けいけん豊富な毎日

ローズS(各馬分析3)   担【けん♂】

ローズS(阪神1800m)出走予定馬の各馬分析、第3弾です。

メイショウラバンド】牝3 54.0 (栗東) メイショウオウドウ×(メイショウドトウ)
ダートに挑んだり、距離を工夫したり、と苦戦が続きましたが
13戦目にようやく未勝利戦を突破。徐々に力をつけてきていることは
評価出来るにしろ、続く500万下で完敗している状況で
上位馬相手にどうこう出来ると期待するのは酷。

リラヴァティ】牝3 54.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Singspiel)
先行力を活かしてフェアリーS、チューリップ賞と連続で3着に
粘り込みましたが、桜花賞では前に行き切れず、9着と完敗。
休養を挟んで中京で2勝目を挙げましたが、前走の1000万下では
前と同じ脚色になり4着と届かず。
レースレベル的には高い評価は出来ない内容で、実績も微妙に不足。
春の上位馬を逆転するほどの成長は見せていない印象。

リリコイパイ】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(King’s Best)
春に馬体を増やして復帰し、5戦目にして未勝利戦を突破。
続く500万下で連勝したものの、夏場の1000万下では
連続5着と少し足りない結果に終わっています。
前につけてそれなりに脚を伸ばすものの、抜けた能力ではないので
余程タイミングがハマらないと・・・という感じ。
上位馬相手に粘るにはかなり展開の綾が必要になりそう。

レッドオリヴィア】牝3 54.0 (栗東) ジャングルポケット×(サンデーサイレンス)
ダートでデビューしましたが、2戦目に芝に転向。
いきなり勝ち上がると前走で500万下を連勝で突破。
まだ芝では負けていない、という点では底を見せていませんが
デビューから馬体を落とし続けている点から上積みは薄く、
さらに上のレベルでどうかは微妙なところ。
馬格が極端にないので斤量が増えるのもマイナス材料。

レッドリヴェール】牝3 54.0 (栗東) ステイゴールド×(Dixieland Band)
阪神JFを勝ってから間隔をあけて臨んだ桜花賞では2着。
勇躍、ダービーに挑戦しましたが後方から伸びず12着と
大敗してしまいました。血統的な影響もあって馬格が極端になく、
消耗も出やすいタイプですが、秋辺りから良化してくる
晩成型の血がどう出るか、注目したいところ。
極端な競馬にならなければ能力的には勝ち負けして当然という馬だけに
無事に復帰して貰いたいところです。

リックタラキチ】牝3 54.0 (招待) オンファイア×(Songandaprayer)
地方のダートですでに16戦を消化。ここ11戦は連続で
複勝圏を外さない安定感を見せていますが、芝で中央の上位馬相手に
どこまで出来るかはかなり微妙なところ。
ペース的にもいつものように前につける形で行けるかも疑問。

統計と結果論   担【けん♂】

9/16発売の近代麻雀誌の付録は

【「統計学」で勝つ!麻雀の数学30】
きんま付録

という小冊子。

著者は福地誠、み~にん、という東大コンビです。

近年になってネット麻雀が盛んになったことから
膨大な量の対局データが取れるようになり、麻雀を科学的、
数学的に解析しよう
、という動きが盛んになっています。

まぁ・・・面白い話(切り口)ではあると思いますが
正直言って、的外れな解析も数多く見かけるわけで、
こういう小冊子を読んで、さも知識があるかのように

「カンチャンリーチをあがれる確率は42%もあるんだぜ?!」

みたいなことを語る奴が現れたりしないか、心配になったりします(爆)

一口に「カンチャン」と言ったって実際には千差万別。
全部をいっしょくたにして語る方がどうかしています。

相手の手牌構成を読んだ上で、山に残っているかどうかを
ちゃんと考えてあえて残したカンチャンと、ただ手の中に
最初からあっただけのカンチャンではまったく意味が違うわけで
たとえば、誰も筒子(ピンズ)を切っていないような場況で
筒子のど真ん中のカンチャンでリーチしたって
アホですか?としか言いようがありません。


