けいけん豊富な毎日

責任の範疇  担【けん♂】

「自己責任」と「自業自得」

似てるようで・・・違いますよね。

事故に遭う危険をわかりながら車で高速を走るのは・・・自己責任。
落ちる可能性はあるものの、飛行機に乗って海外に行くのも、自己責任。

公道でスピード違反でぶっ飛ばして事故るのは・・・自業自得。
高い木に登って「俺は空を飛べるんだ!」と飛び降りて怪我をするのも自業自得。

エベレストに万全の準備をして登って遭難するのは・・・自己責任と
言っていいと思いますが、軽装で富士山に登って遭難するのは自業自得。

明日の出社に影響ない程度に自己責任で酒を飲むのはいいと思いますが
自分の容量を超えてバカ飲みして急性アル中で運ばれるのは自業自得。


まぁ・・・自己責任だろうと、自業自得だろうと、命が危険にさらされている場合には
周りの人たち(公的機関を含む)は人命救助に最大限の努力をするわけで
その意味では違いはないのかもしれませんが・・・。

ジャーナリストとして、それなりの準備をして、周りにも「危険な目に遭うかも
しれないけれど自己責任だから」と伝えてイスラム国に行った後藤さんは
自分で言っているとおり、自己責任と言っていいと思いますが、
「最後のチャンス」とか言って経験不足のまま突っ込んで行った湯川さんは
言い方は厳しいですが自業自得の側面もあった気がします。
※もちろん、そんなことに関係なく救出のために日本政府には
 頑張って貰いたいものです。

後藤さんのために身代金を払えば、その金を元手に買った
武器で後藤さんが助けようとした人々がさらに殺される・・・
そうなってしまえば後藤さんは自己の責任を果たすことも出来ません。

日本政府からお金が引っ張れることが闇業界に知れ渡ってしまえば
他の組織からも標的にされ、日本国内にいる人々まで危険に
なってしまう可能性があるわけで・・・それこそ自業自得。

非道なテロを繰り返すイスラム国に対しては何も言わず、
「日本政府が刺激したから悪い」などと本末転倒、無茶苦茶なことを言っている
小沢一郎&山本太郎の漫才コンビの評判が悪くなるのは自業自得。

選挙における投票は自己責任において行うものですが、
こんな連中を当選させた責任は誰がとるのかと・・・(-"-)

血縁者に対する取材を試みるのはマスコミの責務と言えなくもないですが、
血縁はあっても実質的に断絶していて、何の関連もない石堂ナニガシとかいう
モンスターを表舞台に登場させてしまった責任は重いと思います。
すでに正体がバレているのに、さらに取材を続けるマスコミの悪ノリが
事態を悪化させてしまったら・・・正に自業自得。


思いつくままに書いてしまったので文章にまとまりがないのも
自業自得なんですけど・・・(>_<)

シルクロードS(枠順別実績)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)についてもう少し見ていきたいと思います。

枠順別実績
シルクロード枠順

ペースによって有利な位置取りがガラリと変わるコース設定だけに
枠順自体はあまり意識しなくていいのかもしれませんが(^^;
一応傾向をまとめてみたいと思います。

内、外の計だと完全に拮抗した数字になっていますが、
内容的には・・・中枠、内枠が優勢で外の7枠、8枠からは
勝ち馬が出ていません。

近年では13年に8枠から2着に入ったのは実績上位の
ダッシャーゴーゴー、12年2着のエイシンダックマンが
外からでも先手を取りに行く逃げ馬でした。

その前というと稍重の馬場の上にハイペースで外差し決着になった
08年にまで遡るわけで、基本的に7、8枠は大きく割り引いて
考えた方が良さそうです。
特にスロー気味の展開が想定される今回は、脚質的に前に行ける馬
以外は厳しいかも。

外枠の成績を押し上げているのは・・・4勝を挙げている6枠ですが
10年のアルティマトゥーレを最後にここ4年は結果を出せず。
もう少し内の4枠、5枠の方が成績的に上になっています。

昨年は1枠2頭がワンツーフィニッシュ。
先手を取れる実力馬が内で揃ってしまったらどないもこないも
ならないことを示しています(笑)

先週の京都牝馬Sは逃げたケイアイエレガントがそのまま押し切り、
2着には外枠から内を突いて抜けてきたゴールデンナンバーが入線。
枠的には外の馬で決着しているものの、内容的には内を通った馬が優勢
なっており、まだかなり内の馬場状態が良いと考えられます。

今回も枠順はあくまでスタート直後の位置取り想定の材料として考えて、
内を通れそうな馬を狙いたいと思います。

シルクロードS(馬体について)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)出走予定馬の馬体について見ておきたいと思います。

