けいけん豊富な毎日

朝日杯FS(前哨戦評価)   担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)出走馬の前哨戦についてレース映像を
観ながら確認しておきたいと思います。

★デイリー杯2歳S

馬体をぶつけてもまったくひるまずタガノエスプレッソが
先に仕掛けて外を通って先頭へ。
クビから上半身にかけての力強さが目立つ走法、
強く地面を叩いて加速していくタイプで仕掛けてから
トップスピードに乗るまでが速いのが武器になりそう。
アッシュゴールドはスピードに乗ってからの伸びは
さすがですが、前をとらえ切れなかった点は微妙。
内を通ったナヴィオンはコーナーリングが上手くなく
最内を通ってショートカットしても脚色で見劣ったのは
気になるところ。

★いちょうS

逃げ馬が離れて引っ張った縦長の展開。
好位の内を追走したクラリティスカイはスムーズに
馬場中央を抜けて後続を引き離す快勝。
ブレがなく、リズムの良さが目立つ走り方で
滞空時間も長め。
地面を前脚で引っ張る感じで平坦コースの方が
合いそうですが、能力は高そうです。
コーナーで立ち遅れ気味に後方からになったネオルミエールは
馬群の間を割って抜けるようにして進出。
根性のある馬という感じですが、流れに乗れていないのは微妙。

★ベゴニア賞

逃げ馬が離れて引っ張る縦長の展開。
好位の外を追走したダノンプラチナはコーナーリングでも
遅れず外を回して進出、馬場中央に出して追い出すと
1完歩ごとに差を詰めてあっさり先頭に立つとそのまま
押し切り勝ち。充実した下半身が目立ち、蹴り脚の強さを
感じる走り方。他馬が鈍すぎた感もありますが
スタミナ能力も高そうです。

★札幌2歳S

大きく外に膨らむように後方から進出した
ブライトエンブレムはコーナーでの立ち遅れはないものの
不器用さを感じる内容。
手脚の長さを活かし、前によく脚が伸びた走法。
馬群に詰まると微妙なので広いコースでこそ、という
感じです。加速力は非常に優秀。
走りが柔らかいので少し重い馬場が合いそうです。

★アイビーS

前につけてジワジワと進出したコスモナインボールは
リズムを崩さす脚を維持した点は評価出来ますが
最後に後続に詰め寄られてなんとか凌ぎ切って
ゴールイン。スローだからこそ、という内容で
本質的に東京向きとは・・・

POG馬出走!(2勝目を!)   担【けん♂】

わくわくドキドキPOG
阪神JFそして朝日杯FS、と2歳GⅠが続きますが・・・今期の指名馬は
まったく絡むことが出来ず(例年通り:爆)期待は年明けに持ち越し、
ということになりました。

現時点で1勝しているのはウェルブレッド1頭だけ・・・うーん、これは
本当に寂しい限り。
なんとか12月中に勝ち上がって年明けからのクラシック前哨戦に乗って行ける
馬の出現に期待したいものです(>_<)

今週は2頭が出走。

・未勝利戦(中京2000m) サトノラーゼン   川田
・未勝利戦(阪神1600m) ミッキークイーン  浜中


デビュー戦3着の後、2着、2着と惜しい競馬が続いていたサトノラーゼンですが
430kg台の小柄な馬体で無理使いは出来ず、札幌開催のあとに放牧へ。
今回は3ヵ月ぶりの出走となります。
もちろん、成長分を活かして勝ち上がって貰いたいわけですが、まずは馬体増と
なっているかが大きなポイントになりそうです。
前々で進める脚質なので、距離延長もプラスに作用してくれそうですが
土曜が雨予報というのが・・・気になるところ。
今後のためにも軽い芝(洋芝以外)でどんな脚を見せるか観たかったんですが・・・

12月頭にデビューしたミッキークイーンは中1週と強攻ローテで出走。
(ミッキー・・・の馬だけに、押せ押せですね^^;)
少し出遅れ気味に後方からレースを進め、直線では他馬が
止まって見えるほどの強烈な末脚
を発揮!
上がり3ハロン33.7は2番目に速い脚を使った馬が
34.5だったことを考えると驚異的でした。
・・・まぁ得てして新馬戦でこういう脚を見せて惜しい競馬をしてしまうと
意外にそのあと凡走を繰り返してしまったり・・・
という過去の苦い経験がありますが(爆)この馬は違う、と思いたいところ。
今回は距離延長、少しゆったりと進められる分、位置取りについても
一工夫出来そうです。
ここで強い勝ち方が出来れば・・・春先に大きな期待を持てそう!
大いに注目したいと思います♪

今週出走する上記の2頭の他に
・ウェルブレッド
・サンセットビーチ
・プラパジシャン
・フェスタジュニーナ
・クルミナル
・ヴェネト


6頭(合計8頭)が入厩中。
今年も残すところ2週だけになりましたが、最終週での
勝ち上がりにも期待したいですね。来年に繋がる走りを!