競馬のデータだって、意味のあるデータ意味のないデータがあります。

・データA:4コーナーで3番手以内にいた馬の勝率が80%

・データB:過去10年で3番人気の馬が8勝


データAは、競馬場の構造やその時期の芝状態が先行馬にとって
極端に有利に働いていることを示しているわけで、
こういうデータは次のレースを予想する際にも考慮する必要があります。

データBは、1番人気の勝率というのであれば実力差が出やすい
コース設定だという推測が出来ますが・・・3番人気というと
毎回メンバーも変わる上に、時間単位で移り変わっていくわけで
あくまで結果論。今年も3番人気の馬を買おう!なんていうのは
オカルト以外なにものでもありません(爆)

データAは意味のあるデータですが、データBにはほとんど意味がない、
と言ってよいと思われます。

麻雀において、カンチャン待ちが42%あがれた、とか
5巡目リーチが63%あがれた、とか東1局であがった人が
トップになる確率は子供の場合44%、親なら51%、なんてのは
上記のデータBと同じく完全に結果論

過去の何万局のデータを取った、と言ったってそんなデータが
今、目の前にある手に連動なんかしていないわけで
以前はこうだった、ということが次回もこうだ、ということにはなりません。

「カンチャンって意外にあがれるんやな」

なんて思わされてしまったとしたら、本当に残念。

ちゃんと考えて、なぜそのカンチャンでいいのか、悪いのか、
判断するようにしたいものです。

ローズS(各馬分析2)  担【けん♂】

ローズS(阪神1800m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

ダンツキャンサー】牝3 54.0 (栗東) アドマイヤジャパン×(サクラバクシンオー)
マーガレットSを逃げ切って2勝目を挙げましたが、NHKマイルでは
前で止まって7着に敗れています。18番人気から健闘したと言えなくもないですが
逆に言えば、そこまでの評価の馬だったわけで、春の上位馬とは力の差を
感じる実績。距離延長も血統的に微妙。

ディルガ】牝3 54.0 (栗東) Curlin×(Royal Academy)
忘れな草賞で2勝目を挙げ、オークスに挑みましたが後方から何も出来ず
15着と大敗。血統的な効果も期待してダートの関東オークスに挑みましたが
4着に敗れています。冬場に減った馬体を戻して切れておらず、
成長分という面でも春先は期待薄だっただけに、休養を挟んで成長、良化に
期待したいところ。春の実績馬、というのは不安定な実績なので
上位馬との差はかなり大きく、ここで狙うのはかなり厳しそう。

ヌーヴォレコルト】牝3 54.0(美浦) ハーツクライ×(スピニングワールド)
チューリップ賞2着の後、桜花賞では3着。上位2頭との脚比べとなると
微妙に不足感がありますが、オークスでは中段から抜けてハープスターの
追撃を凌いでGⅠ制覇を達成。スムーズなレース運びが出来る点は
大きな強みになりそうです。血統的にもまだ良化がありそうですし、
コース適性にも問題なし。すでに直前輸送をこなしていますが
休養明けの輸送競馬でも力を出せるかどうかが大きなポイント。
順調ならば当然の勝ち負けになりそう。

ヒルノマテーラ】牝3 54.0 (栗東) マンハッタンカフェ×(Concern)
5月に勝ち上がり、夏場を使って500万下を勝ち、前走の1000万下では
重馬場の中、2着と健闘しました。好位からの脚質で直線が長い競馬場を
得意としているのでコース適性には問題ありませんが、上位馬に対抗するには
実績的に不足感。余程展開に恵まれないと・・・

ブランネージュ】牝3 54.0 (栗東) シンボリクリスエス×(フレンチデピュティ)
チューリップ賞4着のあと、君子蘭笑で2勝目を挙げ、フローラSでは
ハイペースの中、前で脚を残して2着と健闘。オークスでも5着に踏ん張りました。
安定して好位につけて競馬が出来るのは強味、厳しいペースでも
脚を残せるタフな能力馬として高い評価が出来そうです。
前で上手く流れに乗ればここでも紛れ込みの可能性は十分。