【マジンプロスパー】
(14キーンランドC)
マジンプロスパー14キーンランド
(14スプリンターズS)
マジンプロスパー14スプリンターズ
(シルクロードS)
マジンプロスパー15シルクロード
前後の筋肉は維持出来ており、バランスも
崩れていませんが、腹回りに若干余裕があり、
皮膚感も微妙に緩め。
本格的な良化は叩いてからになりそうですが
筋肉の引き上げは出来ており、それなりに
力は出せそうです。

【アンバルブライベン】
アンバルブライベン15シルクロード
比較写真がないので状態の変化はわかりませんが
ムッチリと充実した馬体で出来自体に問題は
なさそうです。線の細さを感じるクビ差しながら
前後に筋肉は充実。崩れたところもなさそうなので
能力は十分に発揮出来そう。

【エイシンブルズアイ】
(14NHKマイル)
エイシンブルズアイ14NHK
(シルクロードS)
エイシンブルズアイ15シルクロード
骨格の成長にまだ筋肉が追いついていないのか
3歳春時点よりもすっきりした馬体になっています。
それなりに引き締まって状態自体は良さそうですが
まだ成長の余地を残しており、馬体の迫力という
面ではもう一歩。

【ベルカント】
(14桜花賞)
ベルカント14桜花賞
(14CBC賞)
ベルカント14CBC
(シルクロードS)
ベルカント15シルクロードS
早い段階から完成度が高い感じの馬体でしたが
骨格が成長した分、まだ肉付きが薄く、
今後の良化と充実に期待したいところ。
今回は下半身の出来がもう一歩で突っ張ったような
立ち姿になっているのは気になるところ。

【スギノエンデバー】
(14シルクロードS)
スギノエンデバー14シルクロード
(14CBC賞)
スギノエンデバー14CBC
(シルクロードS)
スギノエンデバー15シルクロード
バランスは崩れていませんが、この馬にしては
かなりすっきりとまとまってしまった感じ。
極端に筋肉モリモリの馬体だっただけに
年齢的な衰えを感じてしまいます。
それなりの筋肉量は維持していますが
腿の筋肉が落ちた分、蹴り脚にも影響が出るかも。
まとまってはいるのでいい方向に出れば・・・

【セイコーライコウ】
(14アイビスSD)
セイコーライコウ14アイビス
(14スプリンターズS)
セイコーライコウ14スプリンターズ
(シルクロードS)
セイコーライコウ15シルクロード
腹回りにかなり余裕が感じられ、良化の途上という
感じに見えます。クビ差しは力強く、背中が落ちておらず、
姿勢も大きく崩れたわけではなくお腹の重さを
支えられているので、大きな問題はないかも
しれませんが、前後の筋肉の充実度ももう一歩。

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

シルクロードS(中間整理)  担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)について、ざっと見たところで
ちょっと頭を整理。

前回ふれたとおり、アンバルブライベンがマイペースで
行けるのであれば・・・少しスロー気味で前優勢の展開

位置取り的に有利になりそうな馬は・・・

・アンバルブライベン
・エイシンブルズアイ
・ベルカント
・カオスモス
・マジンプロスパー
・ニザエモン


この辺りでしょうか。

エイシンブルズアイは前走でアンバルブライベンに先着。
斤量差があった上に、通常よりもスローに落としていたのが
いい方向に出た印象ですが、ハイペースでも位置は取れる馬なので
チャンスは十分にありそう。

ベルカントはこのところ成績は微妙ですが、闘ってきた
相手関係を考えると、ここでは相対的に上昇。
過去の傾向的にスタミナも問われる形になりそうなので
血統面がどうか・・・。

カオスモスはスタミナには問題なさそうですが
短距離で好位を取れるかどうかが課題。
少なくともスッと前に行ける枠じゃないと厳しそうなので
枠順が決まってから考えてみたい1頭かと。

マジンプロスパーは格上の存在だけに、ここでも
まともに走れば十分に有力。休養明けに強いタイプではなく、
年齢的な影響がどう出るかが課題になりそう。

ニザエモンはこのレースで結果を出しているフジキセキ産駒、
という点が興味深いですが、このところの内容を見る限り、
力関係的には厳しいかも・・・。

脚質的には今回の展開には合わないかもしれませんが、
能力的に期待出来そうなのは・・・

・サドンストーム
・ベステゲシェンク


この辺り。

サドンストームはこのところの充実度が高く、前が残る展開でも
差し込んで来れるので、道中が緩んで隊列が短くなるようなら
要注意の1頭になるかも。

ベステゲシェンクはスタミナには問題なく、末脚勝負になれば
面白い1頭になるかもしれません。まだ上がってきたところなので
過剰評価は危険ですが、期待込みで注目。

スギノエンデバーは衰えが感じられ、ローブティサージュは
上がりが掛かる馬場じゃないと・・・という印象。
ルナフォンターナ、ワキノブレイブはちょっと限界が
見えている印象ですし、セイコーライコウも展開を
ひっくり返す程の脚は・・・期待薄。
ヘニーハウンド、プリンセスメモリーは年齢的にも微妙ですし
あえて狙いたくなる程の材料には不足かと。