朝日杯FS(馬体について2)  担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)出走予定馬の馬体について、第2弾です。

【ダノンプラチナ】
ダノンプラチナ14朝日杯
前後のバランスが取れており、スッと立てているのが好印象。
少しクビが高い姿勢ですが、無理に支えている様子はなく
状態はかなり良さそうです。芦毛でメリハリという面では
はっきりしませんが、皮膚感は引き締まっており
この馬なりに良い仕上がりで臨めそう。

【タガノエスプレッソ】
タガノエスプレッソ14朝日杯
厚みのある馬体ですが、少し重い感じで
筋肉の引き上げは微妙。
胴は詰まり気味で距離は合いそうですが
クビが高いシルエットで阪神コースで上昇がある
タイプではないかも。

【クラリティスカイ】
クラリティスカイ14朝日杯
太いクビ差しを厚みのある上半身が支えており
重さを感じさせない活気のある馬体。
良い意味でクロフネ産駒らしくなく
胴にも余裕があって距離への融通性も高そう。
十分に力は出し切れそうです。

【アクティブミノル】
アクティブミノル14朝日杯
前後の筋肉は発達、充実していますが
まだ骨格的に力感不足でバランスはイマイチ。
後肢が後方に少し流れ気味で突っ張ったような
立ち姿になっている点も微妙。
前駆の力でどこまで・・・

【ペイシャオブロー】
ペイシャオブロー14朝日杯
引き締まった皮膚感で筋肉の充実度も高く
前後のバランスも良い立ち姿。
クビ差しが太く、力感は十分。
能力は出し切れる出来でレースに臨めそうです。

【セカンドテーブル】
セカンドテーブル14朝日杯
線が細く幼さの残る馬体。現時点での筋肉は
充実していますが、バランスは微妙で
クビが高いシルエットも適性的に不安がありそう。

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

朝日杯FS(馬体について1)   担【けん♂】

朝日杯FSは今回から阪神開催。
過去の勝ち馬の馬体写真から適性を探ることは出来ません。

参考、ということで阪神JFの適性についての部分を
抜粋してみました。↓

「おおよそですが・・・ハイペースが予想される場合には
 中長距離適性を感じる伸びやかでガッチリした骨格。
 しっかりとした筋肉、力感のある馬には注目してみたいですね。
 直線での伸び脚が重要になるだけに特に下半身の出来が気になるところ。

 逆にスローになりそうな場合は、多少線の細さがあっても
 軽さを感じさせる馬が良さそう。

 基本的にはガッチリ系の馬体を重視、細く見える馬は良血に限る・・・
 という見方も出来るかもしれません。」

ペースは出たとこ勝負になりそうですが・・・一応想定としては
ハイペース気味の展開を予想しているので、どちらかといえば
ガッチリ系の馬体を重視したい感じでしょうか。

ひとまず今年の出走予定馬について見ていきたいと思います。

【アッシュゴールド】
アッシュゴールド14朝日杯
柔らか味のある筋肉に覆われた好馬体。
全兄のオルフェーヴルの3歳時点よりも厚みがあり、
完成度という面では偉大な全兄2頭の同時期よりも上。
上半身に比べると少し下半身に不足がありますが
全体的な出来は十分。
少し胴が詰まっているのでマイル戦は合いそうです。

【ナヴィオン】
ナヴィオン14朝日杯
この時期にしては毛ツヤがピカピカ、体調はかなり
良さそうです。前後の筋肉は充実して引き上げられており
クビ差しも力強く、出来は抜群。
能力は出し切れる仕上がりだと思います。

【ブライトエンブレム】
ブライトエンブレム14朝日杯
メリハリという面ではもう一歩ですが
みっしりと筋肉がついた厚みのある馬体。
少し上半身に比べると下半身の力感は微妙ですが
休養明けでも良い出来で出走出来そう。
表情がきつく気性面に不安が出るとムラ駆けになるかも・・

【ネオルミエール】
ネオルミエール14朝日杯
クビ差しの太さの割に上半身の力感はもう一歩。
雄大な下半身は充実しており、爆発力には期待出来そう。
バランスが取れてきたらさらに成長がありそうです。