プリモンディアル】牝3 54.0 (栗東) ディープインパクト×(フレンチデピュティ)
新馬戦を逃げ切ったあとチューリップ賞では後方から伸びず9着。
春に500万下を差し切って2勝目を挙げましたが、
夏場に挑んだ1000万下では稍重の影響もあってか
中段から伸び切れず完敗の4着。実績的には不足しており、
脚質的にも上位馬と被るだけに、ここで狙うほどでは・・・

続きます。

ローズS(各馬分析1)   担【けん♂】

ローズS(阪神1800m)出走予定馬について見ていきたいと思います。
地方からの登録馬1頭を加えて18頭、除外予定はないので
回避が出なければ今年もフルゲートのレースになりそうです。

アドマイヤアロマ】牝3 54.0 (栗東) ネオユニヴァース×(Caerleon)
春に減った馬体を戻して調子を上げ、未勝利戦を突破すると
夏には札幌で500万下を勝って2勝目。ここ4戦は2着、1着、2着、1着と
非常に安定した成績になっています。好位からスッと脚が使える馬ですが
キレがあるタイプではなさそうなので、本質的には内回りコース向きという印象。
調子を上げてきているとはいえ、実績的には不足。

アドマイヤシーマ】牝3 54.0 (栗東) ディープインパク×(Acatenango)
勝ち上がるのに6戦を要してしまいましたが、連勝で矢車賞を勝ち、
休養を挟んで札幌では4着に敗れたものの、+16kgと馬体を増やして
充実してきているので叩いての良化には期待出来そうです。
春になって以降は安定して中段から押し上げ気味にレースが出来るように
なってきており、前走も負けたとはいえ順調な内容。力を付けて
きていますが、実績的に一枚足りない分を良化分でどこまで・・・。

アドマイヤビジン】牝3 54.0 (栗東) クロフネ×(ゴールドヘイロー)
紅梅Sを勝ってフィリーズレビューに臨みましたが4着に敗れ、
桜花賞本番でも6着、NHKマイルでは14着と大敗してしまいました。
基本的には中段前くらいからのスタイルですが、桜花賞時のように
後方からでも脚が伸ばせる自在性があるのは強味。
ただし、上位馬とは力関係がはっきりしてしまっているので
余程の成長がないと逆転は難しそうです。

クリノクレオパトラ】牝3 54.0 (栗東) ロージズインメイ×(ジェイドロバリー)
ダートにも挑戦しながら10戦目に馬体を増やして未勝利戦を突破。
それ以降、順調に馬体を成長させてきていますが、500万下で
3着止まりの実績ではさすがに評価は出来ません。

サングレアル】牝3 54.0 (栗東) ゼンノロブロイ×(Caerleon)
良血馬として期待されましたが、桜花賞には間に合わず、フローラSを
勝ってオークスの参戦、7着に敗れています。
フローラSでハイペースを後方から差し切った末脚は鮮やかでしたが
馬格不足で馬群を割れなかった点は気になるところ。
現状では外を回して余程スムーズにいかないとロスがありそうです。
ハマれば、という強味があるもののオークスでは完敗だっただけに
成長分に期待。

タガノエトワール】牝3 54.0 (栗東) キングカメハメハ×(サンデーサイレンス)
春には勝ち上がれず、9月アタマの未勝利戦でやっと勝ち上がり。
後方から押し上げて脚を伸ばしたレース内容は評価出来ますが
実績的にここでどうこう出来ると考える方が酷。

続きます。

ローズS(体重別実績)  担【けん♂】

ローズS(阪神1800m)は06年冬の改装以降、設定が大きく
変わっているので、まだ7年分のデータしかありません。

過去の傾向というにはデータが微妙に少ないですが、ひとまず
体重別の実績を見ておきたいと思います。

体重別実績:ローズS(07年~)】
ローズ体重


440~500kgとg広い範囲で好走が見られ、大きな偏りは
感じられません。

これまでのローズS出走馬の平均体重は

07年 464kg
08年 447kg
09年 466kg
10年 476kg
11年 452kg
12年 445kg
13年 459kg

となっており、極端に馬格が小さい馬が多かった08年に、1着馬が412kg、
3着馬が444kgと小柄な馬が上位に食い込んでいたのに続き、
平均体重で最軽量を記録した12年も3着に408kgの馬が入りました。