・・・前の馬も後ろの馬もそれほど信用出来るわけではないので(爆)
どの馬の過信は禁物。もう少し煮詰めていきたいと思います。

挑戦に意義あり?異議あり?   担【けん♂】

今週行われる根岸S(東京D1400m)にはなんとロゴタイプが登録。

初ダートながらGⅠ馬の挑戦ということで、それなりに注目を集めそうですが
実際問題・・・どうなんでしょうね?

父ローエングリンはダートでも1勝がありますが、
産駒の複勝率は

・芝    21.6%
・ダート   4.8%

と極端に芝向きの成績となっています。
ダートでは500万下の1勝があるだけ・・・いくらロゴタイプが
実績上位だからってダートの重賞でどうこう出来ると考えるのは
厳しい気がします。

芝の成績ですが、マイル周辺に比べて短距離は成績が劣化しており、
距離短縮も良いとは思えません。

ローエングリンの父シングスピールはJCなど芝GⅠを4勝していますが
一緒にドバイワールドCも制した芝ダート兼用の名馬

その意味ではダートの素養が遺伝していても不思議はありませんが、
シングスピールの日本国内での直仔はダートでは1000万下での
1勝
が最高成績。
・・・隔世遺伝を期待するにしろ、やはり重賞でいきなり、を
期待するのは酷な気がします。

ロゴタイプの母、ステレオタイプはダートで2勝・・・といっても
園田での成績だけに、ダート適性の遺伝を考える程ではなさそう。

うーん・・・挑戦することに意味がないとは思いませんが
こういったことで調子を崩す馬もいるだけに
悪い方向に出ないことを祈りたいものです。

・・・もちろん、こういったデータをひっくり返すような
大激走の可能性もゼロではありません。
どんな走りを見せるか注目したいと思います。

※予想という形ではまとめませんが、少なくとも
 印を打つとしたら・・・間違いなく無印にすると思います(^^;

シルクロードS(ペースについて)  担【けん♂】

まだ出走馬が確定しておらず、枠順も出ていないので
あくまで推測ですが、今回のシルクロードS(京都1200m)
ペースを握るのは・・・アンバルブライベンになりそうです。

芝に転向以降はずっと主戦の田中健騎手が手綱を取り続けており、
京都1200mでは(2-2-1-0)と非常に安定して好成績をキープ。
このコースでは5戦全てでハナを切って逃走しており、今回は他に暴走系の
逃げ馬が見当たらないことから、すんなりと先手を取って行けそうかと。

京都1200mでのここ3走のラップと昨年のシルクロードSを
比較してみました。

ラップ比較
京都1200ペース

重賞制覇を成し遂げた昨秋の京阪杯は、昨年のシルクロードSと
似たような軌跡をたどっていますが、比べてわかるとおり、
さらにスローペース

前走の淀短距離Sでは牝馬にして酷斤量である57kgを背負っていた
こともあってか、道中を大きく緩めて脚をため、最後に一伸びする
余力をためていました。

山城Sでは最初にポンッと行き過ぎたことを意識してか、
急激にペースを落とし、やはり道中はかなりのスローペースで引っ張り、
脚をためて直線入り口で加速を入れています。

・・・どうやらかなりの慎重派(笑)

行くだけ行くぜ!というタイプではなく、先手を取ったらあとは
落ち着いてじっくり脚をため、最後の伸びに繋げる感じの逃げ方を
していると思われます。

前後半のラップ計の差は
      前半→後半  差
淀短距 35.9  33.6 1.3
京阪杯 34.7  33.6 1.1
山城S 34.1  34.5 ▲0.4

となっており、ちょっと行き過ぎた山城Sこそ前傾ラップですが
ここ2走は完全に極端な後傾ラップ

過去のシルクロードSにおいて、後傾ラップになって前後半の差が
0.5秒以上あった場合の上位馬の4コーナー位置取りは

        1着→2着→3着 
14年 0.8  2  1  6(番手)
13年 1.4  4  4  4
11年 1.4 10 12  7
10年 0.7  2  1  7

馬場がカッチカチの外伸び状態で、上がり3ハロンが32秒台(爆)に突入した
11年は後方からの馬が差し切っていますが、その他の年は基本的に
先行有利の結果になっています。
10年、14年は先行馬同士でワンツーフィニッシュになっており、
アンバルブライベンが落ち着いてレースをしてくれば・・・
今年も前優勢の展開となりそうです。