【コスモナインボール】
コスモナインボール14朝日杯
大きめの顔を太いクビ差しが支えており
厚みのある上半身に繋がっていますが、全体的な
バランスはまだ幼さを感じさせており、
下半身の充実度はもう一歩。
出来自体に問題はなさそうですが大物感は・・・

※写真は全て競馬ブックPHOTOパドックより

2匹目のドジョウ?!   担【けん♂】

年末だけあって?火曜の昼だというのにパチンコ屋は満杯気味。
(1パチコーナーは、ですが^^;)

1台しかないコードギアスを寸前で若いにーちゃんに取られてしまい、
仕方ないので近くのルパンに座って様子見することにしました。

ちゃっちゃとハズレて席を空けてくれないかな、なんて
ずーずーしいことを思ったりしていたんですが、
さすが当たりが軽いコードギアス・・・やはりあっさり当たってしまい
連チャン開始。

あーあ、これは長引くわ~、と目の前のルパンに改めて
集中しようとしましたが、まったく熱い発展もなく
ズルズルと玉を飲み込むばかり。
250回転ほどのところで座ったのに、気が付けば700回転(爆)
やっちまったなぁ・・・なんて思っていたら
コードギアスのにーちゃんがスッと席を移動。

お、チャンス!と思ったものの、700回転回したルパンを
放置するのもどうだ?・・・うぅ悩ましい・・・
でも結局、腹を決めてコードギアスに移動。
マックスの負けをミドルで取り返す、というのはかなり無謀ですが(爆)
当たらない台に座って傷口を広げるよりはマシか、という皮算用です。

結果としてこの移動は大正解で、簡単に初当たりを引いて連チャン、
落ちてまた当たって連チャン、落ちて当たって・・・を繰り返しつつ
なんとか原点復帰を達成。

ただ・・・やっぱり放置したルパンも気になるわけで
チラチラと斜め後ろを振り返りつつ、様子を見ていると
次に座ったおっちゃんが900回転弱で諦め、
その次に座ったおばちゃんが粘ったものの、
やはり1300回転でギブアップ。

しばらくそのまま放置されていたので、コードギアスが
一区切りしたら改めて座ろうか、とか思っていたんですが
そんなときに限って当たってしまい、移動するわけにもいかず・・・。

そうこうしている内に次に座ったおっちゃんが頑張って
1500回転ほどで雷雲モードに突入。
表示には777が点灯しており、あらら潜伏確定

さすがに当たっちゃったかぁ・・・残念。

雷雲モードから一旦落ちて、真雷雲モードに再突入。
さらに落ちてネオンモードへ・・・

なっかなか当たらんなぁ・・・と思って見ていると、
なんと119回転回したところで諦めておっちゃんが席移動!\(◎o◎)/!

おっとマジか!
以前にも潜伏に気付かず放置されたルパンを拾ったことがありましたが、
まさか2匹目のドジョウがこんなところに落ちてくるとは!

急いで席を確保。
ドキドキしながら打ち始めましたが・・・120で当たらず、
130を超え、140突破・・・あれ?!本当に大丈夫か?!
何かの見間違いか、勘違いだったら泣けるんだけど・・・

ちょっと自信をなくして『160まで回してダメなら止めようかな』
なんて思っていると、いきなりカウントダウン開始。
奪取チャレンジは最後までいかなかったものの、保留玉は赤Ⅲに変化。
お、お、これは・・・ガッシャーン!ふぅ良かった~

この前のような連チャン(51連+翌日持越し14連=65連チャン)
は明らかに異常事態なので、もう二度とないと思いますが(笑)
なんとか少しは続いて欲しい、という念が通じたのか
ひとまず気持ち良く16連・・・リベンジチャンスに落ちたものの、
セグを見るとランプ3つで確変決定。

『おいおい、まだ続いてくれるんや~良かった~』

なんて気を抜いてしまったのが悪かったのか、
五右衛門から大泥棒チャレンジ、あれ?サーチライト白だけど・・・?
ボタンをポチ!・・・カッシャーン ハズレ(涙)

改めてリベンジチャンス突入!え?!もしかしてこれが
当たりにカウントされんの?!おいおいマジか!
セグはランプ4つに変化。
こんなハズレ方もあるんかい、聞いてないよ~(>_<)

やっぱり勝負事は途中で気を抜いたらダメですね。
って、パチンコは気合いを入れても結果は変わらないんですけど(爆)

※相方は北斗の新台(6)で1400ハマり(涙)
 やっとのことで「お前の命はあと5秒」から カウントダウン開始。
 5→4→3→2→1、ときて キリン柄の0(激熱)
 ウイグルが登場したところで、リンが祈り、バットが出て、レイが来て、
 さらに最後にトキが応援!これはさすがに・・・と思いきや
 蒙古覇極道でケンがぶっ飛ばされてハズレ(爆)
 (北斗の拳を読んだことがない相方は『ケンってなんでこんな弱いの
  と激怒してました:笑)
 横で見ていた私も驚いたというか、呆れたというか・・・
 ダメなときって本当にダメですね(^^;