11年、12年の出走メンバーは、なんと480kgを超える馬が
1頭もおらず
、メンバー構成自体が偏った形になっていました。

基本的には・・・460kgをちょっと切るくらいの馬から480kg程度の馬、
というのがこのレースにおける好走馬のパターンですが
全体のメンバー構成を見ることも必要になりそうです。

【実質斤量負担別実績】
ローズ斤量

斤量は54kgで統一されているので、上記のデータと内容は一緒です。

好走のおおよその上限は・・・12.0%

12.0%を超えるとかなりの実績馬か、それとも平均体重が
極端に軽い年にしか好走がありません。

500kgを超えるような馬は数自体が少ないので微妙ですが
これまでのところ結果が出せていません。
11.0%を切るような馬は逆に割引が必要になりそうです。

ローズS(展開分析)   担【けん♂】

ローズコース
※阪神1800mのコース図と07年以降に行われたローズSの
 馬場状態別ラップ平均

ローズSが行われる阪神1800mは、ポケットからのスタート、
そのまま600mを超える長い直線で先行争いとなります。
なので内枠、外枠はあまり関係なし。
ただし、そのまま外目を走ってしまうとカーブで相当大回り
させられてしまうので直線での位置取りは重要となります。

400m過ぎからの上り坂で少々減速、坂を上ったあとにカーブとなります。
カーブの入り口は少々急な形ですが、出口は準直線といった趣で
ほぼ減速なしで直線に突入出来る形状となっています。

凱旋門賞が行われるロンシャン競馬場にちょっと似た感じでしょうか(^^;
ロンシャンのフォルスストレートほどのものではありませんが
直線の前にも直線がある、という感じかもしれませんね。
上記の平均ラップを見ても良馬場の場合、800mを過ぎた地点から徐々に加速が続き、
最後の1ハロンで止まるまでペースが上がり続ける形になっています。

カーブの出口が下り坂になっていることも手伝って、かなり長く持続する
加速力が問われることになります。
直線は473.6mと非常に長く、先行馬にとっても苦しいレースですが
構造上、隊列が長いまま直線に入りやすいので追い込むにも辛いコース。
いずれにしろ、高い実力を問われるコースという印象です。

4コーナー位置取りと着順の関係
    1着→2着→3着
13年 12 17  9(番手)※重
12年  2  5  7
11年  3  8  5
10年  7 11  7
09年  8 12  2
08年  6 11  6     ※重
07年  1  5  3

改装されてからまだ7回しか行われていないので傾向が
はっきりしない面がありますがダイワスカーレットが逃げ切った
07年はちょっと特殊な前優勢の展開ながら、春の有力馬の脚質によって
有利なポジションが変わる感じ。
その意味ではコース特性による影響よりも素直に実力重視
と考えて良さそうです。

展開によっては2着には10番手以降からの馬も届いており、
決め脚のある馬には要注目。

カーブで位置取りを上げて直線に向かう追い込み馬は基本的に
外に持ち出す格好になります。
頭数によっては内、外にはっきりわかれての追い出しになります。
4コーナーでの先頭から後方まではおおよそ5~9馬身差程度。
机上の計算では上がり3ハロンで0.8~1.5秒くらいは前の馬を
上回らないと後方の馬は届かない
ことになります。

阪神1800mの他のレースを見るとかなり先行、好位の馬が
有利な傾向が出ていますが、ローズSでは差し馬優勢、
前で残るのは相当な実績馬に絞り、あとは末脚の能力を重視して
考えてみても良さそうです。

今週の考察を始める前に   担【けん♂】

今週は秋華賞、菊花賞に向けて実績馬が始動。

・ローズS(阪神1800m)
・セントライト記念(中山2200m)


