馬ですが、芝では少しスピード不足。
前走でも好位にはつけていきましたが最後はズルズルと下がってしまいました。
現状では能力不足・・・ダートの方が期待できそうです。

ロードアリエス】(栗東) シンボリクリスエス×(Unbridled)
休養明けに+22kgと大幅に増量。
厩舎側でもかなりの成長を見込んでいたようですが、前走では前が厳しいペースで
しっかりと脚を残して5着と能力を示してくれました。
結果的に実績馬に及ばなかったものの、先行勢の中で残ったのは
ディープスカイとこの馬だけ
なのでその点では高く評価できそうです。
叩いて良化があればさらに上昇も・・・楽しみですね。

菊花賞(各馬分析2)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。
まずは出走権を持っている馬から見ていきたいと思います。

今週末は金曜、土曜と雨予報。
今の段階ではどうこう言えないですが、雨がズレこんでくるようなら
重馬場への適性なども考えていきたいと思います。

フローテーション】(栗東) スペシャルウィーク×(リアルシャダイ)
春は消耗が激しく、能力を発揮することがなかなか出来ず・・。
休養で+10kgと馬体を回復させてきているので叩き2走目では
上昇がありそうです。あまりキレのあるタイプではないので
位置取りが後方になってしまってきているのが厳しいところですが
スタミナの面では血統的にも問題なさそう。出来ればある程度前で
粘り込む競馬
をしてもらいたいものです。

ベンチャーナイン】(美浦) エイシンサンディ×(コマンダーインチーフ)
爆発的な末脚のある馬なので京都外回りはかなり楽しみがありそうです。
エイシンサンディ産駒はこれまでのところ距離に壁がある印象で
長距離への対応力に疑問がありますが、道中のペースの緩み方次第では
大駆けの期待も・・・。

マイネルチャールズ】(美浦) ブライアンズタイム×(Zabeel)
春より一回り大きくなって帰ってきている点は長距離レースにはプラス材料。
終いのキレに不足感があるので前走のように最後にかわされてしまうと
厳しいですね。それでもひとまず長い距離への対応力と秋になっての能力の維持、
という面で結果を出せたのは収穫だったと思います。
叩き良化型の血統でもあるので秋3戦目というのもピークを持って行くには
良かったかもしれません。
松岡騎手は関西だとほとんど結果が出ていないのはマイナス材料ですが
単純な馬の能力比較ではメンバー中でも上位クラス。頑張ってもらいたいものです。

メイショウクオリア】(栗東) マンハッタンカフェ×(Rahy)
+10kgと成長して戻ってきたのは良かったですが、前走では好位から
ズルズルと下がってしまい大敗(涙)
スローの瞬発戦ならなんとかなっても、持続的なレースになると
かなり厳しい
ようです。道中で余程スローペースにならないと・・現段階では
力不足かも。湿った馬場は得意なので週末に雨が降るようなら一考。

ヤマニンキングリー】(栗東) アグネスデジタル×(サンデーサイレンス)
この馬も+16kgと大幅に馬体を増やしての復帰。
アグネスデジタル産駒のデータはまだ不足していますがこれまでのところ
かなり短距離に偏った傾向が出ていますので距離延長には少々疑問。
ただし前走の内容からすればひとまず目処はついた・・感じもあるので
あとは能力でしょうか。叩いて良化があるなら上位馬との差も縮まってくるかも。
これまでのところ、少し足りない感じがしています。

続きます。

菊花賞(各馬分析1)  担【けん♂】

菊花賞(京都3000m)について見ていきたいと思います。

現在のところ出走権を持っているのは10頭。
残りは8/9頭の抽選となっています。
せっかくの舞台ですから余程のことがないと回避などはなさそうですが
除外予定の馬の繰り上がりなどがあったら追加はそのときに・・・。

抽選予定馬の中にアグネススターチ、ミッキーチアフル、ロードアリエス
といった先行馬が入っているのが微妙ですね(^^;
展開に関わってくる馬ですので出れるのかどうかで
考察も変わってくるかもしれません。うーん・・・

オウケンブルースリ】(栗東) ジャングルポケット×(Silver Deputy)
※神戸新聞杯時の考察は→ココ
神戸新聞杯では後方から素晴らしい脚で伸びてきて3着。
相当評価が高まっているようで、おそらくはダントツの1番人気候補なのではないでしょうか。
ひとまず、それ以前のレースについては内容に疑問がある上に
神戸新聞杯でも厳しい展開での前崩れを差した形ですので上位馬に比べて
評価は下になってしまいそう(上位は回避ですが:爆)。
内田博騎手の京都での仕掛けどころなんどにも少々不安があり
後方待機になってしまう脚質がどう出るか・・・。

シゲルフセルト】(栗東) ステイゴールド×(サクラバクシンオー)
好位から末脚を伸ばして1800mで3連勝中。この距離の芝レースでは
かなりの安定感を見せています。ステイゴールド産駒らしく馬格がないので
距離延長の負担は大きそうですね。母系からもスタミナには不安が感じられます。
前走は▲10kgと絞り込んでの勝利ですので調整面にも難しさがあるかも。

スマイルジャック】(美浦) タニノギムレット×(サンデーサイレンス)
ダービーが終わった時点で菊花賞はこの馬で、と思っていた馬。
厳しい流れの中で前で脚を残して伸びてきたのはスタミナがある証明だと思います。
しかし・・・前走ではこの馬に合った展開にも関わらず前から失速・・・
休み明けで初のいきなりの関西輸送などの悪条件もあったと思いますが
かなり不安を感じさせられるスタートになってしまいました。
今回はそのまま栗東に残っての調整、順調に回復しているのか
慣れない環境に戸惑ってしまうのか・・・能力はメンバー中でも
最上位を争う馬だと思いますのでなんとか復活を期待しています。

ダイワワイルドボア】(美浦) アグネスタキオン×(Nureyev)
デビュー時に比べて馬体が絞り込めて(といっても520kg超:笑)
安定感が出てきました。ある程度前で競馬が出来る上に末脚に伸びがあるので
スタミナを活かすレースでは相当期待出来そうです。
キレの面では少々微妙なので決め手勝負になると少々不安がありますが
内容的にはかなり高いレースを消化してきていますので
ここでも期待したいですね。

ノットアローン】(栗東) アグネスタキオン×(Machiavellian)
かなり器用な競馬が出来る馬なので秋に成長を期待していましたが
馬体はまだ未完成な感じ・・・細身で一押し足りない雰囲気です。
復帰戦のセントライト記念では前で競り合って3着。湿った馬場だったことを
考えればそれなりに収穫があったのではないでしょうか。
事情は不明ですが関西馬であえて関東のセントライト記念に出走してきたという点で
神戸新聞杯組には分が悪い感触があるのかも・・・逆にどうしても権利を
取りたかったという意欲
も感じられますが・・・(^^;

続きます。