朝日杯FS(中間雑感)  担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)についてざっと見たところで
ちょっと休憩がてら頭を整理。

前の記事で整理しましたが、朝日杯FSは元々それなりに
高い実績を持った馬が好走する傾向・・・今回は阪神1600mに
コース変更となり、さらに実力が素直に反映されるレースになった、
と考えられます。

ちなみに先週行われた阪神JF上位馬の実績は

1着 からまつ賞1着
2着 札幌2歳S3着、アルテミスS2着
3着 アルテミスS1着

1着のショウナンアデラは牡馬相手にからまつ賞を制覇。
その前には東京1600mを勝っていた点にも注目しておきたいところ。
短距離馬がスピードにまかせて押し切ったわけではなく
スタミナの裏付けがある馬がスピードにも秀でていた、
という感じだったと思われます。

2、3着馬は重賞実績がそのまま反映された感じ。
アルテミスSは東京1600mの重賞(格上げ)ということで
今後もリンクを考えたいところです。

今回の朝日杯FSの登録馬の実績を整理しましたが
まずは札幌2歳Sの勝ち馬ブライトエンブレム・・・
母が秋華賞馬ブラックエンブレム、という良血で
大物感のあるレース内容は大いに評価出来ますが、
稍重、洋芝と重めの芝で結果を出してきているのが気になるところ。
早めの栗東入りで調整とやる気十分な点にも注目。
あしげさん、ありがとうございます(^^)/

デイリー杯2歳S組の評価はペースが緩かっただけに微妙。
タガノエスプレッソは前優勢の展開に乗った感じで
今回は脚質的に不安。
アッシュゴールドは超良血だけに覚醒込みで期待したいですが
ドリームジャーニーも本格化は古馬になってから(朝日杯は勝ってますが)
でしたし、オルフェーヴルも春まではこれといった成績を
残していなかっただけに、まだこの時点でどうこう、という馬では
ないかもしれません。
ナヴィオンは外回りでこそ、という脚質ですがフルゲートで
後方になってしまうと・・・どこまで?

京王杯2歳Sを制したセカンドテーブルは血統的にも
スピードに偏った感じ。ある程度距離はこなせるにしても
この舞台がプラスに働くとは考えにくいかと。

抽選対象ですがダノンプラチナはベゴニア賞を
好位から抜けて完勝。センスの良さ、末脚の伸び、
そして・・・ディープインパクト産駒という血統的な後押しにも
期待したいところ。2戦目で落とした馬体重を少し戻していますが、
輸送でどうなるかでしょうか。

いちょうS組は勝ったクラリティスカイのセンスの良さも楽しみですが
競馬場の構造的にネオルミエールの末脚も興味深いところ。

アイビーSは超スローだっただけにコスモナインボールの
真価を問われるのはこれから・・・。

とりあえず・・・極端に「これ!」という馬は見当たらず、
どの馬も一長一短。
全体的に小柄な馬が多い、という点も気になります。
実績馬もあまり過信してはいけない・・・のかもしれませんね。

馬体の出来、レース映像などを観ながらもう少し考えて
いきたいと思います。

朝日杯FS(好走条件について) 担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)に繋がる今年の2歳S(1400~1800m)の
上位馬の登録状況を見てみました。

★東スポ2歳S
1着
2着
3着

★新潟2歳S
1着
2着
3着

★札幌2歳S
1着ブライトエンブレム
2着
3着

★デイリー杯2歳S
1着タガノエスプレッソ
2着アッシュゴールド
3着ナヴィオン

★京王杯2歳S
1着セカンドテーブル
2着
3着

・・・デイリー杯2歳S組が揃って出てきているのはいいんですが
おそらくもっとも繋がりそうな東スポ2歳S上位組の登録がゼロ(涙)
新潟2歳Sからも参戦があれば面白かったのですが・・・

阪神開催になってスピードよりもスタミナ重視、と考えると
京王杯2歳S組に不安があるだけに、充実したメンバー構成、
とまでは言い難い感じかと。

重賞ではありませんが、過去の朝日杯FS(中山開催)に
関連したと考えられるレースについて見てみると・・・

★きんもくせい特別

★ベゴニア賞
1着ダノンプラチナ

★いちょうS
1着クラリティシティ
2着ネオルミエール

★くるみ賞 

★からまつ賞 

★アイビーS※
コスモナインボール

ベゴニア賞、いちょうSはマイル戦ということで
今後も繋がりが出てきそう。
特に今年はいちょうSがレコード決着だった点にも一応注意。

くるみ賞、からまつ賞組は今年はいませんが、京王杯2歳S同様
スタミナ重視で考えると・・・微妙かも。
代わりに・・・というわけではありませんが1800mの
アイビーSは関連が出てきても不思議ではなさそうなので
一応付け加えてみました。