ひとまず両方のレースについて考えていく予定ですが、
考察を始める前にざっと整理をしておきたいと思います。

ローズSは阪神外回りのレースということで桜花賞と近い設定
春の実績馬、特に桜花賞で上位に入った馬については
当然重視する必要があると思われます。

春の実績馬にとってはいわば「叩き台」というレース。
少なくとも仕上げてくることはないので、調整の状況の確認が
難しいレースになります。
能力は上位、ただし若い牝馬だけに安定しないわけで過信は禁物、
12年は順当にジェンティルドンナ、ヴィルシーナで決着しましたが
その前の11年はマルセリーナ、エリンコートと春のクラシックを制した馬が
どちらも大コケする波乱が起きています。
昨年は重馬場の影響もあってか、デニムアンドルビーは順当勝ちしたものの
メイショウマンボは4着に飛んでしまいました。

このレースの構図は「春の実績馬VS夏の上がり馬
夏の上がり馬は使ってきているだけに、疲労が心配ですが
本番に向けて権利を取りたいわけで、ある程度しっかり仕上げてきそうです。

夏の上がり馬の選択条件は・・・1000万下での勝ち負け
春の実績馬との差は思っている以上に大きく、相当な内容で
勝って来れていないと追いつけ追い越せ、とはいかないのが
過去の傾向だったわけですが、このところはちょっと微妙な状況が続いています。

12年は11頭立てになった上に上位人気のハナズゴールが回避し、
メンバーが低調になり、ラスヴェンチュラスが1000万下3着から
ローズSでも3着に入線。
13年は最終的にメイショウマンボが2冠を制するなど
力関係がはっきりしましたが、阪神JF、チューリップ賞、桜花賞、
オークスと上位馬がまるっきし入れ替わる大混戦模様
春の実績馬・・・といってもどこまでを評価して良いか微妙な印象でした。
さらに雨で重馬場になる、という特殊条件も重なってしまい、
500万下を勝ったばかりのシャトーブランシュ、ウリウリが
2、3着に入るという前例のない結果に終わっています。
・・・今後も低調な年(世代)にはこういったこともあり得るかもしれませんが、
基本的には例外視しておきたいところ。

今年はハープスターこそ凱旋門賞挑戦で不在ながら、
阪神JFを制したレッドリヴェールは桜花賞でも2着。
チューリップ賞2着、桜花賞3着のヌーヴォレコルトがオークスを制覇、と
上位馬がある程度はっきりしている、という点で過去の傾向に沿う結果が
予想されます。
まずは実績で線を引いて・・・考えたいですね。

セントライト記念は例年なら皐月賞組を重視したいところですが
今年は新潟開催、ということで適性を含めてなかなか
切り口が難しいレースになりそうです。

新潟も直線が長く、素直に実力差が出るレースという印象なので、
夏の上がり馬についてはかなり見所があった馬に限られると思われます。

ポイントになるのは・・・2000m以上の距離経験(勝ち負けは別)

過去14年間の上位馬で2000m以上のレース経験がなかったのは
キングストレイル1頭だけ。
キングストレイルは複勝圏を外したことがない成績で長期休養明け、
能力と成長が期待出来たわけで・・・こういう馬は例外と考えて良さそうです。

12年は力の差を見せつけるようにフェノーメノが圧勝しましたが
14番人気のスカイディグニティが2着に入る波乱。
昨年は3番人気のユールシンギングが勝ったものの、
青葉賞を勝って1番人気を背負ったヒラボクディープは13着と大敗。
ラジオN賞を勝ったケイアイチョウサンも5着に敗れる結果となっていました。
なかなか成長分の見極めは難しいですね。

あとは・・・休養明けの輸送競馬はマイナス、という点も大きなポイント。
ローズSに関東馬が挑む場合は栗東で調整した馬に限った方が
良さそうですし、セントライト記念に関西馬が挑む場合は
神戸新聞杯を避けた理由も考えなければならないと思われます。

ローズS、セントライト記念、ともに休養明けで成長、調整の具合が
わかりにくい馬が多く、夏の上がり馬との力関係の判別も難しいわけで、
不確定要素が多過ぎるレース。
細かく考えても答えが出そうもないので(爆)まずは条件面で
ざっと絞り込んだ上で狙い馬を探してみたいと思います♪