有力視されている馬の中にはかなり後方からの馬もいるだけに
展開に巻き込まれてしまうようだと・・・ヒモ荒れ決着もあるかもしれませんね(^^;

シルクロードS(過去の勝ち馬の馬体)  担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)の過去の勝ち馬の馬体写真を並べてみました。
開催時期(曜日)の関係で競馬ブックに取り上げられなかった年もあるので
その場合には近い時期に行われたレース前の写真を載せています。

【ストレイトガール】
(14シルクロードS)
ストレイトガール14シルクロード

【ドリームバレンチノ】
(13シルクロードS)
ドリームバレンチノ13シルクロード

【ロードカナロア】
(12高松宮記念)
ロードカナロア12高松宮

【ジョーカプチーノ】
(11高松宮記念)
ジョーカプチーノ11高松宮

【アルティマトゥーレ】
(10シルクロードS)
アルティマトゥーレ10シルクロード

【アーバンストリート】
(09函館SS)
アーバンストリート09函館SS

【ファイングレイン】
(08シルクロードS)
ファイングレインシルクロードS

【エムオーウイナー】
(07シルクロードS)
エムオーウイナー07シルクロード

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

少しツルクビ気味ですが太く力強いクビ差し。
上半身は深みよりも厚みがあってガッチリとした
力強い作りになっています。

背中から腰のラインは柔らかく特徴的。
下半身は持続質を備えながらも丸みを帯びて
瞬発力も兼ね備えています。
腿がしっかりと引き上げられており、
後肢が後方に流れているような馬はいません。

少し前傾気味ながらスッと真っ直ぐ立てている点にも
注目したいところ。

血統はバラバラながら似たようなシルエットになっており、
適性の高い馬体、というものはイメージ出来そう。

フジキセキ産駒が目につく、ということもありますが、
短距離レースながら1400m適性の高い血統、というのも
ポイントに挙げられそうです。

今年の出走予定馬についてもイメージを頭に置きつつ
見ていきたいと思います。

シルクロードS(各馬分析3)   担【けん♂】

シルクロードS(京都1200m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

ベステゲシェンク】牡5 54.0(美浦) ディープインパクト×(Souvenir Copy)
マイル以上の距離も試してきましたが、昨秋から距離短縮。
前走で初の1200mに出走し、勝利をおさめています。
短距離のペースだと後方からになるので、今回も先行馬のペースと
展開には要注意。スタミナには問題ないので、流れに乗れるかどうかも
大きなポイントになりそうです。

ベルカント】牝4 54.0(栗東) サクラバクシンオー×(ボストンハーバー)
昨夏から短距離路線に専念し、重賞、GⅠに参戦し続けていますが
イマイチ結果は出し切れず、複勝圏には届かず。
それでもスプリンターズS5着ならば、今回のメンバー相手だと
実績的には高く評価しておく必要はあるかもしれません。
馬体を増やして充実させてきてるので、そろそろ本格化した
走りを期待。

マジンプロスパー】牡8 58.0(栗東) アドマイヤコジーン×(バブルガムフェロー)
昨年のシルクロードSでは4着と惜しい成績。
GⅠではさすがに厳しいものの、キーンランドCでは3着に入っており、
能力的にはまだ上位クラスのものを維持出来ている感じ。
今回はかなり間が空いてしまっており、ポン駆けはあまり利かない
タイプだけにさすがに厳しそうですが、相手関係弱化なら・・・

ルナフォンターナ】牝6 54.0(栗東) アドマイヤムーン×(Mr. Prospector)
昨春に3連勝で重賞戦線に参戦しましたが、CBC賞8着、北九州記念8着と
結果が出せず。超絶ハイペースとなった前々走で後方から3着に
食い込みましたが、ハイペースでも前が残った前走では5着まで・・・。
展開と馬場状態、相手関係に左右されてしまう上に相手関係的に
抜けた評価は出来ません。

ローブティサージュ】牝5 55.0(栗東) ウォーエンブレム×(Singspiel)
昨夏の北海道で短距離路線に参入し、函館SS2着のあと、
キーンランドCを制する活躍を見せました。
しかし、スプリンターズSで11着に敗れると、前走の京阪杯でも
後方からそのままなだれこんで14着と大敗。
速い上がりが求められる馬場は合わず、脚質的にも展開に
注文がつくタイプ。気性面の不安もあるので、ここで復活は
厳しいかもしれません。まずは前が崩れてから・・・

ワキノブレイブ】牡5 56.0(栗東) マイネルラヴ×(ブライアンズタイム)
昨年のシルクロードSでは中段から届かず5着。
昨秋に京都1200mのOPを制していますが、重賞では現状、
頭打ち状態。京阪杯でも好位から前の馬に脚色で及ばず完敗の内容
だっただけに、ここでの上昇を期待するのは難しそうです。