とりあえず、この時点で実績から注目出来る馬は
かなり絞られてくることになります。
あとはレース内容などに注目しつつ、絞り込んでいきたいと思います。

朝日杯FS(各馬分析2)   担【けん♂】

朝日杯FS(阪神1600m)出走予定馬の各馬分析、第2弾です。

セカンドテーブル】牡2 55.0 (栗東) トワイニング×(サンデーサイレンス)
小倉2歳Sでは後方から届かず7着に敗れたあと、京王杯2歳Sでは
ハナを切って逃げ切り勝ち。上手く粘り込んだ感じなので、距離延長は
マイナスになりそう。血統的にも短距離向きだと考えられます。
馬格がない上に馬体重を落とした点も不安材料。

タガノエスプレッソ】牡2 55.0 (栗東) ブラックタイド×(キングカメハメハ)
3戦目に勝ち上がると前走のデイリー杯2歳Sで連勝達成。
前につけて脚を伸ばすスタイルでセンスの良さを感じますが
道中に緩みがある展開でレースレベル自体はかなり低目、
展開に上手くハマった感も強く、勝ち方にも余裕が感じられないので
相手関係強化となると微妙。馬格がないのもマイナス材料になりそう。

ナヴィオン】牡2 55.0 (栗東) ハーツクライ×(ラストタイクーン)
新馬戦は後方から凄い脚を使って差し切り勝ち。
新潟2歳Sでも末脚を伸ばしましたが届かず6着に敗れ、
福永騎手に乗り替わってからは中段前でレースを進め、
ききょうSで2勝目、デイリー杯2歳Sでも脚を伸ばして届かずの3着。
末脚の能力はかなり高く評価出来ますが、少し仕掛け遅れる感があり、
脚比べでも追いかけて・・・届かず、という形になりがち。
フルゲートだと位置取りにも不安が出てしまいそうです。

ネオルミエール】牡2 55.0 (美浦) ネオユニヴァース×(ブライアンズタイム)
新馬勝ちのあと、いちょうSでは中段から鋭く伸びて2着。
勝ち馬には2馬身差と離されましたが、脚色では上回っており、
タイミング次第ではもっと際どい勝負が出来そうです。
前走がマイナス体重だったので上積みは微妙。輸送競馬になるので
どこまで仕上げてこれるかも課題になりそうです。

ブライトエンブレム】牡2 55.0 (美浦) ネオユニヴァース×(ウォーエンブレム)
スローペースとなった新馬戦では後方から強引に差し切って
勝ち上がり。続く札幌2歳Sでも後方から中段に押し上げつつ
次元の違う脚色で差し切って連勝。+10kgと馬体重を増やしていた点も
成長分として評価出来そうです。今回は休養明けの輸送競馬、
気性面、調整面、どちらからしても条件が良いとは言えず

重い芝で結果を出しているので本格的なキレ勝負でどこまでやれるか
試金石になりそうです。
※栗東滞在で調整中の模様。あしげさん、ありがとうございます(^^)/

ペイシャオブロー】牡2 55.0 (美浦) ルールオブロー×(ダンスインザダーク)
札幌1800mで勝ち上がりましたが、コスモス賞で6着に敗れ
1200mに距離短縮、すずらん賞を勝ち、前走の福島2歳Sで
3勝目を挙げました。
スタミナにはそれほど問題はなさそうですが、ハイペースを
経験したことで体内時計も速くなっているならば、今回は先行する
形になるかもしれません。前走で絞り込んで仕上がり気味だった
印象なので、輸送がある今回は上積みは微妙。

ワキノヒビキ】牡2 55.0 (栗東) オンファイア×(サクラバクシンオー)
不良馬場に巻き込まれた新馬戦では14着と大敗してしまいましたが
その後、連勝でダリア賞を制覇。新潟2歳Sでは好位で脚が鈍り
8着に敗れたものの、もみじSでは後方から2着に突っ込む好走。
京王杯2歳Sでも後方から脚を伸ばしていますが
前の馬に脚色及ばず、7着・・・能力的なものだけでなく
2戦続けてのマイナス体重で消耗が出ていたのかも。
距離の壁が感じられるだけにここでは・・・