迷い道クラクラ?   担【けん♂】

日曜は京都で所用があり、朝から出かけていたわけですが、
東大阪から阪急烏丸駅というのは非常に連結が悪く
いつも行き方に苦労をしています。

地理的な状況からすれば・・・斜め右上(北東)に突っ切って
直線で行ければかなり近いと思うのですが、残念ながらそんな
都合のいい路線はありません(涙)

わざわざ北西方向の梅田近辺まで一旦出てから改めて東へ・・・
大回りすることで片道1時間40分、連結が悪ければ2時間を超える
非常に面倒くさい小旅行になってしまいます。

とりあえず、最初は近鉄線から環状線に乗り換えて梅田に出るコースで
行っていましたが、調べてみると近鉄から日本橋で
地下鉄堺筋線に乗り換えて北に向かい、淡路で阪急線に乗り継ぐ方が
10分ほど速い、ということが判明。

しかし・・・梅田なら阪急は始発になるので座れるものの、
淡路で乗り換えると大混雑でまず間違いなく京都まで立ちっぱなし(涙)
向こうに着く前に疲れ切ってしまっても仕方ないわけで、
いくら微妙に早くてもこの行き方はツライ・・・。

で、さらに調べてみると・・・数年前に出来たおおさか東線から
久宝寺周りで梅田に行くコースを発見!

近鉄を使うより運賃も安く、時間的にも速く、梅田に出ることで
阪急でも座れるという完璧な選択じゃーないですか!

ということで、先日はこの路線を使って京都に行ってみたわけですが
このコースにも問題があることが判明。
行きはスムーズに行けて良かったものの、帰りが・・・
久宝寺からおおさか東線に乗り換えようとすると場合によっては
30分近く待ちぼうけを食らってしまいます。
・・・本数が少ないゆえの悲劇ですね(爆)

疲れて帰ってきて、早く家に着きたいのに駅で
意味なく電車を待つのは正直思った以上にしんどい・・・。


で、さらに一工夫を思いつきました。
いっそ久宝寺まで自転車で行ってしまえば待たなくていいんじゃね?!
運賃の節約にもなるし、一石二鳥。

地図で確認すると、ちょっと距離はありますが・・・
別に行けない距離ではなさそうです。

ということで、今日は朝から自転車でキコキコと久宝寺に向かってみましたが
片道20分程度で到着。
オンボロのママチャリですが、裏道で道路がガラガラなので
思ったよりも早く着いた感じです。

駐輪場(100円)に自転車を置いて、大阪梅田までの切符を購入。
あれ?なんかおおさか東線を経由するより高いんですけど・・・?

コースとしては4駅くらいショートカットしたつもりでしたが
おおさか東線からは放出(はなてん)周りでも大阪梅田に
出ることが出来るため、実は久宝寺からの方が運賃が高くなってしまうという
予想外な事実が判明・・・。

かといって放出周りで行ったら時間的にはかなりの遠回りになるわけで
近くて速い方が高いってどういうこと?!\(◎o◎)/!

まぁ・・何十円かの違いなんですが(笑)
それでもなんか体力を使って近道を考えた結果なので
精神的にもダメージを食らった気分です。

日曜の朝だっていうのに、紀州路快速は鬼のように混んでるし、
自転車で運動?したせいか、代謝がよくなってしまい
阪急線で座っても汗が止まらず、こんな季節に車内で一人だけ汗だく(爆)

・・・すんません、デブだけど普段は汗をかかないんですよ、
今日は特別なんです。ほんまこんなところで汗臭くてごめんなさい、
なんて心の中で謝りつつ(言い訳しつつ)、なんとか京都着。


夕方を過ぎて用事を済ませて京都から久宝寺まで戻ってくると、
今日に限っておおさか東線の乗り継ぎ待ち時間は2分(爆)

えぇ、そんな予感はしてましたよ(涙)

次回はどうやって行こうかまた迷ってしまいます・・・(>_<)